「君の名は。」宮水三葉の名言・台詞まとめ

アニメ「君の名は。」宮水三葉の名言・台詞をまとめていきます。

君の名は。

「朝、目が覚めると、なぜか泣いている。そういうことが時々ある」
「ただ、何かが消えてしまったという感覚だけが、目覚めてからも長く残る」

 

「(ずっと何かを探している) そういう気持ちに取り憑かれたのは、多分あの日から」
「まるで夢の景色のように、ただひたすらに…」
「美しい眺めだった」

 

「瀧くん…瀧くん! 覚えて、ない?」
「名前は! 三葉!」

 

「そういえば、ずっと変な夢を見とったような気がするんやけど…」
「なんか別の人の人生の夢? ん~、よく覚えとらんなあ」

 

「もう私この町嫌や。狭すぎるし濃すぎるし」
「さっさと卒業して、早く東京行きたいわ!」

 

「思春期前のお子様は気楽でええよね」

 

「(口噛み酒を売る?) う~ん…ダーメ! 酒税法違反!」

 

「もうこんな町嫌やぁ! こんな人生嫌やぁ!」
「来世は東京のイケメン男子にして下さぁーーーい!!!」

 

「あっ…どこ?」
「ん? ん? ん? んー? なんや、ある…」

 

「変な夢…」

 

「あっ…あ…トイレ行きたい」
「リアルすぎ…」

 

 

「こ…このパンケーキ代で、俺1ヶ月は暮らせる」
「まっ、いっか! 夢やし」

 

「ああ~ん。この夢、いつ覚めるんやさあ?」

 

「よく出来た夢やなあ、我ながら…」

 

「ん~? (腕全体に”みつは?? お前は誰だ?? お前は何だ??”)」

 

「これって…これってもしかして…」
「私、夢の中であの男の子と…」
「入れ替わっとる!?」

 

「私達はお互いの生活を守るため、ルールを決めた」

 

「男子の視線! スカート注意! 人生の基本でしょ!」

 

「うぬぼれんといてよね。彼女もおらんくせに」
「私は…いないんじゃなくて作らないの!」

 

「あれ? 私…なんで(泣いてるの)?」

 

「私、瀧くんになっとる。どうして、瀧くんがここ(御神体)に?」
「ああっ…町が…ない?」

 

「私…あの時…死んだの?」

 

「私、ちょっと東京行ってくる」
「急に訪ねたら、迷惑かな? 驚くかな? 瀧くんは、嫌がるかな?」

 

「会えっこない。でも、もし会えたら…どうしよう?」
「やっぱり迷惑かな? 気まずいかな?」
「それとも、もしかしたら…少し喜ぶかな?」

 

「会えっこない。でも…確かなことが1つだけある」
「私達は、会えば絶対、すぐに分かる」
「私に入ってたのは、君なんだって。君に入ってたのは、私なんだって」

 

「瀧くん…瀧くん…瀧くん」
「あの…私! あっ…覚えて…ない?」

 

「(分からない?) 瀧くんなのに…」

 

「(名前?) 三葉! 名前は、三葉!」

 

「瀧くん…そこに?」

 

「かたわれ時だ」

 

「瀧くん…瀧くんがいる! 瀧くん!」

 

「あっ…でも、どうやって? 私、あの時…」
「えっ…あ…あ…あれ(口噛み酒)を飲んだ?」
「バカ! 変態!」

 

「そうだ。それにあんた、私の胸触ったやろ!」
「1回だけ? う~ん…ん、何回でも同じや、アホ!」

 

「瀧くん、瀧くん、瀧くん。大丈夫、覚えてる。絶対に忘れない!」
「瀧くん、瀧くん、君の名前は、瀧くん!」

 

「(彗星は)落ちる。この目で見たの!」

 

「あの人の…あの人の名前が思い出せんの!」

 

「ねえ…あなたは、誰? 誰? 誰? あの人は誰?」
「大事な人、忘れちゃダメな人、忘れたくなかった人」
「誰? 誰? 君は誰? 君の名前は!?」

 

「(手のひらに”すきだ”) これじゃ…名前、分かんないよ…」

 

「(ずっと)誰かを…探していた!」

 

「(君をどこかで?) 私も!」
「君の名前は?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
君の名は。 [Blu-ray]

 

→君の名は。
→君の名は。(立花瀧)
→君の名は。(宮水一葉&四葉)
→天気の子
→秒速5センチメートル
→言の葉の庭

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました