「ぼっち・ざ・ろっく!」山田リョウの名言・台詞まとめ

アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」山田リョウの名言・台詞をまとめていきます。

ぼっち・ざ・ろっく!

1話

「(変人?) うれしくないし♡」

 

「大丈夫。ひとりが野次られたら私がベースでポムッってするから」
「ロックだから」

 

2話

「待って! (ぼっちを)もうちょっと見てたい」

 

「フロントマンまでしたら、私のワンマンになってバンドを潰してしまう」

 

3話

「(戻ってくれたら)スタジオ代もノルマも4分割」

 

4話

「昔ながらの店が、どんどん消えていく」

 

「”バンドマンのお手本たる存在”こと、私の表情をマネしてみて」

 

「有識者が言っていた。オープニングでジャンプするアニメは神アニメと」
「つまりアー写でジャンプすれば、神バンドになるのでは?」

 

「言ったっけ? 私、昔は別のバンドにいたんだ」
「そのバンドの、青臭いけど真っ直ぐな歌詞が好きだったんだ」

「でも売れるために必死になって、どんどん歌詞を売れ線にして、それが嫌になったから辞めたんだ」

 

「個性捨てたら死んでるの一緒だよ」
「だから、いろいろ考えてつまんない歌詞書かないでいいから」
「ぼっちの好きなように書いてよ」

 

「(根暗な歌詞?) でもそれ、リア充っ子に歌わせたら面白くない?」

 

「バラバラな個性が集まって、1つの音楽になって、それが結束バンドの色になるんだから」

 

「確かに(歌詞)暗いね」
「でもぼっちらしい」
「少ないかもしれないけど、誰かに深く刺さるんじゃないかな」

 

5話

「飲酒・喫煙・女遊び。そして髪型をきのこヘア。それがバンドマン」

 

「虹夏には目が半分隠れてうざったい感じの、斜め前髪枠が空いてるから」

 

「大丈夫。下北沢のヴィレヴァン前でギター背負ってけだるそうにしとけば、多分誰か寄ってくるから」

 

「でも成長って目に見えないし、判断基準ぼんやりしてるし」

 

6話

「気持ち分かる。私も何度(ノルマ)圧をかけられたことか」

 

「(接しづらい?) ぼっち、面白いのに」

 

8話

「ここはライブの様子を配信して、初めから無観客ライブだったということに…」

 

「私、よくライブ行ってました」
「観客に酒吹きかけたり」
「泥酔しながらのライブ最高です!」

 

「プッ! なんか(喜多ちゃん)弱ってるの新鮮で面白い」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ぼっち・ざ・ろっく! 1-4巻セット (コミック)

 

→ぼっち・ざ・ろっく!のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました