「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」雪ノ下雪乃の名言まとめました

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」雪ノ下雪乃の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1話

「お断りします。そこの男の下心に満ちた下卑た目を見ていると身の危険を感じます」

 

「比企谷くん。女の子と話したのは何年ぶり?」

 

「頼まれた以上、責任は果たすわ。あなたの問題を矯正してあげる、感謝なさい」

 

「そんなこと自信満々に言えるなんて、ある意味すごいわね。変な人。もはや気持ち悪いわ」

 

「いいでしょう。その安い挑発に乗るのは少しばかり癪ですが、受けて立ちます」

 

「不思議なことに、優秀な人間ほど生きづらいのよ。そんなのおかしいじゃない。だから変えるのよ、人ごとこの世界を」

 

「あなた、そうやって弱さを肯定してしまう部分、嫌いだわ」

 

「いいえ、奉仕部はあくまで手助けするだけ。飢えた人に魚を与えるのではなく、取り方を教えて自立を促すの」

 

「解決方法は努力あるのみよ」
最低限の努力もしない人間には、才能がある人をうらやむ資格は無いわ」

 

「その周囲に合わせようとするの止めてくれるかしら、ひどく不愉快だわ」
「自分の不器用さ・無様さ・愚かしさの遠因を他人に求めるなんて、恥ずかしくないの」

2話

「気づかなくてごめんなさいね。あなた達の生態系に詳しくないものだから。つい、類人猿の威嚇だと思ってしまったわ。お山の大将気取りで虚勢を張るのは結構だけれど、自分の縄張りの中だけにしなさい。あなたのメイク同様、すぐにはがれるわよ」

 

「何か今、とても悲しいことをさらりと言われた気がするわ」

 

「驚いた。あなたの顔を見ると一発で眠気が飛ぶわね」

 

3話

「無理ね」「無理なものは無理よ」
「あなたに集団活動が出来るとでも思っているの。あなたみたいな生き物、受け入れてもらえるはずが無いでしょ」

「もっとも、あなたという共通の敵を得て、部員が一致団結することはあるかもしれないわね。けれど、排除するための努力をするだけで、自身の向上に向けられることは無いの。だから解決にはならないわ。ソースは私」
(テニス部に誘われた八幡に対して)

 

「私、帰国子女なの。中学の時に編入したのだけれど、学校中の女子は、私を排除しようと躍起になったわ。でも誰一人として、私に負けないように自分を高める人間はいなかった」

「あの低能ども」

 

「そうね。全員死ぬまで走らせてから、死ぬまで素振り。死ぬまで練習、かしら?」

 

「私は手加減してあげるから、安心してもらっていいわ。安いプライドを粉々にしてあげる。随分、私のともだ……うちの部員をいたぶってくれたようだけれども、覚悟は出来ているかしら」

「私こう見えて、結構、根に持つタイプよ」

 

「だって彼女、私に嫌がらせしてくる時の同級生と同じ顔をしていたもの。あの手の人間のゲスい考えくらいお見通しよ」

 

「私、暴言も失言も吐くけれど、虚言だけは吐いたことが無いの」

 

4話

「じゃあ、か。優しさは時々、残酷ね」

 

「比企谷くん。真実から目をそむけないで、現実を知りなさい」

 

「チェーンメール。あれは人の尊厳を踏みにじる最低の行為よ。自分の名前も顔も出さず、ただ傷つけるためだけに誹謗中傷の限りを尽くす。止めるならその大元を根絶やしにしないと効果が無いわ。ソースは私」

 

5話

「家庭の事情、ね。どこの家にもあるものね」

 

「あなたの程度の低さは計算に入れていたつもりだけど。正直ここまでとは思っていなかったわ」

6話

「すれ違い、というやつかしらね」

 

「私のセンスに任せるつもり。自慢では無いけれど、私は一般の女子高生と離れた価値基準を持っているのよ」

 

「腐った目でも、いえ、腐った目だから見抜けることがあるのね」
(人当たりのいい雪乃の姉・陽乃と出会った時)

 

「由比ヶ浜さん。私でも怒ることくらいあるのよ。だいたいあの男に、まともな男女交際なんて出来るはずが無いでしょ。そもそも人との交際が出来て無いのに」

 

7話

「小学生も高校生も変わらないわよ。等しく同じ人間なのだから」

 

「そんなことをそこまで誇らしげに言えるのはあなたぐらいでしょうね。呆れるのを通り越して軽蔑するわ」

 

「そういった外向きの場に出るのは姉の役割だから。私は、代役でしか無いの」

 

8話

「たとえ手段は最低でも、お膳立てをしたのは比企谷くんよ。だから、誰からも褒められなくても、一つくらいいいことがあっても許されると思うわ」

 

11話

「由比ヶ浜さん。その、今すぐは難しいけれど、きっといつかあなたを頼るわ。だから、ありがとう」

 

「どうでもいいことばかり言い訳して、大事な時は言い訳しないのね」

 

「また、あした」

 

12話

「流石だわ」
「そう。私はこれでも、姉さんを相当高く評価しているのよ。私もああなりたいと思っていたから」

 

「不可能とは言わないのね。それで十分だわ」

 

「ペナルティは無いわ、でもメリットは有る」
この私に貸しを一つ作れる。これをどう捉えるかは、姉さん次第よ」

 

「いいえ、私は元々こういう人間よ。17年一緒にいて、見てこなかったの?」

 

「ごめんなさい、それは無理」
「前に言わなかったかしら。あなたと友達になることなんてあり得ないわ」
「そうよ、虚言は吐かないもの」

 

「嘘では無いわ。だって、あなたのことなんて知らなかったもの。でも、今はあなたを知っている」

 

13話

「人は、あまりにつらい記憶は封印してしまうというものね」

スポンサーリンク

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

1話

「まあ、比企谷くんが悪いのだし、仕方ないわね。さすがだわ」

 

「礼儀も知らない、礼節もわきまえない。そんな輩のお願いを、こちらが聞く必要なんてないでしょ!」

 

「それを比企谷くんに聞くのは、あまりに酷じゃないかしら。由比ヶ浜さん。もう少し気を使いましょ、ね!」

 

2話

「あなたのやり方、嫌いだわ」
上手く説明できなくて、もどかしいのだけど。あなたのそのやり方、とても嫌い」

 

3話

「もともと、何を考えてるかなんて、私達には分からないわ。お互いを知っていたとしても、理解できるかはまた別の問題だもの」

 

「普通、ね」
「そう、それがあなたにとっての普通なのね。変わらないと、そういうのね」

 

「馴れ合いなんて、私もあなたも一番嫌うものだったのにね……」

 

「今回に限って? いえ、違う。あなたは前もそうやって回避したわ」

 

「そんな上辺だけのものに意味なんて無いと言ったのは、あなただったはずよ」

 

4話

「全ての人があなたを気にかけて、嫌っているなんて自意識過剰だわ。あなたと私のやり方は違う」

 

5話

「分かるものだとばかり思っていたのね」

 

6話

「本当は、依頼なんて無い方がいいのかもねしれないわね。何事もなく過ぎている方が」

 

7話

「別に構わないわ。あなたの個人的な行動まで、私がどうこう出来る訳では無いし、そんな資格も無いもの。それとも、私の許可が必要?」

 

「違うわ。いつも出来ているつもりで、分かっているつもりでいただけだもん」

 

「けど、別にもう無理する必要なんて無いじゃない。それで壊れてしまうのなら、それまでのものでしかない。違う?」

 

8話

「やっぱりあなたって、卑怯だわ……」

 

9話

「予想以上ね。見ているだけでも苛立つわ!」

 

「ねえ、比企谷くん。いつか、私を助けてね!」

 

「ただ姉さんは、私に無いものを持っているから」

 

「私に出来ることが何も無いって気づいてしまったから。あなたも姉さんも持っていないものが欲しくなった。それがあれば救えると思ったから」

「さあ、何かしら?」

 

10話

「ごっこ遊びがしたければ、他所でやってもらえるかしら」

何も生み出さない、何も得られない、何も与えない。ただの偽物。これ以上、私たちの時間を奪わないでもらえるかしら」

 

「その男に空気を読むことを期待するなら無駄よ。部室でも文字列しか読んでないんだから」

 

「まだ依頼は終わっていないでしょ。あなたの依頼、受けるっていったじゃない」

 

11話

「何かが合ったとして、それを全て語って、それで何か変わる? あなたは、周りは、それを信じる? 結局、意味が無いことなのよ」

 

「こういうの、慣れているのよ。私は親しい人が理解しているなら、それだけで構わないから」

 

12話

「そうね。煮っころがしとねっころがしってちょっと似てて、何だかかわいい感じがするものね」

 

13話

「寄る辺が無ければ、自分の居場所も見つけられない。隠れて流されて、何かに着いていって、見えない壁にぶつかる」

「私のこと」

 

「私の気持ちを勝手に決めないで。それに最後じゃないわ。比企谷くん、あなたの依頼が残ってる」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

1話

「あなたの中では挨拶も会話にカウントされるのね」

 

「でも、ちゃんと言うべきだったんでしょうね。それが叶わないとしても。多分、きちんとした答えを出すのが怖くて、確かめることをしなかったの」

「だから、まずはそこから確かめる。今度は自分の意思でちゃんと決めるわ」

 

「私の依頼は一つだけ。あなた達にその最後を見届けてもらいた、それだけでいいの」

 

「けれど私は……私が自分でうまく出来ることを証明したい。そうすればちゃんと始められると思うから」

 

2話

「私達のこと。これからの私達について」

「だから実家に戻るわ。そこで私の将来の希望について、母さんにちゃんと話をしておきたい。それが叶わないにしても、悔いを残さないように」

 

4話

「私は、ちゃんと自分の力で出来るって証明したいの。だから比企谷くん、あなたの力はもう借りない。じゃないと私、どんどんダメになる」

 

5話

「知らない? 負けず嫌いなの、私」

 

7話

「言葉の乱れは整う気配が無いわね。何を言っているのか1ミリも分からなかったわ」

 

8話

「でも、あなたならどうにかしてしまうような気がした」
「私も驚いた。自然にそう思ってたんだもの」

 

「正直に言うわ。楽しかった。初めてだった、一緒に過ごす時間が居心地いいって思って、嬉しかった」

 

「どうかこれが、正しい終わりでありますように」

 

10話

「それに……頼られたら、あなたはきっと助けるわ」

 

「ねえ、比企谷くん。お願い、絶対かなえてね」
「ありがとう。これで終わりにしましょう」

 

「本当に、ありがとう。たくさん助けてもらった。けどもう、大丈夫。これから1人で、もっとちゃんと上手くやれるように頑張るから。だから……」

 

11話

「考えるまでも無いことよ。答えなんてもう決まってる」

 

「私は、ちゃんと言うわ。あなたの人生を、私に下さい」

 

12話

「大丈夫、任せて。上手く説明するのは難しいけれど、私からちゃんと話しておきたいの」
「じゃないと、何で呼ばなかったのかって怒られそう」

 

「目、変わってないじゃない。ちゃんと腐ってるわ」

 

「目つきも性格も悪いのに、この上さっしまで悪くなったら、後あなたに何が残るの?」

 

「やばいわよ、まったく間に合う気がしないわ。ヤバい、軽く死ねるわ」

 

「いえ、最後に一つだけ言っておかないと」
「あなたが好きよ、比企谷くん」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 Blu-ray BOX
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第1巻 [Blu-ray]

 

→俺ガイル
→俺ガイル。続
→俺ガイル。完
→俺ガイル(比企谷八幡)
→俺ガイル(由比ヶ浜結衣)
→俺ガイル(平塚静)
→俺ガイル(比企谷小町)
→俺ガイル(雪ノ下陽乃)
→俺ガイル(葉山隼人)
→俺ガイル(一色いろは)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました