「九条の大罪」の名言・台詞まとめ

マンガ「九条の大罪」の名言・台詞をまとめていきます。

九条の大罪

1巻

「弁護士とは、権力から人権を守るもの。人に尽くすのが弁護士の使命」
「だが……いい弁護士は性格が悪い」(ナレーション)

 

「正直にしゃべって大丈夫。ここだけのは話だから」(九条間人)

 

「危険運転か過失運転致死で今後の人生変わるな。九条先生の頑張り次第だな」(壬生憲剛)

 

「被害者は死んでたほうがいい」
「被害者の供述あると厄介だ」(九条)

 

「森田さん、警察の事情聴取の際、貴方がすることはたった一つだけ」
「余計なことは何もしゃべらない、それだけ」(九条)

 

「自称日本一は、味がついてこなければ淘汰されるでしょ」
「いずれ暗黙の了解で定義づけられますよ」(九条)

 

「で? (警察)私と行くの? 行かないの? 自分の人生は自分で決めろ」(九条)

 

「無知は罪ですね」(九条)

 

「思想信条がないのが弁護士だ。私は法律と道徳は分けて考えている」
「道徳上許しがたいことでも、依頼者を擁護するのが弁護士の使命だ」(九条)

 

「優しい訳じゃないよ。いろいろ離婚裁判の弁護してきて思ったのよ」
「2年くらい争ってお互い憎しみあう時間と労力を考えたら、全財産渡して円満解決したほうが絶対合理的」

「元嫁、専業主婦で生活費稼げないし、こっちも今の仕事しながら子供の世話なんてできないしさ」(九条)

 

「考え方生き方なんて、人それぞれなんだからいいんじゃないの?」(九条)

 

 

「不良の子たちは勘が鋭い。障害者ってわかると徹底的にいじめ、いいように喰い物にする」(烏丸真司)

 

「人の話を聞くのが弁護士の仕事です。初回相談無料なので気楽にどうぞ」(九条)

 

「烏丸先生、曽我部がなぜ金本とつるんでるかわかりますか?」(九条)
「怖いからでしょう」(烏丸)
「つるむ利点があるんですよ。曽我部のいる世界ならではの利点が」(九条)

 

「障害者や高齢者が刑期を終えて出所したとしても、福祉のサポートがなく、生活環境が変わらなければ再犯率は結局高いままですから」

「再び刑務所に入る前に、なんとかするのが私の仕事です」(薬師前仁美)

 

「(なぜ?) だって、九条先生面白いから」(烏丸)

 

「警察は20日かけて洗脳してくる。嘘はめくれるから絶対に何もしゃべるな。黙秘をしろ」
「警察が脅す、すかす、してきたら焦ってるってことだ。その時は勝ちだ。覚えておけ」(九条)

 

「九条先生がしていることは倫理的に許されない行為だと思います。絶対に間違ってます」(薬師前)

 

「大事なのは起訴されないことだ。誰にとっても時間は大事だからね」
「裁判沙汰になってから無罪勝ちとっても価値は低い」(九条)

 

「法律は人の権利を守る。だが、命までは守れない」(九条)

 

「(誰の味方?) 依頼人。誰の味方でもない」
「私は依頼人を貴賤や善悪で選別しない」
「ただ……法律の世話はできるが、人生の面倒は見られない」(九条)

 

2巻

「経済犯罪のほうが依頼人の品がいいと思っているが、いいのは金払いだけだ」
「すべての被告人は平等にして最良の弁護を受ける資格がある」

「生活困窮者もマイノリティーも、すべての人権を守るのが弁護士の役目だ」(流木信輝)

 

「刑事(弁護)は最も人が困ってる状況だ。被告人は一刻も早く出たいから、名のある弁護士を選ぶ。そうなれば報酬は言い値になる」

「他に頼めない不良や輩の足下見れば楽に稼げるぞ」(山城祐蔵)

 

「(検事の)あんたには見えなくて、私には見えてるものがある」(九条)

 

「金払いの悪い輩など、世の中に害しか与えないんだから」
「量刑重くして、バンバン刑務所送りにしたらいいよ。弁護士舐めるなよ」(山城)

 

「法律の勉強は富士山のように綺麗な思想」
「だが実際は、富士の麓の自殺の名所・青木ヶ原。暗い暗い森の中」
「昔、山城先生から教わった言葉です」(九条)

 

「たとえ道徳上は悪でも、法律に反しないこともある」
「法律は時に冷たく無情です。悪用すれば極めて非道徳になる」
「なので間違えてはいけないのが…依頼者の利益のために努めるのが弁護士です」(流木)

 

「九条先生。親である私と刺し違える気かね?」(山城)
「はい」
「私は依頼者に対して誠実かどうかです」(九条)

 

「争いというものは相手を傷つけず、屈服してもうらのが理想の形だ。法定で争ってあからさまな勝訴など意味はない」

「一般人には見分けられぬが、華やかな賞賛も優美な名誉もない示談がちょうどいい」

「つまり戦わずして勝つことが大事」
「せっかく親心をみせたのに噛みついてきおった九条先生は、戦う前に負けている」(山城)

 

「今は裏情報をヤクザからとれねーから、弱い奴から揺さぶって攻めるのが鉄則だ」
「ヤクザは絶対上をうたわねーが、半グレはうたう。義理人情より自分の損得しか考えねーから」

「子供の未来奪ったクズが、なんの罪悪感もなく大手を振って遊び惚けてるんだ」
「世の中どうかしてるぜ」(嵐山義信)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
九条の大罪 1-6巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました