「ジョジョの奇妙な冒険」ポルナレフの名言・台詞まとめ

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」ジャン=ピエール・ポルナレフの名言・台詞をまとめていきます。

 

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

5話

「(命はない?) うい、ごもっとも。だが、無理だね!」
「なぜなら君にゾッとするものをお見せするからだ」

 

「うぬぼれていた。炎なんかに私の剣さばきが負けるはずがないと。やはりこのまま潔く焼け死ぬとしよう」

「それが君との戦いに敗れた私の…君の能力への礼儀。自害するのは無礼だな」

 

10話

「俺はここであんた達とは別行動をとらせてもらうぜ」
「妹の仇がこの近くにいると分かった以上、もうあの野郎が襲ってくるのを待ちはしねえぜ」

「敵の攻撃を受けるのは不利だし、俺の性に合わねえ。こっちから捜し出してぶっ殺す!」

 

「迷惑なんだよ…自分の周りで死なれるのは…」
「すげえ迷惑だぜ、この俺は!」

 

11話

「お…俺は…俺の妹の仇を取れるなら、死んでもいいと思っていた」
「でも分かったよ。アヴドゥルの気持ちが分かった。奴の気持ちを無駄にはしない。生きるために戦う!」

 

「仇を討つ時というのは、今から言うようなセリフを吐いて戦うんだ」

「我が名はジャン=ピエール・ポルナレフ。我が妹の名誉のために、我が友アヴドゥルの心の安らぎのために、この俺が貴様を絶望の淵へ、ぶち込んでやる!」

 

「これからてめえは泣きわめきながら地獄へ落ちるわけだが、1つだけ地獄の番人には任せられんことがある」

「それは! 針串刺しの刑だ! この時を長年待ったぜ!」
「後は閻魔様に任せたぜ」

 

13話

「例えるなら、知恵の輪が出来なくてかんしゃく起こした、バカな怪力男という感じだぜ!」

 

28話

「このポルナレフと剣の勝負をしていっぱい食わせるなんて、生意気な野郎だ」
「しかしここまでだぜ、いい気になってられるのはよ!」

 

43話

「今俺は逃げているんじゃあねえ。ディオの野郎に近づくために走っているんだ!」

 

「しゃぶれ! 俺の剣をしゃぶりながらくたばりやがれ! このドグサレが!」

 

44話

「俺には悲しい友情運があるぜ。助けるはずのイギーに、助けてもらったぜ」

 

「地獄でやってろ」

 

「とにかく、これから俺は階段を上って、ディオの所へ行かなくてはならない」
「今の俺には、悲しみで泣いている時間なんかないぜ」

 

45話

「俺はお前に会った時、心の奥底までお前の恐怖と呪縛と巨大な悪に屈服した」
「あの時、俺は負け犬としての人生を歩み始めたわけだ。死よりも恐ろしいぜ」

「てめえに利用されることへの欲求だけの人生なんてな」

 

「嫌だ! 俺は逃げることはできねえ! アヴドゥルとイギーは俺のために死んだ」
「卑怯な手も使おう、地獄に落ちることもしよう。だが、逃げるってことだけはしねえぜ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
ジョジョの奇妙な冒険 全63巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ジョジョの奇妙な冒険のインデックス