「よふかしのうた」の名言・台詞まとめ

アニメ「よふかしのうた」の名言・台詞をまとめていきます。

よふかしのうた

1話

「いい気持ちだ。初めて夜に、誰にも言わず外に出た」
「なんて自由なんだ。ここが俺の居場所なんだ…なんつって」(夜守コウ)

 

「眠れないんじゃないか? 少年」(七草ナズナ)

 

「あたしが君を助けてやろう。人はなぜ、夜ふかしをすると思う?」
「見たい番組がある? やりたいことがある? 明日への不安?」

「それらは全て、1つの原因に収束する。今日という日に満足していないからだ」(ナズナ)

 

「ここは夜だぜ、自由の時間だ。自分を解放させないと、満足なんか出来ないぜ…少年」(ナズナ)

 

「あーよかった、ちゃんと寝てくれて」
「もう、我慢できない。それじゃ…いただきます」(ナズナ)

 

「な…なんだ、こいつ…めちゃくちゃ美味い!」(ナズナ)

 

「(眷属?) あたしにとって吸血は、食事だ」
「そう、だって考えてみ。飯食う度に家族が増えたら嫌じゃね?」(ナズナ)

 

「(好きな子は)いないっていうか、女が好きじゃない」(コウ)
「えっ? 男の子の方が好きなの? いいね、なんかそういうの」(ナズナ)

 

「なあ少年、初めての夜はどんな気分だ? 日常からはみ出して少年は何を思った?」

「ここはお前の思う面倒や煩わしさ、そんなものからもっとも遠い場所だ。こんなこと、続けないなんてもったいないぜ」(ナズナ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「今日に満足できるまで、夜ふかししてみろよ。そういう生き方も悪くないぜ」(ナズナ)

 

「頼みがあります! 俺を、吸血鬼にして下さい!」(コウ)

 

「俺は多分、踏み込み切れない。きっといつか、今までの生活に戻ってつまらない日々を過ごす。でももう知っちゃったんだ、夜を」

「初めてなりたいものが出来たんだ、この気持ちを無くしたくない。だから、俺に恋をさせて下さい!」(コウ)

 

「夜ふかしをするというのは、ただ起きてればいいってわけじゃない。まあ、分からんだろう」

「あたしが教えてやるよ、夜遊びってやつを」(ナズナ)

 

「死なない」
「夜は遊ぶもんだ。遊ぼうぜ、少年」(ナズナ)

 

2話

「俺は吸血鬼になりた。だからここにいます」
「だから…俺は七草ナズナさんのことを好きにならなきゃいけないんです」(コウ)

 

「これは僕が吸血鬼に恋をするための…物語だ」(コウ)

 

「なあ、知ってるか?」
「お前の血ってすげー美味いんだよ」(ナズナ)

 

「安心している自分がいた。血が美味いことにではない、同じ気持ちだったことにだ」
「理由に大した意味はない。ただ…僕はこの人に会いたかったのだ」(コウ)

 

「トランシーバーなんて遊ぶため以外になんで買うんだよ!」(ナズナ)

 

「友達がいないくらいで、遊びの幅が狭まるようなバカじゃないですよ、俺は!」(コウ)

 

「これがテストなら、本番のプレイはさぞかし盛り上がるんでしょうな?」
「始めようか…テストプレイ」(ナズナ)

 

「1人だ…でも、あてもなく捜してる時の1人とはどこか違う。別に1人が寂しいとか思ったことないけど…人といる方が寂しく感じたりするもんな」

「みんなは、この気持ちとどう向き合ってるんだろう」(コウ)

 

「夜は見るものの印象をガラッと変える。君の嫌いだった学校ですらも」
「悪くないだろ?」(ナズナ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「友達って、どこから言っていいんですか?」(コウ)
「どっからって…友達だなって思ったらじゃね?」(ナズナ)

 

「みんなは最近の夜守でイメージ上書きしてるけど、夜守もともと結構暗い奴だからさ」
「心配してたんだよ、友達だから」(朝井アキラ)

 

「(学校に行く?) 朝の4時だよ? 深夜だよ?」(コウ)
「早朝だよ」(アキラ)

 

「(帰るの早い?) そうですか? だってもう3時半ですよ」(コウ)
「オイオイ、夜はこれからだっつの」(ナズナ)

 

「『コウ君』『ナズナちゃん』? ふーん…そういう関係なんだ」(アキラ)

 

「あーもー! やめろやめろ! そんな学生特有のなんでもラブにくっつける考え方」(アキラ)

 

「ちょっと化け物は黙ってて下さい」(アキラ)

 

「別に納得しなくてもいいよ。あたしは勝手に吸血鬼であるだけだから」(ナズナ)

 

「お前は相手が怒ってるから謝るのか?」(ナズナ)

 

「『人間の』ってことは、吸血鬼の友達もいるのかな?」
「今日の血はこれくらいにしといてやるよ。また明日…友達」(ナズナ)

 

4話

「は…はしたない! やめろ、スケベなポーズ!」
「なんなんだ今日のお前、なんかおかしいぞ…頭とか?」(ナズナ)

 

「なんで? キスって、友達同士でするやつじゃん」(ナズナ)

 

「私はね、夜守がどんな人を好きになっても、どんな交際しても応援したいと思ってるよ。でもね…こんなふしだらな化け物じゃあさすがの私も難しいんだ」(アキラ)

 

「いやしかしだね、背徳感というものはいいスパイスになるのではないかね?」(ナズナ)

 

「だって…吸血鬼になったって、別に友達でいられるでしょ」
「なりたいものになりなよ。よかったね…夢が見つかって」(アキラ)

 

「よく寝たかい? 人は1日に満足するとよく眠れるのさ」
「満足できたかい?」(ナズナ)

 

5話

「(寝起き) あれぇ? まだ夕方じゃん」(ナズナ)

 

「いかんいかん! 夜は夜であるというだけで楽しいんだよ! 出かけよう!」(ナズナ)

 

「吸血鬼が鏡に映らないとかいう設定…いらねえ。気になった時にパッと顔見れないのは、普通に不便なんだよな」(ナズナ)

 

「考えないようにしていた。『本当にこのままでいいのか?』という懸念と焦り。ナズナちゃんといるのは楽しい。知らなかった自分の感情がたくさん出てくる」

「でもそれは、心がとても忙しい。『楽しい』という気持ちも精神的なストレスだと知る」(コウ)

 

「それで……気持ちの確認は出来たかい? 吸血鬼になりたい少年よ」(ナズナ)

 

「夜遊びなんて、不純くらいがちょうどいいぜ。気にすんなよ」(ナズナ)

 

「感情をサボるな。楽しい・苦しい・嬉しい・悲しい…お前の全てをあたしのために感じろ」
「今日のお前(の血)も絶品だったぜ」(ナズナ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
よふかしのうた 1-11巻セット (コミック)

 

→よふかしのうた(七草ナズナ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました