「ベルセルク」キャスカ&ジュドーの名言・台詞まとめ

アニメ「ベルセルク」キャスカ(黒色)&ジュドー(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

剣風伝奇ベルセルク(黄金時代篇)

3話

「ここじゃあグリフィスの命令は絶対だよ」

 

4話

「上手くは言えないけど、剣術や用兵術じゃなくて、俺達凡人には分からない、もしかしたら一生かかっても手に入らない確信みたいなものを、グリフィスは持ってるんだろうな」

「全てのさ」

 

「ガッツ。ここならきっと見つかるぜ、お前さんの居場所がさ」

 

12話

「私だって……私だって、好きで女に生まれた訳じゃない!」

 

「奇跡……私にとってグリフィスは、奇跡そのものだった」

 

「大きなものを手にしようとする者は、それだけ人より多く何かに耐えているのだと思う」
「強かったんじゃない。グリフィスは、強くなければならないんだ」

 

「私は、あの人の隣にいたい。あの人が自分の夢に全てを捧げるなら……あの人の夢が戦い切り開いて行くものなら、私は……あの人の剣になりたい」

「あの人の隣にいたい。あの人の夢を成し遂げるために、欠かせないものになりたい。その願いが叶えられると信じていた」

「お前が、現れるまでは……」

 

14話

「舌など噛まん!」
「だが……貴様を上に乗せる気もない!」

 

「夢の、かがり火か……」
「でもそうだな……そうやって一人ひとりが小さな火を持ち寄って、ここに集まっているのかもしれないな」

 

16話

「凄いな……いつも思うんだ。ああして、みんなの中にいるグリフィスを見ていると、なぜだか手の届かない、遠い存在に思えてきて……切なくなる」

 

19話

「お上品な生活が続いて忘れちまったのか?」
「剣で取られたら剣で取り返す。それが俺達傭兵のやり方だろ」

 

21話

「ここにいる連中はボロボロさ。心も体も傷だらけだ。だがもう、誰1人抜け出す奴はいない。誰も残れなんて言っちゃいないのに。勇気や意地だけじゃ割りなんかあやしない」

「今残ってる連中は、みんな骨の髄まで鷹の団なのさ。グリフィスを助けるんじゃない。グリフィス無しじゃ始まらないんだ、鷹の団は!」

 

「女にもなれない……大切なものにもなれない……生きているかどうかも分からない人の、壊れかけた夢を守り続けるなんて……私にはもう……」

「疲れちゃった……後はお前がやれ」

 

「そんな自分を認めたくなかった。グリフィスに出会ってから、今までの自分が全て嘘になってしまいそうで……」

「自分の生き方に偽りがない、それだけが私の誇りだったから。グリフィスが私にくれたものだから」

「でも……私は変わる。こいつの中になら、私の場所があるかもしれない。与えられるだけじゃなくて、与えることが出来るかもしれない……」

 

22話

「私が、お前の背中ぐらい守れるってこと、忘れるな」

 

23話

「みんな弱いんだ。弱いから人や夢にすがってる。優しい言葉をかけることも、厳しい叱咤も……私は、誰かにそばにいて欲しかった……」

 

「いい夢も悪い夢も、夢の途中ってのは目覚め悪いよな」

 

25話

「ダメだ! 今はお前が俺達の大将だ! 生き延びるんだ。大将が生きてりゃ鷹の団は終わりじゃない。これが……こんなのが俺達の終わりであってたまるか!?」

 

「あがくんだ! 最後の最後まであがいてあがきまくってやるんだ! 死ぬための戦いなんてごめんだ! ってきっと言うぜ、ガッツなら」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ベルセルク 1-41巻セット (コミック)

 

→ベルセルク
→剣風伝奇ベルセルク(黄金時代篇)
→ベルセルク(ガッツ)
→ベルセルク(グリフィス)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました