「少年のアビス」の名言・台詞まとめ

マンガ「少年のアビス」の名言・台詞をまとめていきます。

少年のアビス

1巻

「令くんはさ、この町出たいって思わんの?」
「お家のこととかいろいろ事情があるのは知ってるよ。でもさ、令くんの人生は令くんのものだよ」(秋山朔子、愛称:チャコ)

 

「いいやん。今のまま、なにもないよりか……」(チャコ)

 

「こんなとこに飛び込んで死ぬなんて絶対にやだな……」
「夜眠ってそのまま目が覚めない……とかだったら別に今夜でもいいんだけど……」(黒瀬令児)

 

「一服しないとやってらんないことばっかだよね」(青江ナギ)

 

「僕の死(いのち)が始まる」(令児)

 

「(話せるのは)たぶん、絶対この町からいなくなる人だから」(令児)

 

「(面白くは)ないね。でも羨ましいと思った。だって(心中は)一番幸せな死に方だもん」(ナギ)

 

「ねえ令児くん。私たちも今から心中しようか」
「えー、よくない? だって令児くんの人生、この先絶対つまんないだろーし」(ナギ)

 

「オレはこの先生きてて、たぶんそれ以上のでかいこと絶対できない自信あるよ」

「あなたって女(ひと)のこと全然知らないけど、アイドルノアオエナギと死ねるなら、最後にちょっとだけ生きてて良かったなって思えるかも」(令児)

 

 

「『ちょっと』は心外」
「今から私の家に来ない? 青江ナギと死ねて幸せって思わせてあげる」(ナギ)

 

「あ……アオエナギって『人』なんだ……」(令児)

 

「彼女は偶像(アイドル)、オレを天国へ連れて行ってくれる天使、じゃなかった。彼女は『人』で死にたい理由があるんだ」(令児)

 

「玄!! オレやっぱりお前のとこで働けない! 今から死ぬから! お前は一生この町で王様やってろよ! オレにはもう全っ部関係ないから!」

「じゃーなー、玄! バイバイ!」(令児)

 

「全部捨てて町を出て行けば?」
「……考えたことなかった。どうして、だって令児くんの人生は令児くんのものだよ」(ナギ)

 

「私は令児くんみたいに死にたい理由ないよ」
「(だって)ないの、生きてる理由が」(ナギ)

 

「一度くらい誰かに愛して欲しかった?」(ナギ)
「……今は、もう望まなくて済むんだなって、すごく楽な気持ち」(令児)
「私も」(ナギ)

 

2巻

「いつの時代も変わらない。必ず早熟な子たちがいて、一方で子供っぽさが残る生徒もいる。黒瀬令児は私と同じ後者の方だと思っていた」

「……間違ってない。柴ちゃん先生のクラスで、こんなこと(自殺なんて)あっちゃいけない……」(柴沢由里、先生)

 

「黒瀬くんの悩みがどうしたらなくなるか、先生に一緒に考えさせてほしいな」(柴沢先生)

「オレの悩みは死んだらなくなります。だからもう邪魔しないでくれますか? それとも先生がオレと一緒に死んでくれる?」(令児)

 

「……先生、助けて……」(令児)
「(電話)出なくていい。大丈夫、先生が守るから!」(柴沢先生)

 

「……嘘、嘘、嘘、嘘嘘嘘……やばい、やばいやばい……こんなの絶対やばいよ……」
「……でもしょうがないもん……あの子が頼れるのは、今は私だけなんだから……」(柴沢先生)

 

 

「先生もこの町で幸せに生きてる方の大人だと思ってた」
「でも違った」(令児)

 

「私も絶対こんな町で結婚も出産もしてやらないの」
「黒瀬くんが死のうとするから覗いちゃったじゃない。私も、私の真っ暗なところ」(柴沢先生)

 

「黒瀬くん、死んでいいよ。もう引き止めない」
「許すからお願い、一度だけ……」(柴沢先生)

 

「……あなた、誘われたら死ぬの?」(柴沢先生)
「助けてくれるなら、どんな方法でも良かったから」(令児)

 

「さっきは死んでいいよって言ったけど、ダメ、生きなさい。私が助けるから」
「だから、もうあの人には会っちゃだめよ」(柴沢先生)

 

「(彼岸花の)嫌でも目に入るその強い赤色が、すごく自覚させられるんです……」
「またこの町で1年を過ごして終わってしまったなって。あと何回この景色を見ないといけないんだろうって……」(チャコ)

 

「……令児のお母さんは自分とあなたが運命共同体と思ってるんでしょうね。愛してないのよ、依存してるだけ。相手にしなくていい」

「あなたは大人になって必ず家を出るの! そしてどこへ行ってもいいの!」
「きっと私が導いてあげる!」(柴沢先生)

 

「担任と生徒って関係を、悪いことを誰にも知られずに楽しみたいだけなの。あなたが卒業したら、この関係はきちんとおしまいにする」

「だからこれからも先生って呼んで」(柴沢先生)

 

「それがいいの。あなたもこのままこの町で大人になってしまったら、私の気持ちが分かるよ。でもね、分からなくていいの」(柴沢先生)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
少年のアビス 1-7巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました