「ベルセルク」ガッツの名言・台詞まとめ

アニメ「ベルセルク」ガッツの名言・台詞をまとめていきます。

ベルセルク

1話

「俺は、あんたらのために言ってるんだぜ」
「取り憑かれてるんだよ俺は、悪霊に」

 

「いいじゃねえか。どんなことだろうと、やりたいようにやって死んだんだろ。幸せ者だぜ、そいつは。もっとも死んじまったら、そこまでだけどな。そこから先は無いさ」

 

「いつものことさ!」

 

「他人の戦いに巻き込まれて死ぬのは雑魚だ。自分の命さえ自由に出来ないなら、死んじまえってな」

 

2話

「あんた、かなり無理があんな」
「神だの団長だの、そんなもん振りかざした所で、人望ってやつは着いてきやしねえぜ。あの橋の騎士のおっさんみてえにはな」

「俺に言わせりゃあんたは、あんたが崇めてるその置物と同じ、中身すっからかんだぜ」

 

「俺はな、こんな連中、皆殺しにしたっていいんだぜ」
「俺には、どうしてもたどり着かなきゃいけない奴がいる。邪魔する奴らがどんな目に合おうと知ったこっちゃねえ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「目えひんむいて、よおく見とけよ!」
「置物拝んでるだけじゃあお目に掛かれねえ、神が地上にお示しになった奇跡ってやつだ!」

 

「いるはずねえか。だから奇跡ってんだろ」(ガッツ)

 

「俺にはもう奇跡は間に合ってる。反吐が出るほどにな!」(ガッツ)

 

「ようやくお出ましだぜ。あんたの知りたがってた俺の目的、使徒がよ」
「そう。使徒どもを一匹残らずぶち殺す、これが目的さ!」

 

4話

「逃げたんじゃねえ、逃げられねえんだ!」

「この右目に、最後に焼き付いた恐怖、憎悪。このどす黒い炎は、絶対にあがなえねえ。あがなえない、逃げられないなら、こいつで身を焼き、敵を焼くしかねえんだ!」

 

5話

「何すんだよ、いきなり。思わぬ試し斬りになっちまったぜ」

 

「恨みつらみか、こいつらも。いつもなら俺もそうさ。だがよ、てめえらの相手をしてる暇はねえ。こちとら急いでんだよ。火を飲み込む思いでな!」

 

7話

「これが聖地だと!? 悪い冗談だな。はきだめの間違いだろ!」

 

8話

「無茶? そうでもねえさ!」

 

9話

「わりいが急いでくれねえか。キレそうなんだよ!」

 

11話

「そんなに神様にゴマすりたけりゃ、てめえの頭かち割って貢物にでもしやがれ!」
「もうあの女には、指一本触れさせん!」

 

「ふざけんじゃねえ。祈ってるだけだろうが」

「これだけ雁首そろえて、自分のケツに火がついてる時に拝んでるだけだろ、こいつら。何千何万人がそろいもそろって、女一人にすがりついてんじゃねえ!!」

 

「神に会えたら言っとけ! ほっとけってな!!」

 

「朝までが勝負だ、生き残るぞ」
「活路は、切り開く!」

 

12話

「祈るな!」
「祈れば手が塞がる。てめえが握ってるそれは何だ!」

ベルセルク(2期)

13話

「(戻るのが)遅く……なっちまったな」

 

「俺はあいつを目にした一瞬、殺意を忘れていた。それが許せねえ……」

 

「同じ顔で……同じ笑みで、同じ声で俺を語るんじゃねえ!」

 

「今度は、俺が置き去りにされたか。もう置いてきゃしねえさ。今度は失わない」

 

15話

「坊さんだの貴族だってのは、どうしてこう仰々しいんだ……好きにしな」

 

「そいつ(感謝)はまだ早えよ。俺達と行くってことは、もう眠れる夜は来ないってことだからな」

 

「正直今度ばかりはまいったぜ。この俺が、初めて赤の他人に期待している」
「自分の禍々しさに戦慄している……己の無力に打ちのめされる……最後にあいつが笑ったのは、いつだった?」

 

16話

「お前、何十年も修行して、達人にでもなるのを待ってから戦場に出るつもりか? 随分気の長え話だ」

「だったら今手持ちの駒でやりくりするしかねえだろ」

 

17話

「そうだな……いつか、(天使や悪魔を)一発ぶん殴ってやらねえとな」

 

「俺はいらねえ」
「戦場には、一番手に馴染んだものを持って行きたいんでね」

 

「ここが安全だってことは分かってる。だが何事にも絶対はねえ。それなら、俺の剣が届く所に置いておきてえ」

18話

「だったらやめりゃいい」
「お前にその気がねえなら、何もそんないけすかねえ連中のために、危ない橋を渡ることはねえ」

「言われたから嫌でもやるってのは、ガキの使いってんだぜ」

 

20話

「武器を持ちゃ、戦場じゃガキだろうが立派な戦力だ。任せられるから任せた、やり遂げてみせろ」

 

「仕方ねえ。久しぶりに100人……いや、100匹斬りと洒落込もうか」

 

「腹減ってんだろ? 来いよ。お前らのうち半分はいますぐ餌だ」

 

「仲間、か……もう二度と……そう思っていたんだがな」

 

21話

「ぶん殴ってやったのさ。こいつで一発、天使気取りのバケモンを」

 

「どうなってんだ、この甲冑? 身に付けた途端、傷の痛みが嘘みてえに消えた。いや、どうでもよくなっちまってるんだ、痛みなんぞ……どうでも」

「そんなことより……この体の中に湧き上がってくる衝動、俺の中に何か、凶暴なやつがたぎってくる」

 

22話

「俺の体はそんな繊細にゃ出来ちゃいねえよ、心配すんな」

 

「いいもんだな」
「もうねえと思ってたぜ。陽が沈むのを、こんな穏やかに眺められるなんて……」

 

23話

「ガキの時分からそんなことばっかやってると、ひねた大人になっちまうぜ」

 

剣風伝奇ベルセルク(黄金時代篇)

1話

「お前らの親玉に言伝を頼みたい。黒い剣士が来た、それだけでいい」

 

「人間には殺せないと言ったよな?」

「そうさ。貴様の言う通り人間は弱えよ……すぐ死ぬ。だがその人間がどれほど切り刻まれ、突き刺さても、それでも生き続けなきゃならないとしたら?」

「それがどんなことか、貴様も少しは味わってみろよ」

 

「(助けてくれ?)同じことを言った人間達に、貴様は何をした?」

 

2話

「俺とお前は仇同士ってわけだ」
「なーに、簡単さ。こいつ(剣)でケリをつける」

 

3話

「俺は自分の仕事をこなしただけだ。礼を言われる筋合いはねえよ」

 

4話

「俺はあの頃と少しも変わっちゃいねえ。ただ敵を斬って、ただ生き延びて、どこへ行こうってんだ、俺は?」

 

7話

「お前のために、か……これが俺の探していた答えかどうかは分からない。でも今は……今はあいつのために剣を振るう」

 

9話

「らしくねえな。四の五の言わずに、命令すりゃいいんだよ。いつもの通り」

 

13話

「こんなつまんねえ所が、お前の死に場所なのか? お前の望みってのは、こんな安っぽいもんなのか?」

「剣ってえのは、鞘に収まるもんだ。帰んな、剣の主の元へ……グリフィスの所へよ」

 

「俺の剣はなまくらだ、あんましよく斬れねえ。その代わり、厚みも重さも並のもんの3倍以上ある。一発で死に損なうと……痛えぞ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

14話

「何やってんだよ、俺は? こんなくだらねえ所で……安っぽく命張って……キャスカのためか?」

「いや、違う。今考えてる暇はねえ。今あるのはどう斬るか、どう殺るか、それだけだ!」

 

「命の保障? んなもん戦じゃ聞いたことねえよ」

 

「お前、気にすることはねえんだぜ。あれは俺が勝手にやったことだ。別にお前のためって訳じゃえね。逃げ回ってるより、斬り合ってる方が性に合ってるんだよ、俺は」

「だがよ、正直いうと、あん時はこうも思った。お前がやってることに比べりゃ、俺が百人と斬り合うなんざ、どうでもいいことだと」

「お前だけじゃねえ、グリフィスもそうさ。生きてることを丸々賭けちまうほどのもんを持ってる。凄えと思うぜ、そういうのって」

「それに比べりゃ、俺が行き当りばったりで百人と斬り合おうが、千人と斬り合おうが、大したこっちゃねえ」

 

「こうして眺めてると、なんだかあの明かり一つひとつに、連中のそんなちっぽけな夢とか、思いが宿ってるって、そんな風に見えてくるぜ」

 

「その吹けば飛ぶような小さな火を絶やさないように、一番大きな炎に自分の火を投げ込むんだ。グリフィスという、でっかい炎にな」

 

16話

「強え……強えぜ、こいつ(ボスコーン)は。百人斬りなんかより、よっぽど生きた心地がしねえ。こりゃ死ぬ気でかからねえと……殺られる」

「いや……あの時(ゾッド)ほどじゃねえ。あの時ほど絶望的って訳じゃねえ」

 

「まだ分かんねえのか!? 大将はくたばった! 城は落ちた!」
「となりゃ決まってんだろ? 負けたんだよ、てめえらは!」

 

17話

「見届けておこうと思ってな」

「お前達と出会ってからこの3年間、グリフィスと俺や、お前達が何をやってきたのか?」
「そして、あいつが今どれだけのものを手に入れて、これから何を手に入れようとしているのか?」

「それを見届けようと思ったんだ」

 

18話

「もう、決めちまったことだからな」
「このまま……このままあいつの夢に埋もれる訳にはいかねえんだ」

 

19話

「俺が初めて人を殺したのは、まだ右も左も分からないガキの時分さ。それ以来、戦場以外のことは何も知らないし、知ろうともしなかった」

「殺して生き残る、それが全てだった。でも、それでもよかったんだ。ただ1人、誰でもいい、こっちを向いていてさえくれれば」

 

「もう、ごめんなのさ。あいつの夢の中で、あいつを見上げているのは」
「俺は、自分で手にする何かで、あいつの横に並びたい。俺は……あいつだけには、なめられる訳にいかねえんだ」

 

「地位や階級なんてものには興味ねえ。俺が欲しいのはもっと別の、自分で勝ち取る何かだ」

 

「3年前もこんなだった。斬り合いで始まって斬り合いで終わる、俺にしてみりゃ上出来だ」
「お前にとって俺は、血を流すぐらいの価値はあるってことだもんな」

 

「大丈夫さ、道端で石ころにつまずいたようなもんさ。小さなことだよな……お前の行きたい所は、もっと遠いんだろ?」

「大丈夫、立てるよ。もう一度歩きだすさ、すぐにな」

 

20話

「こいつ(剣)は夢じゃない。こいつはもっと身近で……そう、俺の体の一部だ」
「こいつは俺が生きてきたこと、そのものなんだ」

 

「俺は剣を振る。誰のためでもない、自分自身のために。俺の一瞬の火花を、弾き出すために……」

 

21話

「来いよ……お前、俺と来いよ」

 

23話

「俺の居場所、ホントはあったのかもしれないな。今まで、気が付かなかったけど……あの頃の俺が一番欲しかったものはここに……」

「どうして……どうしていつも無くしてから気が付くんだ……」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ベルセルク 1-41巻セット (コミック)

 

→ベルセルク
→剣風伝奇ベルセルク(黄金時代篇)
→ベルセルク(グリフィス)
→ベルセルク(キャスカ&ジュドー)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました