「古見さんは、コミュ症です。」の名言・台詞まとめ

アニメ「古見さんは、コミュ症です。」の名言・台詞をまとめていきます。

古見さんは、コミュ症です。

1話

「まさか、今までずっと普通だった僕が、この学校に入れるなんて。でも欲張ってはいけない」

「とりあえず当面の目標は、周りの空気を読み、波風の立たない高校生活を送る。それでいい、それがいい」(只野仁人)

 

「僕は知っている。周りの空気を読んで、目立たず生きていく。それが幸せへの近道なのだ」
「別に中学の時に個性を出そうとして、痛い目を見たとかそういうのは無い、断じて無い」(只野)

 

「嬉しいんだけどさ、学校一の美人の隣の席なのは……でも、なんか、殺意を感じるんですけど」(只野)

 

「なんで私……」「前に出て、話せなくなっちゃった……」(古見硝子)

 

「本当は喋りたいんです」(硝子)

 

「一緒に食べよって言いたかったんです」(硝子)

 

「古見さんの夢は?」(只野)
「友達100人作ることです」(硝子)

「じゃあ僕が1人目の友達になるし、あと99人の友達作りも手伝うよ」(只野)
「よろしくお願いします」(硝子)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「僕は、友達がいない……古見さんを手伝うっていっても、僕に友達がいなきゃどうしようもなかった。なに上から目線で手伝うとかいってるんだ僕は……」

「ごめん古見さん……僕は、役立たずだ」(只野)

 

「僕が何言っても無視されちゃって……友達にならなかったの古見さんだけなんだ。ショックで一週間寝込んだよ」(長名なじみ)
「古見さんは昔から古見さんだったのか」(只野)

 

「話せば分かる」(只野)

 

4話

「私の人生最高の瞬間だった……この瞬間を失いたくないと思うのは、そんなに罪なことかしら!?」(山井恋)

 

「私の友達は私が決めます」(硝子)

 

「私は、只野くんの友達でいて良いのでしょうか?」(硝子)
「僕の友達は、僕が決めるよ」(只野)

 

「やっぱ、り……私は……た、た、只野くんの……と、友達で……い、いたいで、です……」(硝子)

 

6話

「いや通訳がいないと困るだろ、僕が」(なじみ)

 

「外出用の服は常々買わなきゃいけないと思っていたのですが、服屋さんに着ていく服がなくて……」(硝子)

 

7話

「こういう時は気にしないで遊んであげるのが一番だよ」
「こうしないと自分のせいでみんなの空気を悪くしたって、古見さんが気にしちゃうだろ」(なじみ)

 

「古見さんの友達は、みんないい人達ですから。嫌われる心配なんて、しなくて大丈夫ですよ」(只野)

 

「古見さんがつらそうな顔してたら、みんなも楽しくないですよ」(只野)

 

8話

「私、夏休みが終わらないでほしいと思ったのは初めてです」(硝子)

 

12話

「黒歴史づくりは文化祭の醍醐味だろ」(なじみ)

 

「でも、(文化祭)楽しかったです」(硝子)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

古見さんは、コミュ症です。(2期)

13話

「えっ、終わり?(友達13人で)」
「半年経ったよね……」(なじみ)

 

「寒いのは嫌いだよ。でも冬には楽しいイベントも多いからね」(なじみ)

 

「期末テスト……テスト、お前はいつもそうだ。僕が楽しみにしてることの前に立ち塞がりやがって……許さねえ!」(なじみ)

 

「私を差し置いて古見さんを家に呼ぶとかありえないんですけど!」(山井)

 

「女子力? 数値化できないもので優劣を付けないでいただきたーい」(中々思春)

 

「2人とも大事な友達です」(硝子)

 

14話

「もうちょっと……話してても……いいですか?」(硝子)

 

「どうにかして古見さんのパ○ツ見られないかしら……」(山井)

 

「私の心をかき乱すように、その者青き衣をまといて漆黒のタイツを見せつけてくる……」
「そんなの、タイツ越しのパ○ツ見たくなるに決まってるじゃない!」(山井)

 

「この人達は、山井さんの本性を知らない」(只野)

 

「あ……愛してる」
「(愛してるゲーム)なんて私はただ古見さんに愛してるって言いたいだけなの。勝ちとか負けとかどうだっていいのよ。古見さんに愛してるって言えればね」(山井)

 

「来た来た来た、これを待っていたのよ。合法的に古見さんに愛してるって言ってもらえるこの場面をね!」(山井)

 

15話

「心を読んでいる奴がいる前提で、『心を読んでるだろ?』ってカマかけるやつですか?」(只野)

 

「えっ、何、ちょっと面白そうじゃない。只野くんのくせに」(山井)

 

「すごい。友達とご飯なんて、夢にまで見たことが現実に!」
「あっ、そうか。一緒にお弁当食べることがゴールじゃない。ここで盛り上がって、より一層仲良くなるのがゴールなんだ」(片居誠)

 

「無理、しなくていいですよ?」

「片居くんが何をしたかったのか全部は分かりませんでしたけど……僕といる時くらいは肩肘張らないで、いつも通りでいてくれるのが僕も嬉しいので」(只野)

 

「それは言っちゃダメだ」
「だってその方が面白いから」(なじみ)

 

16話

「あっ、待って……あの(ぬいぐるみの)中に入れば合法的に古見さんと……やだ、私天才すぎ」(山井)

 

19話

「キモすぎる! 勝手に幻覚を生み出しておいて、お礼はキモすぎる! いや来てたと思うんだけど確証が持てないというか……」(只野)

 

「何アンタ古見さんに話しかけようとしてんの? 下心丸出しなの分かるのよ、ナル男君。てゆうかアンタ全然かっこよくないから、自意識過剰すぎ」

「病院で見てもらった方がいいわよ。古見さんと少しでも釣り合ってると思うこと自体が病気。おこがましすぎて笑っちゃう」(山井)

 

「只野君、旅行ってのはね…どこに行くかじゃなくて誰と行くか、だよ」(なじみ)

 

「もし心配事があったら、いつでも言って下さいね」
「僕じゃ力になれるか分からないですけど、言うだけでも楽になることもあると思うので」(只野)

 

「ゆっくりで、いいですよ」(只野)

 

「(修学旅行が)怖いんです……」(硝子)
「でも…僕もいるじゃないですか!」(只野)

 

「とても、気持ちが楽になりました」
「そ、その…しゅ、修学旅行……楽しみです」(硝子)

 

20話

「普段クラスでも冴えない私達が、この修学旅行で出来ることは唯一つ」(加藤三九二)
「古見さんにこの修学旅行を最大限楽しんでもらうこと!! それが私達の使命!!」(三九二、佐々木あやみ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
古見さんはコミュ症です 1-24巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました