「古見さんは、コミュ症です。」の名言・台詞まとめ

アニメ「古見さんは、コミュ症です。」の名言・台詞をまとめていきます。

古見さんは、コミュ症です。

1話

「まさか、今までずっと普通だった僕が、この学校に入れるなんて。でも欲張ってはいけない」

「とりあえず当面の目標は、周りの空気を読み、波風の立たない高校生活を送る。それでいい、それがいい」(只野仁人)

 

「僕は知っている。周りの空気を読んで、目立たず生きていく。それが幸せへの近道なのだ」
「別に中学の時に個性を出そうとして、痛い目を見たとかそういうのは無い、断じて無い」(只野)

 

「嬉しいんだけどさ、学校一の美人の隣の席なのは……でも、なんか、殺意を感じるんですけど」(只野)

 

「なんで私……」「前に出て、話せなくなっちゃった……」(古見硝子)

 

「本当は喋りたいんです」(硝子)

 

「一緒に食べよって言いたかったんです」(硝子)

 

「古見さんの夢は?」(只野)
「友達100人作ることです」(硝子)

「じゃあ僕が1人目の友達になるし、あと99人の友達作りも手伝うよ」(只野)
「よろしくお願いします」(硝子)

 

2話

「僕は、友達がいない……古見さんを手伝うっていっても、僕に友達がいなきゃどうしようもなかった。なに上から目線で手伝うとかいってるんだ僕は……」

「ごめん古見さん……僕は、役立たずだ」(只野)

 

「僕が何言っても無視されちゃって……友達にならなかったの古見さんだけなんだ。ショックで一週間寝込んだよ」(長名なじみ)
「古見さんは昔から古見さんだったのか」(只野)

 

「話せば分かる」(只野)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
古見さんはコミュ症です 1巻 (Kindle)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました