「ブルーピリオド」の名言・台詞まとめ

アニメ「ブルーピリオド」の名言・台詞をまとめていきます。

ブルーピリオド

1話

「俺にとってテストの点を増やすのも、人付き合いを円滑にするのも、ノルマをクリアする楽しさに近い」

「クリアするためのコストは人より多くかけている。それが結果になっているだけ」

「俺は天才なんかじゃない。みんなが俺を褒める度に虚しくなる。この手応えの無さは、なんなんだ?」(矢口八虎)

 

「美術は面白いですよ。自分に素直な人ほど強い、文字じゃない言語だから」(佐伯昌子、先生)

 

「ならいったい、この感動は誰のものだ? 他人の努力の結果……お前のことじゃない」
「これは俺の感動じゃない」(八虎)

 

「才能なんか無いよ。絵のこと考えてる時間が、他の人より多いだけ。それにね、やっぱり絵も、やり方とか勉強することがあってね」

「手放しに才能って言われると、何もやってないって言われてるみたいで」(森まる)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「でも昔、先生に言われた受け売りだけどね。あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎの体も、青くていいんだよ」(森)

 

「好きなものを好きって言うのって、怖いんだな」(八虎)

 

「でも、この風景はいいですよ。作った本人が好きで楽しんで情熱を込めて作ったものってね、見た人も楽しくなっちゃうものなんですよ」(佐伯先生)

 

「好きなことは趣味でいい、これは大人の発想だと思いますよ」

「頑張れない子は、好きなことがない子でしたよ。好きなことに人生の一番大きなウエイトを置くのって、普通のことじゃないでしょうか?」(佐伯先生)

 

「(美大に入れるかは)分かりません。でも、好きなことをする努力家はね、最強なんですよ」(佐伯先生)

 

「藝大一択……やべえな」
「俺の心臓は今、動き出したみたいだ」(八虎)

 

2話

「芯の長さは敢えてです。鉛筆は持ち方によっていろんな表情を見せてくれますよ」(佐伯先生)

 

「結論から言いますと、デッサンをやらなくても絵は上手くなります」

「ただデッサンはあらゆる修練法の中で誰にでも出来て、かつ上達が早い方法です。公式を学ぶようなものなので、応用も効きます。観察力と技術力がアップしますよ」(佐伯先生)

 

「自分が描く前は、絵を描くって、選ばれた人間だけが使える魔法みたいなもんだと、勝手に思ってた」

「でも、そうでもないらしい。絵を描くようになって見えてたはずの景色が、今までよりハッキリ見えるようになった。知ってるはずなのに、今まで何も知らなかったような気さえした」(八虎)

 

「今は描いた枚数と上手くなった分だけが、俺の自信だ」(八虎)

 

「絵の起源って知ってる? 諸説あるけど、その一つが祈りなの。だから私は、自分の描いた絵を持つ人が、いい方へ行ってくれるよう、祈りを込めて描いてるんだ」(森)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「絵のダメなとこって講評棚に並んでみないと不思議と気づけないよね」(鮎川龍二)

 

「人は、神と自分を比べることが出来ないから」
「悔しいと思うなら、まだ戦えるね」(龍二)

 

「もっとも大事なのは自分の絵を描くこと。そのために、絵作りを勉強してもいいかもね」(大葉真由、先生)

 

「僕ね、芸術って、食べれん食べもんやと思うねん。好き嫌いがあるのは当たり前や」
「芸術は自分がどう感じたかのが大事やろ?」(橋田悠)

 

「でも、世間がいいっていうものにならなきゃいけないなら、俺は死ぬ」
「俺の好きだけが、自分を守ってくれるんじゃないのかな?」(龍二)

 

4話

「名画に共通するものってなんだと思う?」
「全ての名画はね、構図がいいの」(大葉先生)

 

「絵って、思ってたよりずっと自由だ。でも、技術があればもっと飛べそうだな」(八虎)

 

「予備校はいい絵を教える所じゃない、受かる絵を教える所なんだよ」(高橋世田介)

 

「俺の絵で全員殺す。そのためなら、なんでもする」(八虎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ブルーピリオド 1巻 (Kindle)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました