「幽遊白書」戸愚呂弟(とぐろおとうと)の名言・台詞まとめ

アニメ「幽遊白書」戸愚呂弟(とぐろおとうと)の名言・台詞をまとめていきます。

幽遊白書

22話

「蛇の道は蛇でね」
「任せてもらいましょうか」

 

「つまらん意地を張らずに、いつでも泣ける練習をしておくことだな」

 

23話

「気が進みませんな」
「こう見えてもね、結構動物好きなんすよ」

 

「こいつを倒すには…まぁ、30%ってとこか」

 

「私は脳のない妖怪でね、唯一できるのがこの筋肉操作なんですよ」

 

「まあ恨むんなら、俺をけしかけたご主人様を恨みなよ」

 

「依頼者の命令とはいえ無益な殺生をしてしまった」
「心が痛みますな」

 

「まぁ、20%ぐらいでもやれたでしょうが」
「なんせ臆病なもんでね」

 

「あんた、いい死に方できないね」

 

「たった今、一瞬にして部下6人の妖気が消えました」
「彼等もなかなかやるねえ」

 

24話

「どうやら出番が回って来たようだ」

 

「何年ぶりかね、血が騒ぐなんて」
「腕が鳴るねえ」

 

25話

「よく来たね。まっ、お手柔らかに頼みますよ」

 

「俺は兄者の力を最大限発揮する力を持つ」
「俺たち兄弟は2人で1つ」

 

「ほう…自ら後ろに跳んで致命傷だけは避けたか」
「少しは頭脳プレーが出来るようだね」

 

「だがもうそんな小賢しいマネも必要なくなる」
「すぐにあの世へ送り届けてやるからね」

 

「随分見くびられたもんだな」
「これでもかなり鍛えているんだがねえ」

 

「おやおや、期待外れだねえ」
「もっと楽しませてくれると思ったんだが!」

 

「もろいね、がっかりだよ」

 

「奴の霊丸を全身で受け加速をつけてくるとは…」
「やるね…」

 

26話

「わざと負けるってのは、思ったよりストレスがたまるね」

 

「そこで本当の依頼主であるあんたに頼みがある」
「あの2人と武術会でもう一度戦いたい、今度は本気でね」

 

「”浦飯”といったかな、弾を撃つ方は」
「あいつはもっと強くなるね、叩けば叩くほどな」

 

「もう忘れちまったのかい?」
「俺も印象が薄いんだね」

 

「やられたと見せたのは、実は演技でね」
「まっ、それは終わったことだ」

 

「話ってのは個人的な、いわば男同士の内緒話といったところか」

 

「俺が怖いか?」
「つまらん強がりはやめろ、お前の本能は俺を恐れている」

 

「敵の本当の怖さが分かるのも強さのうちだ」
「お前は強い、まだまだ強くなる」

 

「だからこそお前に、見せておく気になった」
「本当の俺をな!」

 

「お前と桑原が今度の暗黒武術会のゲストだ」
「断ればこの場で俺が殺す」

 

「死に物狂いで強くなることだ」
「生き延びるためには、勝つしかない」

 

暗黒武術会編

33話

「今日はデカい奴の厄日だね」

 

36話

「ああ過酷だね、浦飯」
「しかし、これくらいは乗り越えてもらわんとな」

 

43話

「どっちが来ようが我々の敵じゃない」
「こんな試合…」

 

49話

「妖力での技術戦で幻海を倒そうとするのは無駄だ」
「奴を砕くのは、技を超える限りなきパワー!」

 

51話

「(殺せ?) 嫌だね、負けた奴に指図する権利などないんでね」
「生かすか殺すかは、勝者である俺に決めさせてもらうよ」

 

「老けたな、幻海」

 

「(なぜ呼んだ?) 決まりきったことを聞くじゃないか」
「年月の残酷さというものを、お前に知らしめるためだ」

 

「変わってしまったお前に、俺は我慢ならない」
「老いたお前を、これ以上…見たくない」

 

52話

「俺もお前も、今が強さの最盛期だろうな」
「時が止まればいいと…最近よく思う」

 

「俺は怖いんだ…俺達より強い奴が現れることが怖いんじゃない」
「そんな奴が現れた時、自分の肉体が衰えていると思うと怖いのだ…悔しいのだ」

 

「人間とは不便なものだ」
「俺は永遠に衰えない肉体を手に入れたい…それが最大の望みだ」

 

「45%では失礼だったな」
「いいだろう…80%の俺を見せてやろう」

 

「この姿を見て今生きている者は4人」
「兄者と武威と鴉、そして…お前だけだ」

 

「お前は、すぐ死ぬがな」

 

「技を超えた純粋な強さ、それがパワーだ!」

 

「お前は幻海じゃない」
「骨と皮のただのガラクタだ!」

 

「月日とは無情なものだ」
「渾身の力を込めた幻海の最後の一撃…俺の皮膚すら傷つけることが出来なかった」

 

「戦いに生きる者の道は、より強くなるか死ぬかの2つしかない」
「ダラダラと余生を送る堕落の道を選んだ瞬間、そいつは既に死んでいたのだ」

 

「いいパンチだったぞ、浦飯…今までで最高の」
「とうとう来るのだ、100%の俺で戦える日が」

 

「楽しみだねえ」

53話

「見苦しいのを通り越すと殺す気すら失せるね」
「あんたがカスにしか見えねえ」

 

「俺も人間界で強くなり過ぎた」
「これだけでかい妖気だと、自然発生する小さなひずみじゃあ魔界に行けない」

 

「これで浦飯を倒しちまったら、トンネルを開けてでも魔界に戻らなきゃな」
「戦う相手がいないからね」

 

60話

「俺は誰のためでもない、俺自身のために戦う」
「奴もきっとそうです」

 

「俺は品性まで売った覚えはない」
「誰にも邪魔はさせん」

 

61話

「(パンチが)軽いね」

 

「こんなものかね? お前の力は」

 

「期待し過ぎた俺がバカだったか」
「お前も100%で戦うには値しない」

 

「このまま決着をつけてやろう、80%のままでな」

 

62話

「随分とナメられたもんだね」
「来なよ…試しているのはどっちか教えてやる!」

 

「初めて、敵に会えた」
「いい試合をしよう…100%!」

 

「元人間の俺から見て、今のお前に足りないものがある」
「危機感だよ」

 

「お前、もしかしてまだ自分が死なないとでも思っているんじゃないのか?」

 

63話

「勘違いしてないかね、浦飯君」
「お前はまだ、100%の俺と戦う資格を持ったに過ぎない」

 

「今のお前を殺すには、片手で十分だ!」
「だがそれでは、俺が100%になった意味が…ない」

 

「お前の最大の力を見るために、俺は100%になった」
「だからお前には義務がある」

 

 

「今持てる力を最大限に使い尽くし、俺と戦う義務が!」
「まさに鉄のロジック!」

 

「本能? 違うね、純然たる俺の意志だ」
「分かりやすく言えば、戦いは俺の生きる目的だよ」

 

「本能などというものは、生きるための手段に過ぎん」

 

「エサは黙って見てろ」
「これは俺と浦飯の戦いだ」

 

「やはり憤怒か…お前の力を引き出すには怒りが必要なのか」

 

「100%の俺は以前の俺とは別の生き物だ」
「お前の力を引き出すためならなんでもするぞ」

 

「がっかりだぞ、浦飯」
「やっとまともに戦える相手が見つかったと思ったんだよ」

 

「俺を失望させた罪は重いぞ!」

 

「お前がいいな」
「浦飯の力を引き出すために…つまりは俺のために死んでもらう」

 

「惨めだな…浦飯」
「お前は…無力だ!」

 

「寒気? この俺が…」

 

64話

「俺は初めて勝敗の見えぬ戦いに身を置けるかもしれない」
「かつてない緊迫感、これこそが俺の望む戦い」

 

「そしてお前も、こうなることを望んでいた」

 

「感謝してもらおう、浦飯」
「お前は今、確実に強い!」

 

「浦飯、心が痛むかね?」
「それは”はしか”みたいなものだ、越えれば二度とかからない」

 

「信じるんだ! 力が全てだと!」

 

「いい目だ…今までそんな目をして挑んできた奴のしかばねを乗り越え、俺は勝ってきた」
「そんな時は相手がどんなに弱くても全力を出した」

 

「そして今ならかつてない力が出せる」
「勝負だ!」

 

「フルパワー、100%中の100%」

 

「何か1つを極めるということは、ほかの全てを捨てること」
「それが出来ぬお前は、結局ハンパ者だ」

 

「礼を言うぞ、浦飯…こんなに力を出せたのは初めてだ」

 

「100%を超えたひずみか…」
「ほかの誰かのために120%の力が出せる、それがお前達の強さ…」

 

66話

「(罪を審判?) そんな必要はないと思いますがね」
「俺はもう決めてるんだ、冥獄界(みょうごくかい)へ行くことに」

 

「幻海…もう俺なんかに構うな」
「お前にはまだ、仕事が残っている」

 

「奴は必ず強くなる」
だが間違えれば、俺みたいになっちまう」

 

「お前がもう少し、お守りをしてやれ」

 

「あんたには、世話ばかりかけちまったな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

幽遊白書 全19巻セット (コミック)
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→幽遊白書のインデックス