「るろうに剣心」緋村剣心の名言・台詞まとめました

アニメ「るろうに剣心」緋村剣心の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
るろうに剣心 全28巻セット (コミック)

るろうに剣心

1話

「るろうに……拙者はるろうに。あてのない旅の剣客でござるよ」

 

「これで人を斬れると思うでござるか?」
「逆刃刀でござる」「人を斬ることは出来ぬ。斬った跡も無いでござろう?」

 

「父上は、薫殿が命を捨ててまで、流儀を守ることを望みはしないと思うでござるよ。亡くなった父上が願うのはきっと……薫殿の幸せでござる」

 

「いや……剣は凶器、剣術は殺人術、それが真実。薫殿が言っていることは、一度も自分の手を汚したことのない者がいう、甘い戯言でござる」

「けれども、拙者は真実よりも、薫殿のいう戯言の方が好きでござるよ。願わくば、これからの世は、その戯言が真実になってもらいたいでござるな」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「一つ言い忘れていた。人斬り抜刀斎が振るう剣は、神谷活心流でも、お前の我流でもなく、飛天御剣流。こんな刀で無い限り、確実に人を惨殺する神速の殺人剣でござるよ」

 

「抜刀斎の名に、未練も愛着も無いが、それでも……お前のような奴には譲れぬよ」

 

「すまないでござる、薫殿。拙者、隠す気は無かった。ただ……出来れば、語りたくなかったでござるよ」

 

「拙者も、少し旅に疲れた。いつまた、どこへ流れていくか分からぬよ」

 

2話

「お主、なりはまだ子供だが、心根は立派に一人前でござるな。すまない、拙者が見くびっていた。その誇り、大切にするでござるよ」

 

「呼んでも来ぬよ。なかなか入れてもらえぬので、この部屋以外の者には、しばらくの間、眠ってもらった」

 

3話

「拙者の剣は、後世に残す気は無いでござるよ」

 

「罪もない人々に、切っ先一寸たりとも触れるな。相手なら、拙者がいたす。地べたをなめたい者は、かかって来い」

 

「あいにくですが、人斬りの手柄で、政府の要職につく気は毛頭ないんですよ」

 

「我々はかつて剣を取って戦った。権力や栄光のためでなく、人が幸せに暮らせる世を作るために。それを忘れてしまったら……ただの成り上がり者ですよ」

 

「剣一本でも、この目に止まる人達ぐらいなら……何とか守れるでござるよ」

 

「これからお主が覚えるのは、人斬りの剣ではない、人を守る剣でござるよ」
「強くなれ、活心流で」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

4話

「酔った上の乱行なれば、多めに見ていたが、そんなものを抜くつもりなら、拙者も容赦せんよ。自由民権、大いに結構」

「しかし、お前達の場合、政府を正す前に、まず己を正すべきでござるな」

 

5話

「るろうにの、緋村剣心。この刀で、相手する」

 

「さような台詞は、最後まで立っていられた時に、言うでござるよ」

 

「お主には一撃は効かない。なれば!」
「飛天御剣流・龍巣閃」

 

「分かった。ケリをつけるでござるよ」

 

「そんなしみったれた強さでは、拙者は倒せんよ」

 

「喧嘩の相手が違うのではござらんか? 赤報隊がお主に教えたのは、維新志士を倒すことか? それとも、維新を達成することか?」

 

「斬左、維新はまだ終わっておらんよ」

「確かに新時代・明治になって、形だけの維新は出来た。しかし、多くの人々は、未だ弱者が虐げられる古い時代の中にいる」

「だから拙者は、自由なるろうにとなり、そういう人達を守るために、この刀を振るっている」

「そうすることが、明治維新の犠牲になった人々の、償いになると思っているのでござるよ」

 

「斬左は、他の連中とは段違いでござったゆえ、拙者もあまり手加減できなかったでござるよ」

 

6話

「その黒笠という男、おそらく拙者と同じように、元は幕末の人斬りでござろう。明治が10年すぎても、血の色と匂いに心を奪われ、人斬りが止められぬ、不幸な男でござる」

 

「確かに、奴の言う通りかもしれん。今の拙者では、おそらく奴に勝つことは出来ん。しかし、拙者は奴を倒す」

「幕末、人斬りとして存在した者同士。これは拙者にとって、避けて通れぬ戦いでござる」

 

「誰かを守りながらの戦いになると、刃衛にはとても勝てない」

 

「分かった。必ず返しに帰るから、安心して道場で待つでござるよ」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

7話

「ああ。薫殿を巻き込んだ貴様と、それを阻止できなかった、俺自身にな」

 

「おしゃべりの時間は無いんだ。殺してやるから、さっさとかかって来い!」

 

「どんな技でも好きなだけ使え。だが、俺が殺すと言った以上、お前の死は絶対だ」

 

「来い! 抜刀斎の名の由来、とくと味あわせてやる」(剣心)

 

「抜刀術の全てを極めた。それが、抜刀斎の名の由来だ」

 

「肘の関節を砕いて筋を断った。お前の剣の命は終わった。そして、これで人生の終わりだ」

 

「薫殿を守るため、俺は今一度、人斬りに戻る!」

 

「刃衛。たとえ拙者の本性が人斬りだとしても、拙者は、二度と人斬りには戻らぬ」
「死ぬまでるろうにでいられるでござるよ。この仲間がいれば」

 

8話

「事情はよく飲み込めぬが、拙者、いたずらに人を傷つける輩は、見過ごせぬたちでな」

 

9話

「もう自分を責めるのは止めるでござるよ。恵殿は長い間苦しんできた。それで充分ではござらんか」

 

10話

「恵殿は、こちらから受け取りに行く。心して待っていろ、観柳!」

 

11話

「あの時代……多くの者が戦いに身を投じた。立場こそ違え、この国の未来と、幸福を考え命をかけた。だがお前は違う。お前にあるのは、氷のように冷たい闘争心だけ」

「そして今も、人々を苦しめることに加担している」
「るろうにとして拙者、お前を見過ごす訳にはいかぬ!」

 

「蒼紫。最強の称号など、そんなに欲しければくれてやる。今の拙者には、拙者の助けを待つ人と、喜びや悲しみを分かち合える仲間の方が、何万倍も大事でござる!」

 

「構わぬ、気の済むまで挑んでこい」
「だが、他の者を巻き込む戦いは、決して許さぬでござるよ」

 

「命乞いなら、お金様に頼んでみろ!」

 

「己が死んだところで、殺した人が蘇るわけではござらん。それより、1人でも多くの人を救うために、剣を振るうことが、本当の償いとなるはず」

「人斬り抜刀斎は、そうやって今を生きているでござるよ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
るろうに剣心 全28巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました