「赤髪の白雪姫」オビの名言・台詞まとめました

アニメ「赤髪の白雪姫」オビの名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
赤髪の白雪姫 1-22巻セット (コミック)

赤髪の白雪姫

3話

「あら? おいおい嘘だろ? 今ので逃げ出さないのか?」

 

「そう警戒しなくても、あの子にはもう手出しはしませんよ」
「いや本当ですって、俺も気に入ったし。何よりあんたのためになりそうだ」

 

5話

「主の従者ですよ」
「そんな? 俺の手綱は、あんたに預けたんですからね」

 

「だったら俺に任せて下さい。街の情報なら、あんた達より持ってますからね!」

 

「いいな。俺も(主に)言われてみたいね」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

6話

「主達が忙しいと、俺は暇だな。行動範囲は決められてるし、手入れする武器も無いし」

 

8話

「自己紹介いる? オビです、偽名もあります、後はいろいろ秘密です」

 

「ゼン王子が、王子じゃなければよかったとは思わないのかい?」

 

9話

「まあ別に隠れる必要はないけどね」

 

「あんたから目離す訳にもいかないし」

 

「木々嬢達だけじゃなく、あんたがいてこその王子だとも思うよ、俺は」

 

「お嬢さんだって充分、かっこつけが標準装備に見えるけどね。動き方が分かんないなら、探しに行けばいいんじゃないの」
「あんたどう見ても、窓辺で憂いてるより行動派でしょ?」

 

「この子は主と同じ、近くに誰かがいないと、1人で突っ走る類の人間だ。それでおそらく、1人でいる時、それを自覚しない」

「あんたが本当に行きたいなら、ラクスドくらい連れてってあげるよ」

 

「あんたら見てると面白そうだって、居座っただけのことだったんだけど……」
「引かれて動く、ね。やっかいなとこに居座っちゃったかね?」

 

「て訳で、おもてに出たのもお嬢さんをおぶったのも、不可抗力ですからね」
「噛みつきそうな目で見てましたよ」

 

11話

「なあお嬢さん。見張り台で主と2人きりになった時さ、ひどく叱られでもした?」
「だよね。そんなことじゃないよね?」

 

「俺が!? やだな、あんたがそうさせたんでしょ、主」

 

「しっかりしろよ、お嬢さん」

 

12話

「主の前でなめたマネするな。あれは見世物じゃないんでね」

 

「姫を守るのは、本当の王子の役目でしょ」
「ホント分かりやすくてさ、かっこいいよね」

 

「あの人、何かズルいですよね、たまに」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

赤髪の白雪姫(2期)

13話

「俺、クラリネス王国第二王子付き伝令役だから、第二王子が仕事くれないと暇なんですよ」

 

「珍しく堂々と嫌ってるな。じゃあ敵だな」

 

14話

「俺の立場やあんたの目的が何であれ関係ない。もし主やお嬢さんにちょっかい出したら、その襟巻き締め上げて山に返してやるよ」

 

「主、勝負しましょう」
「俺が勝ったら、タンバルンへのお嬢さんの付き人、俺にして下さい」

 

「あんたが守れない時は、俺があんたの代わりに守る。俺をお嬢さんの護衛役にしたのは主ですよ」

 

「お嬢さんさ。それ(付き人が)俺にどう決まったのかは聞いたのかい?」
「主が話してないなら内緒」「一番あんたに着いてたいと思ってるのは主だってだけ教えとくよ」

 

「故郷そのものはうれしいか。とはいえ今回は……」

 

15話

「一応聞いとく。ラジ王子とのこと、無理はしてないよね?」

 

16話

「失礼。あの人はダメですよ、姫君」

 

17話

「演技なら大したもんだな」
「解放はしない。俺を連れて行け!」

 

18話

「あんたらから目を離す訳ないだろ!?」

 

20話

「ごめん……俺はお嬢さんの、あんたの護衛を任されたのに、あんな目に合わせた。ごめん」

 

「いくらあんたの言葉でも聞けない。俺は、あんたを守るために来たから」

 

21話

「そんな訳で主。今、木々嬢とお嬢さんも隣で風呂に入っている訳ですが?」
「この状況で他に何を話せっていうんですか、何を!?」

 

「なんだろね? ホント、俺もよく分かんないけどね。あんたらといると、そんなことばっかりだよ」

 

「悪いけど、悪事の片棒だったら担がないよ。今そういうのやる気ないんで」

 

「自分を一部、あの人等のそばに置いているようなもんだ。そこん所はもう、完全に預けちゃったから、自分の意思ではどうしようもない。そういう感覚はある」

 

「(この傷も)あんたがこうやって見てくれたら、跡にならなかったかもな?」
「ちゃんと戻らなくてごめんね。もうしないよ」

 

「(俺のことなんて)分かってたまるか」

 

「まっ、もう二度と会うことも無いでしょう」
「それはね。俺が、主に手綱を預ける前の俺に、興味が無いからだよ」

 

22話

「ミツヒデさん。相手が主だから穏やかなもんですけど、隣に芝居じゃない誰かが、あの距離感で立ってたら、黙って控えてはないんじゃないですか?」

 

「想像力が無いな、旦那は。木々嬢が他の誰かと志を語りあっちゃったり、それこそ背中を預けあっちゃったりする訳ですよ?」

 

24話

「あんたは何か難しく考える前に、主に会えばいいんじゃないのと思うよ」

 

「あんたが行きたい場所があるなら連れてくって、前に言わなかったっけ」

 

「今回は連れてきてあげるよかな。俺の役目だ、待ってな、お嬢さん」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
赤髪の白雪姫 1-22巻セット (コミック)

 

→赤髪の白雪姫
→赤髪の白雪姫(2期)
→赤髪の白雪姫(白雪)
→赤髪の白雪姫(ゼン)
→赤髪の白雪姫(ミツヒデ&木々)
→赤髪の白雪姫(イザナ)
→赤髪の白雪姫(ラジ&サカキ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました