「ワンピース」青キジ・クザンの名言・台詞まとめました

アニメ「ワンピース」青キジ・クザンの名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ワンピース 1-99巻セット (コミック)

ワンピース

226話

「あららら。こりゃいい女になったな、ニコ・ロビン」

 

227話

「おいおい、そうやって人を人を見かけで判断するな」
「俺の海兵としてのモットーは、だらけきった正義だ」

 

「俺がここへ来たのは、ニコ・ロビンと、お前を一目見るためだ。やっぱお前ら、今死んどくか?」

 

「政府はまだまだお前達を軽視しているが、細かく素性をたどれば、骨のある一味だ。少数とはいえ、これだけ曲者が顔をそろえてくると、後々面倒なことになるだろう」

「初頭の手配に至る経緯、これまでにお前達のやってきた所業の数々、その成長の速度。長く無法者どもを相手にしてきたが、末恐ろしく思う」

 

「あらららら、少ししゃべり過ぎたかな。残念、もう少し利口な女だと買いかぶってた」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

228話

「止めとけ。その女は助けねえ方が世のためだ」

 

「(戦うのは)構わねえが、連行する船がねえんで、殺していくぞ」

 

「まいった、ハメられた……一騎打ちを受けちまったからには、この勝負俺の勝ちでそれまで、そういうことか」

「これ以上他の奴等に手を出せば、野暮は俺だもんな。なっ、キャプテン。それとも、本気で俺に勝つ気でいたのか?」

 

「このままここで、お前を砕いちまって、命を断つのは造作もねえが、借りがある。これでクロコダイル討伐の件、チャラにしてもらおうじゃないの」

 

315話

「サウロがお前を生かしたことは、正しかったのか間違いだったのか……これからお前は、その答えを見せてくれるのか?」

「だったら、しっかり生きてみせろ。オハラはまだ、滅んじゃいねえ」

 

475話

「お前の爺さんは恩人だが、仕方ねえよな。男一匹、選んだ死の道」

 

476話

「ノー! バカ言っちゃいけねえよ」

 

619話

「あらら……ちょっとごめんな、あんちゃん」
「そこ、どいてくれるか?」
「そいつさ、俺の、友達なんだよ」

 

620話

「端から、世界政府が全てとは思っちゃいねえよ。海軍に所属しなくても、実行できることはある。所属しねえから、見えてくるもんもある」

 

「俺は俺よ、スモーカー」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

劇場版ワンピース Z

「相変わらず、元気がいいな。俺はお前達を待ってて、のぼぜ気味だぜ」

 

「これか? まあなんだ。ちょっと、やんちゃし過ぎちまったんだよ」

 

「世の中には、聞かない方がいいこともあるって、覚えときな」

 

「この新世界の海の向こうに、ワンピースがあるから海賊が生まれるのか、海賊がいるからワンピースがあるのか? 夢が先か、人が先か?」

「海賊が夢を追えば、温かな幸せや、愛する者を失う人々の涙が流れる時もある。どうすりゃいいのよ、答えなんてあるのかよ? 元海軍大将ゼットは、無理やり答えを出したのよ」

「ワンピースが消えれば、海賊も消える。雑な考え方だよな。俺は、海軍を辞めた身だが、ゼットの行く末を見届けようと思う。しかしその先は、どうすればいいのか分からねえ」

 

「麦わらのルフィ。お前はお前の信念に従って、またゼットにぶつかってゆくんだろ。俺に、お前の答えを見せてくれ、じゃあな」

 

「誰かれ構わずか? 無茶し過ぎなんじゃないの」

 

「俺はこの歌嫌いでしたよ、先生。死んでいく海兵を称える歌なんて、ゾッとしない」

 

「好きだったでしょ、あんた」
「俺も、あんたのマネしてよく飲みましたよ。格好いい男になりたくてね」

 

「泣くな! 男が自分の人生に、一本筋を通して逝ったんだ。格好いいじゃねえか」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ワンピース 1-99巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました