「安達としまむら」の名言まとめました

アニメ「安達としまむら」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

安達としまむら

1話

「やっばい、ドキドキしてる」(島村抱月、しまむら)

 

「その次は、私の考える次と全然かみあわないだよね~」(しまむら)

 

「安達と悪いことを共有するのは適度に楽しい。相手が安達だからハマったのか、それとも単にいけないことをしている感覚に酔っているのか」

「答えはすぐ出るけど、今はぼやかしておこう」(しまむら)

 

「ただ、距離っていうのは、一概に近ければいいというものでもない。近すぎれば反発して、すれ違うことだってある」(しまむら)

 

「人付き合いとは、素潜りだと思う」

「深く深く沈んで、様々なものが周りから無くなって、息苦しくなった後、また海面を目指す。そして、海面に顔を出して、一呼吸したら、再び深く潜っていく」

「そんなことを繰り返していれば……」(しまむら)

 

「今日授業うけよう、と、今日一緒に帰ろう、ならどっちがいい?」(しまむら)

 

「いや、私の家と、方角がだいぶ違うなって。私はこっちだから」(安達桜)
「で、どっちの家から帰る?」

「斬新な質問だね。じゃあ、安達の家からでいいんじゃない」(しまむら)

 

「二人乗りは悪いことなんだぞ~」(しまむら)
「いいじゃん、不良なんだし」(安達)
「それもそうだ。いや~、不良ってお得だね」(しまむら)

 

「学校の外で時間をつぶしてから一緒に帰るって、やっぱり変だ。絶対に変だけど、その提案が何となく面白くて、高揚して」

「私達はどちらも不真面目だからな~。むしろ深みにハマっていく感じだった」(しまむら)

 

「安達について知らないことは山ほど合って。時々それを歯がゆく思う。多少なりとも分かってるのは、自分のことだけだ」(しまむら)

 

「昨日ここでワイワイにぎやかにしていた、日野と永藤を見てつくづく感じた。ああいうのは求めていないと」(しまむら)

 

「かすかな高揚感が私に、翼を与えた」(しまむら)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
安達としまむら Blu-ray 1

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました