「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ヴァイオレットの名言まとめました

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ヴァイオレットの名言をまとめていきます。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

1話

「少佐の瞳があります。少佐の瞳と、同じ色です。これを見た時の、こういうの……何と言うのでしょう?」

 

「アダマンキンで出来た腕です。無骨ですが、頑丈です。まだ不慣れですが、いずれ支障なくなると思われます」

 

「私には、元々親はおりませんので、代わりも不要です」

 

「私は亡くなった子供の代わりには成りえません」

 

「私は少佐の道具です。ですが、不要になったのなら、処分されるべきです。捨てて下さい、どこかに捨てて下さい」

 

「逃げて、自由に生きろと。それから、あ……」

 

「知りたいのです! 『愛してる』を、知りたいのです」

2話

「『愛してる』を、知りたいのです」

「それだけです。特定の感情を表す言葉だと、理解はしているのですが。少佐が、なぜ私に向けて、突然その言葉を口にしたのか……知りたいのです」

「たとえ向いていなくても、私はこの仕事を、続けたいのです」

 

3話

「確かに、卒業が全てではありませんが、人が話している言葉の中から、伝えたい心を、すくい上げられないのでは、ドールの意味が、ありません」

 

「すみません。私はあの方に何を伝えたいのか、自分でも分からないのです。私はまだ、あの方が言ってくださった意味さえも、理解していないのですから」

 

「任務……いえ、課題です。いえ、手紙です。ルクリアからあなた宛の」

 

4話

「それは、本当は分かっていない、という分かっているですね」

 

「悪くはありません。価値のある何かが存在すると、事件や略奪が起こります」

 

「お客様がお望みなら、どこでも駆けつけます。自動手記人形サービス、ヴァイオレット・エヴァーガーデンです」

 

「大したもてなしで無くても、私は問題ありません」

「それに、根拠は判然としないのですが。この景色が、大したもてなしという言葉に、ふさわしい気がします」

 

「少しは理解できるようになったと思っていたのですが、人の気持ちは、とても複雑で繊細で」

「誰もが全ての思いを口にする訳ではなく、裏腹だったり、嘘をつく場合もあり、正確に把握するのは、私にはとても困難なのです」

 

「『愛してる』は、とても勇気のいる言葉なのですね」
「受け入れられないと、そこにいたくなくなるくらいに。
あの時の少佐も、そうだったのでしょうか?」

 

「手紙だと、伝えられるのです。素直に言えない心の内も、伝えられるのです」

5話

「あなたの涙を、止めて差し上げたい」

 

「恋が、実りました」

 

6話

「代筆は、移動に比べれば、さほど疲労することはありません。私達ドールは、いつでもどこでも、お客様がお望みとあらば駆けつけるのが仕事です」

「一年のほとんどは、旅行かばんを手に、あらゆる交通手段で移動します」

 

「私に、与えられた役目だからです」

 

「最初は任務だと思っておりました。ですが、いろいろなお客様の元で、その思いをつむぐ」

「そして、時にこのような古い書物を書いた方の考えを受け取って、それを書き記すというのは、とても特別で、すばらしいことだと思えるようになりました」

 

「もし、生まれや育ちで会話をする相手が限られるのでしたら、私には関わらない方がよいかと思います」

 

「いいえ。事実を言っているだけです」

 

「私は、無表情だとよく言われます。こういう顔です。少し、似ていますね」

 

「習性です。食べている時と寝ている時というのは、無防備です。敵への反応が遅れます」
「私は昔、軍人でしたので」

 

「淋しい、というのがどんな気持ちなのか、私には理解できないのです。どういう気持ちなのかは分かっても、それが自分に生じているのかは分かりません」

 

「その問いには選択肢が無く、旦那さまにどう謝罪しようかと」

「私にとってあの方の存在は、まるで世界そのもので、それが無くなるくらいなら、私が死んだ方がいいのです」

 

7話

「大切な人と、別れるということは、二度と、会えないということは、こんなにも淋しく、こんなにも、つらいことなのですね」

 

「ごらんになられましたか? 3歩は歩いていたと思います」

 

8話

「いいえ。これが一番、美しいでした。言葉が分からなかったので、言ったことはありませんが、少佐の瞳は、出会った時から、美しいです」

 

9話

「出来ません! 少佐を連れて逃げます!」
「逃げません! 少佐が残るのならば、ここで戦います! 逃げると言うなら、少佐を連れて逃げます!」

 

「絶対……絶対、少佐を死なせません!」

 

「あ・い……愛ってなんですか? 愛って、なんですか!? 分かり、ません! 私、分かりません!! 少佐……」

 

「どこに、行くのですか? 私は、少佐のいらっしゃる所にしか行けません」

 

「私は……ホッジンズ社長がおっしゃった通り、燃えているのです。自分がしてきたことで」

 

「少佐……少佐、私は、どうしたら? 命令を……命令を下さい……」

 

「それは、私が生まれて初めてもらった手紙です。手紙をもらう、というのは、とても、うれしいことなのだと分かりました」

 

「いいのでしょうか? 私は、自動手記人形でいて、いいのでしょうか?」
「生きて……生きていて、いいのでしょうか?」

10話

「関係ありません」「何も、どうにもならないことなのです」

「私の腕が、あなたの腕のように、柔らかい肌にはならないのと同じくらい、どうしようもないことなのです」

 

「人には届けたい想いがあるのです」
「届かなくていい手紙なんて、無いのですよ、お嬢様」

 

「私……私、お屋敷では、泣くのを我慢してました」

 

11話

「けれど、そんな所だからこそ、兵士には、誰かに伝えたい思いがあるのではないでしょうか?」

 

「旦那様のその想いを、私が、手紙にします」

 

「もう、大丈夫ですよ、旦那様。手紙は、必ずお届けいたします」

 

12話

「誰も、殺しません。武器はいりません!」

 

「もう誰も殺したくないのです。少佐の命令は生きろであって、殺せではありません!」

 

「少佐は、それでも、生きろと、おっしゃたのです。守りたかった。私も、守りたかったんです!」

 

13話

「命令は私の全てです!」

 

「嘘ではありません。自分でも、分からないのです。私は、少佐の命令を聞いていたいのです。少佐の命令があれば、どこにでも行けるのです」

「それだけなのです……」

 

「心は、あるのです。あったのです、あの時も。ですが、分からないのです」

 

「もう、命令は要りません」

 

「たくさんの人の想いが、空から降ってきます」

 

「そして、また会えたら、こう伝えたいのです。私は、今、愛してるも……少しは分かるのです」

 

スペシャル

「お客様の依頼内容が、高度すぎるのです」

 

「はい。たくさんの武器をいただきました」

 

「私は、愛を知らないのに、愛を言葉に出来るのでしょうか?」

 

「みなさん、ご自分の愛してるを、手紙に込めているのですね」

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝

「訓練はしなくてはなりません。これは必須項目です」

 

「会いたい方はおりますが……会うことは、出来ませんので」

 

「どの手紙にも、様々な『愛してる』がありました。手紙だと、届けられるのです。普段言えない心の内も」

 

「いいえ、イザベラ様は、私に、初めての友達をくださいました。それに、手をつなぐと、心が、温かくなることも、教えてくださいました」

「テイラー様にも、イザベラ様はたくさんのことを、お与えになったと思います」

 

「手紙なら、イザベラ様の想いを、どこにでも届けることが出来るのです」

 

「いただけません」
「自分でもよく分からないのですが……受け取りたく、ないのです」

 

「大事なものがあるのは……とても、うれしい、ですね」

 

「想いが、どうか……届きますように」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]

 

→ヴァイオレット・エヴァーガーデン
→ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝
→ヴァイエヴァ(ギルベルト)
→ヴァイエヴァ(クラウディア)
→ヴァイエヴァ(カトレア&エリカ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました