「幼女戦記」ターニャ・デグレチャフの名言まとめました

アニメ「幼女戦記」ターニャ・デグレチャフの名言をまとめていきます。

幼女戦記

1話 ラインの悪魔

「無駄口を叩く暇があったら、生き残るために最善を尽くせ!」
我々は軍人だ。上がやれと言うのであれば、完遂するのみ!」

 

「我軍に命令違反をする士官候補生は必要ない」
軍隊とは組織、組織に必要なのは規則。以上だ!」

 

「とは言え、新人を早々に失っては今後の昇進に響くか?」
まったく、サラリーマンもつらいものだな!」

 

2話 プロローグ

「戦争という非生産的な行為は憎むべきものであり、殺すのも殺されるのも大嫌いだ。しかし、軍隊というレールに乗りさえすれば、将来は約束されるのだ」

 

「他に道はない。それだけです!」

 

「存在Xに復讐する意味でも。安全な後方で、順風満帆な人生を送ってやる!」

 

「蛆虫どもに期待などしておらん。だが、少なくとも絶望はさせるな!」

 

「私にいかなる印象を抱こうとも自由だが、上官への反抗には厳罰を持って処すべきだな」

 

軍人としての役割を果たしているだけです。部下の統制は士官の義務ですから!」

 

「だが、そこで思い知らされる。いつの世にも想定外の出来事が、起こりうると」

 

「了解。せいぜいあがいて見せましょう」
神……神だと!? 私は神の存在など認めない!」

 

「たった1人で戦場の主役とは、なんたる光栄! 死ぬにはいいと言うが、まったく最高に愉快!」

 

「表向きは奮闘しつつ、自然な形で戦場を離脱。これが、生存と保身を優先させる、最善の方法……のはずだった」

3話 神がそれを望まれる

「ああ、実にワンダフル! すばらしきかな、安全な後方勤務」

 

「天才とマッドは紙一重と言うが、対話すら成立しないとは!」

 

「不都合を生じる可能性があるのもは、いつか必ず不都合を生じます。有名な法則でしょう」

 

「奇跡など、観測と体系化が不十分ゆえの錯覚。言うなれば、素晴らしき勘違いです!」

 

「悪質すぎるマッチポンプ。どこまで、クソッタレなんだ!」

 

「これは確かに性能だけ見れば素晴らしい。素晴らしいが、呪われている!」

 

「最前線に呪われた宝珠とは。存在Xに災いあれ!」

 

4話 キャンパス・ライフ

「あの存在Xを撃ち殺す好機が、いつ訪れるかもしれん。好機への備えは怠るべきではないし、怠ることなど不可能!」

 

「しまった! 大変まずい! 実にまずい! うかつな口を撃ち抜きたい!」

 

「精神的に無防備になった相手を説得すべき。そう主張したファシストは悪魔的天才だな!」

 

「どう見てもブラックな求人広告。こんな地獄の片道ツアーに、なぜ応募する?」

 

5話 はじまりの大隊

「優秀すぎる副官も問題だな。こんなことならライン戦線に残しておけば良かった!」

 

「あっと言う間の36時間だったな。優秀の諸君のことだ、まだまだ遊び足りないだろ!?」

 

「さて大隊諸君、戦争だ! いや、戦争のような代物の始まりだ」
ではジェントルマン諸君、スポーツの時間だ!」

 

「あれに撃墜される魔道士がいれば、敵より先に私が殺してやる!」

 

「さらに前へ、もっと前へ。ものは試しだ、いける所まで行こうではないか。我々ならば前へ進める」

 

「ダキアには足を向けて寝れんな。実弾演習に協力してもらったばかりか、訓練後の花火まで用意してくれるとは」

スポンサーリンク

(ネトフリ・dアニメもテレビ視聴可)

6話 狂気の幕開け

「ふん! 有能な指揮官ぶりをアピールするのも難しいものだな」

 

「少尉、隊を率いて迎撃しろ。悪いが、私はあれを独り占めだ」
実は空軍でもエースになりたいと思っていた所でな」

 

「お相手は鈍重な鉄の塊。ダンスを踊れるとは思えんな」

 

「こんにちは。そして、さようなら」

 

7話 フィヨルドの攻防

「しかし攻勢に出た所で物資が枯渇し、ほどなく攻勢限界に直面します。物資と兵員を浪費し、敵を喜ばせる義理もありません」

 

「失礼しました。西方では友軍が泥をすすって飢えに苦しんでおりましたが、ここ北方の司令部はずいぶんと恵まれているようでしたので、つい」

 

「気乗りはしないが、部下がやられて敵に頭を抑えられるよりはマシだ」

 

「オーバーワークもはなはだしいが、契約が違うと飛び去る訳にもいかんしな」

 

8話 火の試練

「なるほど。我々は行くも地獄、退くも地獄というわけですか」

 

「貴様1人抜けた所で問題は無い! 足手まといになるくらいなら、被弾した連中をまとめて帰還しろ!」

 

「貴様は考えすぎるのだ。躊躇したのだろ、この大馬鹿者め! 帰ったら、覚悟しておけ!」

 

「逃した敵は、また銃を取るのだ。我々を撃つためにな」

 

「これは上からの命令だ。敵は撃たねば撃たれるのだ! 少なくとも、撃つなと言われるまでは撃たねばならん!」

 

9話 前進準備

「ええ、天の災いです。片道切符で地獄行きの代物ですよ」

 

「やるしか無い! やるしか無いのであれば、成功させねばならない!」

 

「番犬は優秀であるということを教えてやれ!」

 

「安全な後方で出世するはずが、どうして!!」

「全ては、全ては存在Xのせいだ。あのクソッタレに市場原理を叩き込むまでは、何があろうと死ぬわけにはいかない! 生きて絶対に……絶対に、終わらせる!」

 

10話 勝利への道

「分かっているとは思うが、帰るまでが遠足だ! 勝利の宴に参加しない内にヴァルハラへの抜け駆けは、許さんぞ!」

 

「平和さえ戻ってくれば、全ては日常によって置換されるはず。だからもう少し、もう少しの辛抱だ。この一撃で、後わずかで、戦争を終わらせられる!」

 

11話 抵抗者

「捕捉された以上は追撃される。ケツをほられるよりはマシだ!」

 

「勝ち戦のはずが、何とも情けないな」

 

「それに、停戦など一時的なもの。まだ戦争は続いております」

「どうか出撃を! 今しか無いのです! このわずかな時間で、帝国が世界の全てを手に入れるか、その全てを失うかが決まるのです!」

 

「我々は……我々は戦争を終わらせる機会を、逃したんだぞ」

 

12話 勝利の使い方

「帝国の勝利と栄光も、この瞬間だけは本物なのかもしれません」

勝利。それは何とも魅惑的であります。誰もがその美酒を口にしたいと思うのは当然です。しかし、なぜ参謀本部は、その勝利を活用なさらないのでしょう」

 

「失礼ながら、我らが参謀本部は、勝利の仕方を知っていても、勝利の使い方はご存知ないように思われましたので」

 

「参謀本部の皆様は、あまりに合理的すぎるのです。ゆえに、完全に見落としておられるのです。人間という存在が、合理性だけでは動かない、おろかな生き物であるということを」

 

「いかに近代化が進もうとも、いかに社会規範が浸透しようとも、人間は時として合理性よりも、感情を優先するおろかな存在であるということを」

憎悪にとらわれた人間は、打算も、合理性も、損得さえ抜きに、どこまでもあらがい続けます」

 

「だからこそ小官は申し上げずにはいられないのです。我々は、かりそめの勝利になぞ酔いしれるべきではない。憎悪の火は全て、消し去らねばならないと」

 

「かくして、なんたる矛盾だろうか? 皮肉なことに平和への願いによって、戦争は静まるどころか、激化の一途をたどっていく」

劇場版 幼女戦記

「雑魚など知るか! なめくさった敵司令部を叩き潰す!」

 

「数的劣勢を考慮しろ。単なる主軍援護など破滅の先延ばしだ」
「ならば、基盤をひっくり返す。ゲームのルールを変えてやる!」

 

「本国から逃げ出した負け犬共が。鎧袖一触にしてやる!」

 

「毎回これに頼らざるをえないとは。クソッタレの存在Xめ!」
「だが今は、生き残るのが先決。必要が、必要であるがゆえに!」

 

「あまりにも迂闊。あの時、嘘でも部隊の損耗が激しいと言っておけば……」

 

「正直、戦争なんて大嫌いだ。人間同士の殺し合いなど、人類史上最悪の営みだとすら思う。資源と人的資本の浪費に他ならない」

「だが、相手はコミーだ。個人の自由を侵害する全体主義者だ。コミーと共には天を仰げない。安全な後方で順風満帆な人生を送るためにも、銃を取らねばなるまい」

 

「もちろん。陽動だからこそ、本気で敵首都を狙っていく」

 

「生存と保身、そしてコミーへの嫌がらせ。まさに一石三鳥の素晴らしい案だ。実にいい、大変喜ばしい」

 

「本作戦の目的は、適度に破壊し、適度に馬鹿にすることだ。無理せず部隊を転進させたまえ」

 

「覚えておくことだな。額面戦力よりも中身だ」

「共産主義者は党の正しさを前提とする。軍事的合理性よりも政治が優先だ。逆らえば粛清だろうよ。そんな軍隊、軍隊だとでも?」

 

「はは、人助けか……」

 

「私は何よりも自由を愛する。自由を獲得し、自由を養護し、自由を守り抜く。断じて退く訳にはいかない」
「必ずや勝利を! しからずんば死を! 我らこそが、祖国の門番だ!」

 

「クソ! 何だこの戦いは!? コミーめ、人的資源を何だと思っている!?」

 

「戦争に個人的な感情だと!? 馬鹿馬鹿しいにも程がある!」

 

「私としたことが……これでは似たようなものか」

 

「仕事だ、感情は抜きだ。理性に基づく自由意思において、殺そう」

 

「獣め、とても付き合ってられん。さよならだ」

 

「かつて存在Xは言った。私を過酷な状況に放り込むと。その言葉通り、平穏な日常はどこまでも遠い」

「もはや泥沼の戦いに終わりは見えない。どこまでも拡大していく大戦争、それが、与えられた運命なのだとすれば……」

 

「閣下。その戦いの先には、一体なにがあるのでしょう?」

 

「戦争とて政治です、外交手段の一つです。よって、戦いを適切に終わらせることが出来なければ、その先に待つのは、次なる戦争のための単なる準備期間」

「新たな愚行の始まりかもしれません」

 

「栄光のさなか、背後の一月で全てを失うこともある世の中です」

「閣下のおっしゃる通り、まずもって勝利が全て。しかし、正しく勝たねばなりません。でなければ、いずれ歴史に笑われます。戦争は、どう勝つかが重要なのです」

 

「神の突きつける過酷な運命とやらに従う通りなど、無い! 唯々諾々と神に救いを求めるなんてありえん!」

「配られたカードを活用して己の未来をつかみとる! それが人間の特権だ! 人間の条件なのだ!」

「残念だったな~、存在X」

 

「どうしてだ……どうしてこうなったぁぁぁーーー!!!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
幼女戦記3巻セット[Blu-ray]
劇場版 幼女戦記 [Blu-ray]

 

→幼女戦記
→劇場版 幼女戦記
→この素晴らしい世界に祝福を!
→慎重勇者
→転生したらスライムだった件
→盾の勇者の成り上がり
→Re:ゼロから始める異世界生活
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました