「涼宮ハルヒの憂鬱」の名言まとめました

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の名言をまとめていきます。

涼宮ハルヒの憂鬱

1話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅰ

「ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人・未来人・異世界人・超能力者がいたら、あたしの所に来なさい、以上!」(涼宮ハルヒ)

 

「あんた宇宙人なの?」「違うけど何なの?」
「だったら話しかけないで。時間の無駄だから」(ハルヒ)

 

「あたし思うんだけど、曜日によって感じるイメージって、それぞれ異なる気がするのよね」(ハルヒ)

 

「何であんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ」
「何を聞いたか知らないけど、まあいいわ。たぶん全部本当だから」(ハルヒ)

 

「そっちの方が、面白いじゃない!」(ハルヒ)

 

「無いんだったら、自分で創ればいいのよ」「部活よ!」(ハルヒ)

2話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅱ

「やっぱり、謎の転校生は押さえておきたいと思うわよね」(ハルヒ)

 

「恐らく、これがこの時間平面上の必然なのでしょうね」(朝比奈みくる)

 

「涼宮ハルヒと私は、普通の人間じゃない」
「この銀河を統括する、情報統合思念体によって創られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース、それが私」
「通俗的な用語を使用すると、宇宙人に該当する存在」(長門有希)

 

3話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅲ

「涼宮ハルヒは自立進化の可能性を秘めている。おそらく彼女には、自分の都合のいいように周囲の環境情報を操作する力がある」
「それが私がここにいる理由。あなたがここにいる理由」(有希)

 

「彼女はあなたがもたらした情報を重視したりしない」(有希)

 

「果報は寝て待て、昔の人は言いました。でも、もうそんな時代じゃないのです。地面を掘り起こしてでも、果報は探し出すものなのです。だから、探しに行きましょう!」
「この世の不思議をよ!」(ハルヒ)

 

「信じてもらえないかもしれないけど、あたしはこの時代の人間ではありません。もっと未来から来ました」(みくる)

 

「禁則事項です」(みくる)

 

「人間はそのような存在のことを、神と定義しています」(古泉一樹)

 

4話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅳ

「恋愛感情なんてのはね、一時の気の迷いよ。精神病の一種なのよ!」(ハルヒ)

 

「さっきの出来事は、本気のヤバさとは何かを俺に実感させてくれた」(キョン)

 

「言語では概念を説明できないし、理解も出来ない」(有希)

 

5話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅴ

「あんたさ。自分がこの地球でどれほどちっぽけな存在なのか、自覚したことある?」(ハルヒ)

 

「考えてたら思いついたわ。面白いことは待っててもやってこないんだってね」(ハルヒ)

 

6話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅵ

「とうとう涼宮さんは、現実世界に愛想を尽かして、新しい世界を創造することに決めたようです。つまり、世界崩壊の危機ですね」(古泉)

 

「不思議なんだけど、何とかなりそうな気がするのよ。どうしてだろう、今ちょっと楽しいな!」(ハルヒ)

 

「こんな状態に置かれて発見したよ。俺はなんだかんだいって、今までの暮らしが結構好きだったんだな」(キョン)

 

「お前は知らないだろうけど、世界はお前を中心に動いていたと言ってもいい」
「お前が知らないだけで、世界は確実に面白い方向に進んでいたんだよ」(キョン)

 

7話 涼宮ハルヒの退屈

「こいつがこんないい顔で笑い出すと、なぜか俺が疲れるからくりになっているからである」(キョン)

 

「我々の存在を天下に知らしめるチャンスだわ!」(ハルヒ)

 

「出来なくはない。ただし推奨は出来ない」(有希)

 

「どうやら、涼宮さんを暇にさせていてはダメのようですね」(古泉)

スポンサーリンク

8話  笹の葉ラプソディ

「いつもながらしなくていいことばかり考えつく奴だ。あいつの考える一般常識は一体どこの宇宙の常識だ?」(キョン)

 

「16年か……長いな」(ハルヒ)

 

「しおらしくしているこいつは、それはそれで相当に不気味だ。今静かにしている分、反動が怖い」(キョン)

 

「お願いです! 今は何も聞かずに『うん』って言って下さい」
「でないと私……私、困ります」(みくる)

 

「形は必要ではない。同一の情報が行き来できれば十分」(有希)

 

9話 ミステリックサイン

「あたしは団長なの。団長は命令するのが仕事なのよ」(ハルヒ)

 

「誰かがSOS団にサイバーテロを仕掛けてるんじゃないかしら。一体それは誰? 見つけたら裁判なしで、30日間の社会奉仕活動を宣告するわ」(ハルヒ)

 

「出来るわよ。きっとあの部長は、2ヶ月遅れの五月病で閉じこもってるんだわ。部屋に乗り込んで、2・3発ぶん殴って引きずり出せばいいだけの話よ」(ハルヒ)

 

10話 孤島症候群(前編)

「行くわよ、孤島! きっとそこには面白いことが待ち受けているに決まってるの!」
「あたしの役割も、もう決まってるんだからね!」(ハルヒ)

 

「彼女はなってみたいんですよ、名探偵に」(古泉)

 

「いい。団長が起きてるのに下っ端がグーグー寝てるなんて、モラルと規律と団則に違反するんだからね!」(ハルヒ)

 

「怪しくないのが逆に怪しいわ」(ハルヒ)

 

11話 孤島症候群(後編)

「涼宮さんに変なことを思いつかせないためには、予め事件を提供するのが、最善だと考えたんです」(古泉)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
涼宮ハルヒの憂鬱 コンプリートBOX [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました