「涼宮ハルヒの憂鬱」の名言まとめました

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の名言をまとめていきます。

涼宮ハルヒの憂鬱

1話

「ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人・未来人・異世界人・超能力者がいたら、あたしの所に来なさい、以上!」(涼宮ハルヒ)

 

「あんた宇宙人なの?」「違うけど何なの?」
「だったら話しかけないで。時間の無駄だから」(ハルヒ)

 

「あたし思うんだけど、曜日によって感じるイメージって、それぞれ異なる気がするのよね」(ハルヒ)

 

「何であんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ」
「何を聞いたか知らないけど、まあいいわ。たぶん全部本当だから」(ハルヒ)

 

「そっちの方が、面白いじゃない!」(ハルヒ)

 

「無いんだったら、自分で創ればいいのよ」
「部活よ!」(ハルヒ)

2話

「やっぱり、謎の転校生は押さえておきたいと思うわよね」(ハルヒ)

 

「恐らく、これがこの時間平面上の必然なのでしょうね」(朝比奈みくる)

 

「涼宮ハルヒと私は、普通の人間じゃない」
「この銀河を統括する、情報統合思念体によって創られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース、それが私」

「通俗的な用語を使用すると、宇宙人に該当する存在」(長門有希)

 

3話

「涼宮ハルヒは自立進化の可能性を秘めている。おそらく彼女には、自分の都合のいいように周囲の環境情報を操作する力がある」

「それが私がここにいる理由。あなたがここにいる理由」(有希)

 

「彼女はあなたがもたらした情報を重視したりしない」(有希)

 

「果報は寝て待て、昔の人は言いました。でも、もうそんな時代じゃないのです。地面を掘り起こしてでも、果報は探し出すものなのです。だから、探しに行きましょう!」

「この世の不思議をよ!」(ハルヒ)

 

「信じてもらえないかもしれないけど、あたしはこの時代の人間ではありません。もっと未来から来ました」(みくる)

 

「禁則事項です」(みくる)

 

「人間はそのような存在のことを、神と定義しています」(古泉一樹)

 

4話

「恋愛感情なんてのはね、一時の気の迷いよ。精神病の一種なのよ!」(ハルヒ)

 

「さっきの出来事は、本気のヤバさとは何かを俺に実感させてくれた」(キョン)

 

「言語では概念を説明できないし、理解も出来ない」(有希)

5話

「あんたさ。自分がこの地球でどれほどちっぽけな存在なのか、自覚したことある?」(ハルヒ)

 

「考えてたら思いついたわ。面白いことは待っててもやってこないんだってね」(ハルヒ)

 

6話

「とうとう涼宮さんは、現実世界に愛想を尽かして、新しい世界を創造することに決めたようです。つまり、世界崩壊の危機ですね」(古泉)

 

「不思議なんだけど、何とかなりそうな気がするのよ。どうしてだろう、今ちょっと楽しいな!」(ハルヒ)

 

「こんな状態に置かれて発見したよ。俺はなんだかんだいって、今までの暮らしが結構好きだったんだな」(キョン)

 

「お前は知らないだろうけど、世界はお前を中心に動いていたと言ってもいい」
「お前が知らないだけで、世界は確実に面白い方向に進んでいたんだよ」(キョン)

 

7話

「こいつがこんないい顔で笑い出すと、なぜか俺が疲れるからくりになっているからである」(キョン)

 

「我々の存在を天下に知らしめるチャンスだわ!」(ハルヒ)

 

「出来なくはない。ただし推奨は出来ない」(有希)

 

「どうやら、涼宮さんを暇にさせていてはダメのようですね」(古泉)

 

8話

「いつもながらしなくていいことばかり考えつく奴だ。あいつの考える一般常識は一体どこの宇宙の常識だ?」(キョン)

 

「16年か……長いな」(ハルヒ)

 

「しおらしくしているこいつは、それはそれで相当に不気味だ。今静かにしている分、反動が怖い」(キョン)

 

「お願いです! 今は何も聞かずに『うん』って言って下さい」
「でないと私……私、困ります」(みくる)

 

「形は必要ではない。同一の情報が行き来できれば十分」(有希)

 

9話

「あたしは団長なの。団長は命令するのが仕事なのよ」(ハルヒ)

 

「誰かがSOS団にサイバーテロを仕掛けてるんじゃないかしら。一体それは誰? 見つけたら裁判なしで、30日間の社会奉仕活動を宣告するわ」(ハルヒ)

 

「出来るわよ。きっとあの部長は、2ヶ月遅れの五月病で閉じこもってるんだわ。部屋に乗り込んで、2・3発ぶん殴って引きずり出せばいいだけの話よ」(ハルヒ)

 

10話

「行くわよ、孤島! きっとそこには面白いことが待ち受けているに決まってるの!」
「あたしの役割も、もう決まってるんだからね!」(ハルヒ)

 

「彼女はなってみたいんですよ、名探偵に」(古泉)

 

「いい。団長が起きてるのに下っ端がグーグー寝てるなんて、モラルと規律と団則に違反するんだからね!」(ハルヒ)

 

「怪しくないのが逆に怪しいわ」(ハルヒ)

 

11話

「涼宮さんに変なことを思いつかせないためには、予め事件を提供するのが、最善だと考えたんです」(古泉)

 

12話

「夏は夏らしく、夏じみたことをしないといけないの!」(ハルヒ)

 

「あんな面倒なものは先にチャッチャと終わらせて、後顧の憂いなく遊び倒すの。それが、夏休みの正しい楽しみかたよ!」(ハルヒ)

 

13話

「何かおかしい? 何となくそんな気がした……」(キョン)

 

「つまり、こういうことです。我々は同じ時間を延々とループしているのですよ」(古泉)
「そんな非現実的なことを明るく言われてもな」(キョン)

 

「私の役目は観測だから」(有希)

 

19話

「俺の課題は、まだ終わってねえ!」(キョン)

 

「あたしも行くからね!!!」(ハルヒ)

20話

「文化祭なのよ文化祭。一年間でもっとも大事なスーパーイベントじゃないの!」(ハルヒ)

 

「そこのバカ。あたしは冗談なんか言ってないわよ。いつも本気なんだからね!」(ハルヒ)

 

「別にいいじゃないの。問題はいつ何を聞いたかじゃなくて、今なにをするかなのよ」
「というより、これから何をするのか考えないといけないのよ!」(ハルヒ)

 

21話

「世界の心配をするより、あなたは自分のことをもっと注意して見るべきですね」(古泉)

 

「やっぱり商品の紹介にはバニーよね!」(ハルヒ)

 

「おもしろければ、何だってOKよ!」(ハルヒ)

 

「栄光を勝ち取るには、まず精神論よ!」(ハルヒ)

 

22話

「いい、みくるちゃん。いくらかわいいからって、そんだけで安心してちゃダメよ。かわいいだけの女の子なんて、他にもくさるほどいるのよ」(ハルヒ)

 

「熱線ではない。フォトンレーザー」(有希)

 

23話

「俺の双肩に世界は重すぎるな」(キョン)

 

「俺は今、猛烈に理性を試されている!? 朝比奈さん、その姿は犯罪です!」(キョン)

 

24話

「古泉一樹の言葉が、真実であるという保証はどこにも無い」(有希)

 

「あたしがどんな真実を告げようと、あなたが確証を得ることは出来ない」(有希)

 

「もちろん出来てるわよ! 血と汗と涙の、長編スペクタクルがね!」(ハルヒ)

 

26話

「それはな、お前が人から感謝されることに、慣れていないからなのさ」(キョン)

 

27話

「私だって、ビームやミサイルをピコピコ撃ち合ったりしたいのよ!」(ハルヒ)

 

「最近、この理不尽空間に普通に馴染んできてる自分に感心してな。そろそろ誰かが褒めてくれてもよさそうなものだ」(キョン)

 

「キョン。勝負事なんていうのはね、言い出したその時から勝負なの。敗者が何を言おうとそれは言い訳よ!」(ハルヒ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
涼宮ハルヒの憂鬱 コンプリートBOX [Blu-ray]

 

→涼宮ハルヒの憂鬱(涼宮ハルヒ)
→涼宮ハルヒの憂鬱(長門有希)
→赤髪の白雪姫
→暗殺教室
→色づく世界の明日から
→冴えない彼女の育てかた
→青春ブタ野郎はバニーガール先輩の
→宇宙よりも遠い場所
→とある魔術の禁書目録
→とある科学の超電磁砲
→とある科学の一方通行
→泣きたい私は猫をかぶる
→氷菓
→秒速5センチメートル
→フルーツバスケット
→魔法科高校の劣等生
→やがて君になる
→やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
→ようこそ実力至上主義の教室へ
→ReLIFE
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました