「BLEACH(ブリーチ) 死神代行篇」の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH 死神代行篇」の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 死神代行篇

1話

「二度とやってみやがれ! てめえらにも花を供えなきゃなんねえようにしてやるぜぇ!」(黒崎一護)

 

「(幽霊が)見えようが何しようが信じてなけりゃいないのと同じ」(黒崎夏梨)

 

「『近い』じゃねえ、ボケ!」
「人をビビらせたあげく無視かよ! てめえは誰だって聞いてんだよ!」(一護)

 

「き…貴様、私の姿が見えるのか? ていうか、今蹴り…」
「妙だな。普通、私の姿を見ることなど出来んはずなのに」
「では教えてやろう。私は、死神だ」(朽木ルキア)

 

「貴様、幽霊が見えるくせに、死神の存在は信じぬというのか?」(ルキア)
「当たりめえだ。あいにく今まで死神は1回も見たことがねえんだ。見えないもんは信じない主義なんでね」(一護)

 

「私はこう見えても貴様の10倍近く生きておるのだ。それをクソガキだと?」
「本来なら消してやりたいが、一応指令外の人間に手をかけてはならぬことになっているのでな。感謝しろ、クソガキ!」(ルキア)

 

「臆するな。おぬしの向かう先は地獄ではない、尸魂界(ソウル・ソサエティ)だ」
「地獄と違って気安い所ぞ」(ルキア)

 

「よう。お前、俺の魂が欲しいんだろ?」
「だったら俺とサシで勝負しろ!」(一護)

 

「この、たわけが…」
「貴様の力で敵わんことは、先刻承知のはず…」
「それとも、自分の魂さえくれてやれば、全て済むとでも思っているのか?」
「このままでは全員、奴の餌になるのを待つだけだ」(ルキア)

 

「家族を、助けたいか?」
「(方法は)1つだけ、ある…貴様が、死神になれ」(ルキア)

 

「死神ではない。朽木ルキアだ」(ルキア)
「俺は…黒崎一護だ」(一護)

 

「うちの連中に手ぇ上げた罪を思い知れ」(一護)

 

2話

「たわけ。あそこ(ソウル・ソサエティ)へ帰れるのは死神だけだ。今の私にその術はない」
「昨夜、私の死神としての力は、ほとんど貴様に奪われてしまったのだ」(ルキア)

 

「甘ったれるな!」
「死神とは、全ての霊魂に平等でなければならぬ。手の届く所、目に見える所だけ救いたいなど、都合よくはいかんのだ」

「助けるな! 今あの子を助けるなら、他の全ての霊を助けるという覚悟を決めろ!」(ルキア)

 

「俺はこいつを助けたいから助けたんだよ」
「体を張る時ってのは、そんなんじゃねえだろ! 少なくとも、俺は…違う!」(一護)

 

「(車にひかれた?) あっ、うん、たぶん」
「うん。ちょこんって当たっただけだから、もう復活、復活!」(井上織姫)

 

「背後からの一撃で頭を割る。それが虚(ホロウ)退治のセオリーだ。忘れるでないぞ」
「戦いのダメージを減らすため。そして、ホロウの正体を決して見ぬようにするためだ」(ルキア)

 

「見たのだろう? 貴様も」
「ホロウとは、全て元は普通の人間の魂だったものだ」(ルキア)

 

「そうだ。今はもう化け物だ、倒さねばならない」(ルキア)

 

3話

「忘れるなよ。奴が井上の兄だったとしても、今は化け物だ。人間としての心など持っておらん。あやまたず、斬れ!」(ルキア)

 

「てめえな…兄貴ってのが、どうして一番最初に生まれてくるか知ってんのか?」
後から生まれてくる妹や弟を守るためだろうが」

「それを兄貴が妹に向かって『殺してやる』だなんて…死んでも言うんじゃねえ!」(一護)

 

「ふざけんな! 井上は井上だ! 誰のもんでも、ねえ!」(一護)

 

「ごめんね…お兄ちゃん。私のせいだ。私があの時、1人にしないでって言ったから」
「だから、行けなかったんだよね…天国に」(織姫)

 

「でも私…いつまでも甘えてちゃお兄ちゃんゆっくり眠れないから、だから見せたかったの」
「私は幸せです、心配しないでねってことを」(織姫)

 

「案ずるな! ホロウを斬るということは、殺すということではない」
「罪を洗い流して、魂の故郷、ソウル・ソサエティへ行けるようにしてやることだ」

「そして、そのために我ら死神がいるのだ」(ルキア)

 

「だから、ちゃんと言わせて。お兄ちゃん、いってらっしゃい」(織姫)

 

「まだ、覚悟なんて大層なもんは持ってねえ」
「俺は他人のために命を張るなんて約束できるほど、立派な人間じゃねえからな」
「けど…目の前で人が傷つくのを黙って見てられるほど、クズでもねえ」

「手伝わせてもらうぜ、死神の仕事ってやつをよ」(一護)

 

4話

「大丈夫、なんともない。俺は頑丈なだけが取り柄だから」(茶渡泰虎)

 

「たわけ。私が貴様に心配されるようなヘマをするわけがなかろう」(ルキア)

 

5話

「ホントに…これでいくのか?」
「なんというか…すごい頭が悪そうだ」(茶渡)

 

「私の心配など不要だ。ヘマはせぬと…約束した!」(ルキア)

 

「諦めたのではない」
「逃げる必要がなくなったのだ」(ルキア)

 

「反撃してきてもいいと言ったな?」
「ならばその言葉に、甘えさせてもらうぞ」(ルキア)

 

「斬魄刀で洗い流せるのは、死んでからの罪だけ。生前に大きな罪を犯したホロウには、地獄の門が開かれる」(ルキア)

6話

「健全な女子高生たるもの、学校にはお弁当食べに来てるようなもんですぞ」(織姫)

 

「納得するしないの問題ではない」
「改造魂魄(モッドソウル)は、廃棄しなければならぬ。これはソウル・ソサエティの掟なのだ」

「そして忘れるな。ソウル・ソサエティの掟というのは、貴様ら人間の魂を守るために定められているのだ」(ルキア)

 

7話

「僕ら仲間じゃないの」
「安心して。僕がぜーんぶなんとかするから」(浦原喜助)

 

「悪いかよ、助けねえとやられちまうだろ。俺は、誰も殺さねえんだ」(モッドソウル、通称:コン)

 

「どうして俺の命が他人に決められちまうのか?」
「どうしてだよ…どうして自分じゃ決められねえんだよ。生きるのだって、死ぬのだって、そいつだけのもんだろうが!」(コン)

 

「心配するな。最近は面倒にも慣れた」(ルキア)

 

「もし…もし私が雨だったなら…それが、永遠に交わることのない空と大地をつなぎ止めるように、誰かの心をつなぎ止めることが出来ただろうか?」(織姫)

 

8話

「いきなり斬りかかるような奴に、教えるかよ」(一護)

 

「今は私の問題はいい。貴様の家族を助けるのが先だ」(ルキア)

 

「だから待つ」
「いつか貴様が話したくなった時、話してくれ。それまで待つよ」(ルキア)

 

9話

「死神ってのはな、何があろうとホロウと戦い続けんだよ。死神はホロウを絶対許さねえ」
「無差別に襲いかかってくるホロウによって、大切なもんが失われ、虚しい思いだけが残される。そんなこと許さねえ」(西堂榮吉郎)

 

「うるせえ! 頼む。手ぇ出さないでくれ。これは…俺の戦いだ」(一護)

 

「守るって決めたんだ。俺がこいつを…倒すんだよ」(一護)

 

「誇りはどうなる?」
「お前が今力を貸せば、なるほど奴の命は救われるだろう。だが、それは同時に奴の誇りを永遠に殺すことになる」

「いいか、よく覚えておけ。戦いには2つある」
「命を守るための戦いと、誇りを守るための戦いと」(浮竹十四郎)

 

「『怒りは刃を鈍らせる』か? 確かにそうかもしれねえ。けどな、1つ勘違いしてる」
「てめえ程度の奴を倒すには、その鈍った刃で充分だってことだよ!」(一護)

 

「生きていてくれた…一護、ありがとう」(ルキア)

 

「しっかり生きろ、一護」
「そんで俺より後に死ね。そんで出来れば笑って死ね」
「悲しみなんてかっこいいもん背負うには、おめえはまだ若すぎんのよ」(黒崎一心)

11話

「その程度のことも分からないで、君はそれでも死神か?」(石田雨竜)

 

「石田雨竜、滅却師(クインシー)。僕は死神を憎む」
「分からないかい? こう言ってるんだ。黒崎一護、君を憎むと」(雨竜)

 

「勝負しないか、黒崎一護。君と僕と、どちらが優れているか分からせてあげるよ」
「死神なんて、この世に必要ないってことをさ」(雨竜)

 

12話

「他の人間の心配なんて必要ない。集まったホロウは、1匹残らず僕が殺すんだから」(雨竜)

 

「あのでかいのがなんだか知らないが、俺を狙っているなら話は簡単だ」
「走ればいいんだ。巻き込まれる人間の誰もいない所まで」(茶渡)

 

「俺の拳がでかいのは、傷つけるためじゃない。俺の体がでかいのは、守るためだってこと」
「みんな分かってる。だから…だから少しだけ、俺に力を貸してくれ!」(茶渡)

 

「よくねえだろ!」
「自分1人がケガして何がよかっただよ! 誰か1人でもケガしたら、それはもうよかったじゃないの!」

「そんなのはね、かっこつけたがり男の論理だよ!」(夏梨)

 

13話

「最初に思ったのは、気づかなきゃよかった。次に思ったのは、”ここから離れなきゃ”」
「1つだけ分かることは、あれは危険だということ。全身の細胞がビリビリ震えて、私に伝える」(織姫)

 

「見えないよ。けど、どこにいるのかぐらいは分かる。あんたを泣かした奴がどこにいるのかぐらいはね」(有沢たつき)

 

「オイ! そこのでっかい奴。あんたケンカ売る相手を間違えたね!」
「昔っから織姫を泣かす奴は、この私にぶっ倒されるって決まりがあんだよ!」(たつき)

 

「この髪をもう一度伸ばせるようになったのは、たつきちゃんのおかげ。私はもうきっと髪を短くすることはない」

「だって私の髪が長いのは、たつきちゃんへの信頼の証だから」
「ありがとう、今まで私を守ってくれて。だから…泣かないで!」(織姫)

 

「たつきちゃんは言った。あなたは、ケンカを売る相手を間違えたって」
「でもそうじゃない。あなたは、傷つける相手を間違えたのよ!」
「たつきちゃんを傷つける人を、私は許さない!」(織姫)

 

「こんなホロウ、まるで雑魚ではないか。こんな奴も倒せんとは、私の力はいかほども回復しておらぬというのか」(ルキア)

 

「では(話を)否定しますか? 先ほど君達が襲われた事実を」(浦原)

 

「ともあれ、目の前に現れた扉を開けるか否かはあなた方次第」(浦原)

 

「ついて来ますか?」
「見せて差し上げますよ。扉の向こう側を」(浦原)

 

14話

「こっちだ、ホロウ共! 最後のクインシー、石田雨竜が相手をする!」(雨竜)

 

「200年前に滅亡したんだ、クインシーは」
「いや、正確には…死神達の手によって滅ぼされたのだ」(ルキア)

 

「それは死神達にとっても苦渋の選択だったんすよ」
「死神達はクインシーを滅ぼさなければならなかった。この世界の崩壊を防ぐために」(浦原)

 

「貴様は、これを死神の傲慢だと断ずるか?」(ルキア)

 

「正反対結構。大人数相手のケンカなんてなあ、背中合わせの方が上手くやれるってもんだぜ!」(一護)

 

「それでいいんだよ。やらなきゃやられる、でも1人じゃあキツイ、だから仕方ねえ」
「そんなもんでいいんじゃねえのか、力合わせる理由なんてのはよ」(一護)

 

「世界中の人を守るなんてでけえことは言えねえ。けど、両手で抱えられるだけの人を守ればそれでいいなんて言えるほど、控えめな人間でもねえ」

「俺は、山程の人を守りてえんだ!」(一護)

 

「でもよく分かったよ。お互いここで生き残らなけりゃ、殴る相手がいなくなるってことだ」(雨竜)

 

「あんな化け物相手に、戦い方なんて考えたってしょうがねえ!」
「あんな奴は…斬って斬って力の限り斬り倒す! それ以外にねえ!」(一護)

 

「この戦いは、必要な戦いなんすよ」
「朽木さんにとっても、彼にとってもね」(浦原)

 

「ごめんなさい、先生。僕は、死神を憎むことで目を背けたかった。あなたを助けられなかった自分自身から…目を背けていたかったんです」

「今日僕は、死神を助けます。僕は、許してもらえますか?」(雨竜)

 

15話

「ここは…ここは私のいる所ではない」(ルキア)

 

16話

「いずれ離れなければならぬ場所ならば、どれも枷にしかならぬ。同情も、友情も、親愛の情も…」

「面倒なことだ。どれも死神には必要のない感情だというのに…無様だ、朽木ルキア」
「やはり私は、少しこちらの世界に長く関わりすぎた」(ルキア)

 

「(力を奪ったのは)人間だよ」
「でなきゃてめえが、そんな人間みてえな顔してるはずがねえ」(阿散井恋次)

 

「分かってんだろ?」
「さっきのも今のも、てめえがかわしたんじゃない。こっちがかわさせてやったんだ」
「次は斬るぜ」(阿散井)

 

「丸腰の女の子に武器を持った男が2人がかり。見ていてあまり気持ちのいいもんじゃないね」

「僕はあまり好きじゃないな、そういうのは」(雨竜)

 

「いかに死神とはいえ、自分を倒した相手の名前ぐらいは知っておきたいだろうからね」(雨竜)

 

「死ぬ前によーく覚えとけ」
「阿散井恋次、てめえを殺した男の名だ」(阿散井)

 

「てめえの斬魄刀に名前も聞けねえ。そんな奴が、この俺と対等に戦おうなんて、2000年早えよ!」

「吼えろ、蛇尾丸。前を見ろ。目の前にあるのは、てめえのエサだ!」(阿散井)

 

17話

「そう言うな。私とていつも見物してばかりでは、腕が錆びる」(朽木白哉)

 

「もう死んでるだの、誰それに似てるだの、俺のいねえ間に勝手に話進めてんじゃねえよ」(一護)

 

「人間の分際で…人間の分際で、兄様の裾をつかむとは何事か。身の程を知れ、小僧!」(ルキア)

 

「参りましょう、兄様。今のこやつの行動でこの朽木ルキア、目が覚めました」
「どうぞ、私をソウル・ソサエティへとお連れ下さい。謹んで我が罪を償いましょう」(ルキア)

 

「動くな! そこを一歩でも動いてみろ、私を追ってなど来てみろ」
「私は…私は…貴様を絶対に許さぬ!」
「いずれ死ぬ命。そこに伏して一瞬でも永らえるがよい」(ルキア)

 

「動けねえ…俺は、また守られた…ルキア…」(一護)

 

「君は弱い。弱者が敵地に乗り込むこと、それは自殺って言うんすよ」
「朽木さんを救うため? 甘ったれちゃいけない。死ににいく理由に他人を使うなよ」(浦原)

 

「もちろん。君が心から朽木さんを救いたいと願うなら」
「思う力は鉄より強い。半端な覚悟ならドブに捨てましょう。十日間、私と命のやりあい出来ますか?」(浦原)

 

18話

「これがソウル・ソサエティに帰るってことか?」
「消えるんだ。この世界からも、人の心からも。あいつの存在した事実の全てが消えてなくなってしまう、真っ白に…」(一護)

 

「黒崎君の気持ちは決まってるんでしょ?」(織姫)

 

「あいつは確かに、ここにいた。居場所ならここにある」(一護)

 

「私は、やっぱり死ぬのかな?」
「そうか…そうだろうな」(ルキア)

 

「いや…あの人は私を殺すよ」
「私はよく知っている。あの人がどういう人なのか。朽木家に拾われて40年余り、あの人は、私を見てくれたことはない」(ルキア)

 

「信じてました。あなたなら必ずやかわせると」(浦原)

 

「私も、もう一度よく考えてみる。今私に、何か変化が起こってるのは確かで…怖いけど、それがなんなのか知りたいのも確かだから」(織姫)

 

19話

「お前と言葉を交わすのも、これが最後だな」
「ルキア、次に会うのは処刑台だ」(白哉)

 

「我々は、涙を流すべきではない」
「それは心に対する肉体の敗北であり、我々にとって、心というものを持て余す存在であるということの証明に他ならないからだ」(ルキア)

 

「ええ(殺す気です)、あなたが諦めた時には」(浦原)

 

「人が剣を握るのは何かを守ろうとする時じゃ。それは己の命であったり、地位であったり、名誉であったり、愛する者、信ずること」

「善し悪しはあれど、守るという意志に変わりはない」
「思い出せ。その時おぬしが何を守ろうと思うたのか?」(四楓院夜一)

 

「そうか、お前にはまだ届かないのか…悲しいことだ」
「いったい幾度声を枯らせば私の声はお前に届く?」
「お前以上に私を知る者など、この世のどこにもいはしないのに」(斬月)

 

20話

「先に言っておきましょうか。まだそのおもちゃで私と戦う気なら、私は君を殺します」(浦原)

 

「お前の耳を塞いでいるのは取るに足らぬ恐怖心」
「敵は1人お前も1人、何を恐れることがある」(斬月)

 

「恐怖を捨てろ、前を見ろ。進め、決して立ち止まるな。退けば老いるぞ、臆せば死ぬぞ」(斬月)

 

「私は一番にはなれなかったんだけどさ…」
「やらなきゃよかったとか、そんな風に思ったことはないよ。もしも上手くいかなくても、一生懸命やってみて、初めて分かることもあると思うんだ」

「だから…だから…決めたことがあるんなら迷わず行っといで」
「だけどその代わり、私は…私が、ここで待ってるから」(たつき)

 

「いろんなことがあったな」
「それを今更…なかったことなんかにさせねえ」(一護)

 

「たつきちゃんと約束したの、『黒崎君について行く』って」
「それから…『絶対帰って来る』って」(織姫)

 

「案内役はわしが務めよう。ただ前に進むのみ、それが出来る奴だけついて来い」(夜一)

 

「勝ちゃいいだけの話だろ」(一護)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました