「BLEACH(ブリーチ)」の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 死神代行篇

1話

「二度とやってみやがれ! てめえらにも花をそなえなきゃなんねえようにしてやるぜえ!」(黒崎一護)

 

「見えようが何しようが、信じてなけりゃいないのと同じ」(黒崎夏梨)

 

2話

「甘ったれるな!」
「死神とは、全ての霊魂に平等でなければならぬ。手の届く所、目に見える所だけ救いたいなど、都合よくはいかんのだ」

「助けるな! 今あの子を助けるなら、他の全ての霊を助けるという覚悟を決めろ!」(朽木ルキア)

 

「俺はこいつを助けたいから助けたんだよ」
「体を張る時ってのは、そんなんじゃねえだろ! 少なくとも、俺は、違う!」(一護)

 

「背後からの一撃で頭を割る。それが虚(ホロウ)退治のセオリーだ。忘れるでないぞ」
「戦いのダメージを減らすため。そして、ホロウの正体を決して見ぬようにするためだ」(ルキア)

 

「そうだ。今はもう化け物だ、倒さねばならない」(ルキア)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「忘れるなよ。奴が井上の兄だったとしても、今は化け物だ。人間としての心など持っておらん。あやまたず、斬れ!」(ルキア)

 

「兄貴ってのが、どうして一番最初に生まれてくるか知ってんのか? 後から生まれてくる妹や弟を守るためだろうが」(一護)

 

「ホロウを斬るということは、殺すということではない。罪を洗い流して、魂の故郷、ソウル・ソサエティへ行けるようにしてやることだ」
「そして、そのために我ら死神がいるのだ」(ルキア)

 

「俺は他人のために命を張るなんて約束できるほど、立派な人間じゃねえからな。けど、目の前で人が傷つくのを黙って見てられるほど、クズでもねえ」(一護)

 

5話

「私の心配など不要だ。ヘマはせぬと、約束した」(ルキア)

 

「諦めたのではない。逃げる必要がなくなったのだ」(ルキア)

 

「斬魄刀で洗い流せるのは、死んでからの罪だけ。生前に大きな罪を犯したホロウには、地獄の門が開かれる」(ルキア)

 

6話

「納得するしないの問題では無い」
「改造魂魄(モッドソウル)は、廃棄しなければならぬ。これはソウル・ソサエティの掟なのだ」(ルキア)

 

7話

「悪いかよ、助けねえとやられちまうだろ。俺は、誰も殺さねえんだ」(モッドソウル、通称:コン)

 

「どうしてだよ、どうして自分じゃ決められねえんだよ。生きるのだって、死ぬのだって、そいつだけのもんだろうが!」(コン)

 

「心配するな。最近は面倒にも慣れた」(ルキア)

 

「もし私が雨だったなら。それが、永遠に交わることのない、空と大地をつなぎ止めるように、誰かの心を、つなぎ止めることが出来ただろうか?」(井上織姫)

8話

「いきなり斬りかかるような奴に、教えるかよ」(一護)

 

「だから待つ」
「いつか貴様が話したくなった時、話してくれ。それまで待つよ」(ルキア)

 

9話

「うるせえ! 頼む。手、出さないでくれ。これは、俺の戦いだ」(一護)

 

「守るって決めたんだ。俺がこいつを、倒すんだよ」(一護)

 

「戦いには二つある」
「命を守るための戦いと、誇りを守るための戦いと」(浮竹十四郎)

 

「怒りは刃を鈍らせるか。確かにそうかもしれん。けどな、一つ勘違いしてる」
「てめえ程度の奴を倒すには、その鈍った刃で充分だってことだよ!」(一護)

 

「生きていてくれた。一護、ありがとう」(ルキア)

 

「しっかり生きろ、一護」「そんで俺より後に死ね。そんで出来れば笑って死ね」
「悲しみなんて格好いいもん背負うには、おめえはまだ若すぎんのよ」(黒崎一心)

 

12話

「俺の拳がでかいのは、傷つけるためじゃない。俺の体がでかいのは、守るためだってこと」(茶渡泰虎)

 

「よくねえだろ!」
「自分1人がケガして何がよかっただよ! 誰か1人でもケガしたら、それはもうよかったじゃないの!」(夏梨)

 

13話

「見えないよ。けど、どこにいるのかぐらいは分かる。あんたを泣かした奴がどこにいるのかぐらいはね」(有沢竜貴)

 

「竜貴ちゃんは言った。あなたは、ケンカを売る相手を間違えたって。でもそうじゃない。あなたは、傷つける相手を間違えたのよ」(織姫)

 

「ともあれ、目の前に現れた扉を開けるか否かはあなた方しだい」(浦原喜助)

 

14話

「貴様は、これを死神の傲慢だと断ずるか?」(ルキア)

 

「正反対結構。大人数相手のケンカなんてなあ、背中合わせの方が、上手くやれるってもんだぜ!」(一護)

 

「それでいいんだよ。やらなきゃやられる、でも1人じゃあキツイ。だから仕方ねえ、そんなもんでいいんじゃねえのか、力合わせる理由なんてのはよ」(一護)

 

「世界中の人を守るなんてでけえことは言えねえ。けど、両手で抱えられるだけの人を守ればそれでいいなんて言えるほど、控えめな人間でもねえ」
「俺は、山程の人を守りてえんだ!」(一護)

 

「でもよく分かったよ。お互いここで生き残らなければ、殴る相手がいなくなるってことだ」(石田雨竜)

 

「この戦いは、必要な戦いなんすよ」
「朽木さんにとっても、彼にとってもね」(浦原)

 

16話

「いかに死神とはいえ、自分を倒した相手の名前ぐらいは、知っておきたいだろうからね」(雨竜)

 

17話

「そういうな。私とていつも見物してばかりでは、腕が錆びる」(朽木白哉)

 

「いずれ死ぬ命。そこに伏して、一瞬でも永らえるがよい」(ルキア)

 

「君は弱い。弱者が敵地に乗り込むこと、それは自殺って言うんすよ」
「朽木さんを救うため、甘ったれちゃいけない。死ににいく理由に他人を使うなよ」(浦原)

 

「もちろん。君が心から朽木さんを救いたいと願うなら」
「思う力は鉄より強い。半端な覚悟ならドブに捨てましょう。十日間、あたしと命のやりあい出来ますか?」(浦原)

 

19話

「我々は、涙を流すべきではない。それは心に対する肉体の敗北であり、我々にとって、心というものを持て余す存在であるということの証明に他ならないからだ」(ルキア)

 

20話

「先に言っておきましょうか。まだそのおもちゃであたしと戦う気なら、あたしは君を殺します」(浦原)

 

「お前の耳を塞いでいるのはとるに足らぬ恐怖心」
「敵は一人お前も一人、何を恐れることがある」(斬月)

 

「恐怖を捨てろ、前を見ろ。進め、決して立ち止まるな。退けば老いるぞ、臆せば死ぬぞ」(斬月)

尸魂界・潜入篇

21話

「あの人は何も教えちゃくれなかったさ。けど……スタミナと度胸だけは、いやでも付いたぜ」(一護)

 

22話

「負けた門番は門なんか開けへんよ。門番が負けるいうのは、死ぬいう意味やぞ」(市丸ギン)

 

「俺はいつだって、お前の後ろにいる」(茶渡)

 

24話

「そいつを見殺しにするような、つまんねえ男にはなりたくねえんだよ、俺は」(一護)

 

25話

「こんなもの、わしにとっては呼吸に等しく容易いわ」(四楓院夜一)

 

26話

「あんたの力が俺より上なら、逃げることに意味はねえ、絶対追いつかれるからな。けど、あんたの力が俺より下なら、倒して進みゃそれで済む、そう思っただけだ」(一護)

 

27話

「なんの寝言だ? こいつは戦いだぜ、勝負を決めるのは生き死にだけだ!」(斑目一角)

 

「強えな、てめえ……チッ……ついてねえや」(斑目)

 

「(隊長に)会えば分かるさ。あの人の強さを、てめえの頭が理解できるまで、てめえが生きていられればの話だがな」(斑目)

 

28話

「俺は醜かろうかなんだろうが、生き延びた奴がかっこいいって教わったもんでね」(志波岩鷲)

 

「殺意のこもった攻撃がお望みかい? それなら僕と戦うといい。僕の弓にならこもっているよ、君の好きな殺意ってやつがさ」(雨竜)

 

29話

「少しは後悔できてるかい? 同じ飛び道具の使い手として、僕に出会った不幸ってやつをさ」(雨竜)

 

「おみごと、そしてさようなら。君にはもはや、後悔させる時間すら惜しい」(雨竜)

 

31話

「助けてえんじゃねえ、助けるんだ!」(一護)

 

「戦いに必要なのは恐怖じゃない、そこからは何も生まれない。かわすのなら斬らせない、誰かを守るなら死なせない、攻撃するなら斬る」

「ほら見えませんか? あたしの剣に映った、君を斬るという覚悟を」(浦原)

 

34話

「一人で戦いに臨むということは、決して敗北は許されぬということだ」(白哉)

 

36話

「殺そうが殺されようが、所詮は暇つぶしだろうが」(更木剣八)

 

37話

「確かに俺は、彼女のことは何も知らない。命を賭けるには、少しばかり足りないかもしれない。だけど一護が助けたがってる、それで十分だ」

「俺が命を賭けるのに、それ以上の理由は必要ない」(茶渡)

 

「決めてるんだ。俺は自分のために拳は振るわない、アブウェロとの約束だ」(茶渡)

 

「そうだ、こうしねえかチャド。お前は今まで通り、自分のために誰かを殴ったりしなくていい。その代わり、俺のために殴ってくれ。俺はお前のために殴ってやる」

「お前が命賭けて守りたいもんなら、俺も命賭けて守ってやる。約束だぜ!」(一護)

 

38話

「わりいな、まだ死ぬ気にはなれねえんだ。俺が死んだら、背中にあるものみんな壊れちまうんでね」(一護)

 

「戦いか……そんなものがなければ、人は醜い感情に惑わされることも無く、醜い悲劇も起こりはしないのに」
「私は戦いを、心底憎むよ」(東仙要)

 

39話

「戦うだけじゃ、意味がねえ。生き残るだけじゃ、意味がねえんだ。勝ちたい……俺は、勝ちたい!」(一護)

 

「気になることは山程あるが、とりあえず今はどうでもいい。今はこの戦いを楽しもうぜ!」(更木)

 

「信じ合わぬ者同士、共に戦えば、互いの力を損なうのみ。己の力しか信じぬ奴には、それが分からない」(斬月)

 

40話

「なぜだ? 私のために流れる血など、あっていいはずがない」(ルキア)

 

「随分長いこと忘れてたぜ、名前の無い苦痛ってやつをな」(更木)

 

41話

「てめえが死刑になりたいって言おうが関係ねえ。俺はてめえを引きずってでも助け出すぜ。こっから先、てめえの意見は全部却下だ!」(一護)

 

「貴様がその力に自惚れる前に見せておいてやろう」
「千年あがいても埋めようのない、決定的な力の差というものを」(白哉)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

尸魂界救出篇

42話

「それに何より、たとえ手段は悪くとも、俺の部下を牢から救い出そうとしてくれた。そんな奴等を、見殺しになんて出来るもんか」(浮竹)

 

43話

「クインシーの誇りにかけて、僕はお前を殺す!」(雨竜)

 

44話

「僕のこの乱装天傀は、ただの防御技でもなければ、延命術でもない。師の無念を晴らすまで、屍に成り果てても戦い続けるという意志の現れだ!」(雨竜)

 

「僕はまだ、父さんの気持ちなんて分からないし、自分の本当に守りたいものも、きっと分かってなんかいない。だけど、許してはいけないものだけは、分かっているつもりです!」(雨竜)

 

45話

「出来なかった時のことは聞かねえ。それしか方法がねえんなら、やるしかねえだろ」(一護)

 

48話

「四方三里にいるうちは、巻き込んで殺さねえ自信はねえ」(日番谷冬獅郎)

 

「言ったろ、出来なかったことは聞かねえ。期限が明日になったってんなら、今日中に片付けりゃいいだけの話だ!」(一護)

 

49話

「忘れんな。おめえがこの隊にいる限り、俺は死んでもおめえの味方だ」(志波海燕)

 

51話

「是非も善悪も興味は無い。私にあるのは護廷十三隊、隊長としての使命と矜持のみ。敵は殺す、それだけだ」(砕蜂)

 

「正気かよ……あいにくそんな面倒なもんは、はなっから持ってた覚えはねえな」(更木)

 

52話

「私と貴様で何が違うのか教えてやろうか? 格だ」
「貴様の牙は私に届くことは無い、永遠にな」(白哉)

 

「誓ったんだよ、絶対に助けるってな……」
「誰でもねえよ……ただ俺の、魂にだ!!!」(阿散井恋次)

 

53話

「まあ、外見は戦いに関係ねえからな。問題は獣の姿をしたてめえが、ちゃんと獣じみて強えかどうか、それだけだ」(更木)

 

54話

「いっちぃ助けるのなんて当たり前じゃん。だっていっちぃは、剣ちゃんの友達だもん」(草鹿やちる)

 

55話

「させねえさ。そのために来た」(一護)

 

「昔から、逃げる悪ガキにまかれたことは無いんじゃよ」(山本元柳斎重國)

 

56話

「なめられたもんじゃの。確かに軍団長の名は捨てたが、もう一つの名まで捨てた覚えは無いぞ」(夜一)

 

57話

「てめえの理屈も、てめえの都合も、どっちも知ったこっちゃねえ。ただルキアの前で二度とそんな口聞かせねえ!」(一護)

 

58話

「ならば、その身に刻んでやろう。誇りを穢すということは、どういう報いを受けるのかをな」(白哉)

 

「我々の誇りか……どうもその我々の誇りって奴が、ルキアを殺すこととつながってるみてえだな。だったらあんたの言う通り、俺はそいつを踏みにじるぜ」

「そのために手に入れた、力だ!」(一護)

 

59話

「ただの仲間じゃないよ」
「黒崎くんにとって朽木さんは大切な人」
「だって朽木さんは黒崎くんの、世界を変えた人だから」(織姫)

 

「掟に比すればあらゆる感情に価値など無い。そんなくだらぬ感情など元より持ち合わせておらぬ。我が朽木家は四大貴族の一、全ての死神の規範にならねばならぬ」

「我等が掟を守らずして、誰が守るというのだ」(白哉)

「悪い、やっぱり俺には分かんねえや。俺が……俺がもしあんたの立場だったとしても、やっぱり俺は掟と戦うと思う」(一護)

 

「(みんな)無事では無いけどね。君のやられっぷりに比べれば、みんな無傷みたいなもんさ」(雨竜)

 

「ただ……ただ黒崎くんのことがずっと心配だっただけで……ごめんね黒崎くん、守ってあげられなくて……ありがとう黒崎くん、生きててくれて……黒崎くんが無事でよかった……」(織姫)

 

60話

「憧れは、理解から最も遠い感情だよ」(藍染惣右介)

 

「あまり強い言葉を使うなよ、弱く見えるぞ」(藍染)

 

61話

「はらう埃が一つでも二つでも、目に見えるほどの違いは無い」(藍染)

 

62話

「私のこの目に映るのは、最も血に染まる道だけだ。正義は常にそこにある。私の歩む道こそが、正義だ」(東仙)

 

「おごりが過ぎるぞ、浮竹。最初から誰も天に立ってなどいない。君も、僕も、神すらも。だが、その耐え難い天の座の空白も終わる。これからは、私が天に立つ」(藍染)

 

63話

「会って話せばなんでも分かるって訳じゃないけど、会えなくなっちゃったら、なんにも分かんないんだしさ」(松本乱菊)

 

「そうか……よかった」
「いや、お前が自分でそう決めたんなら……残りたいって、思えるようになったんなら……いいんじゃねえか、それでよ」(一護)

 

「ありがとう、ルキア。おかげで、やっと雨はやみそうだ」(一護)

 

破面出現篇

111話

「超速再生など取るに足らん。それをさせる前に、片付ければいいだけのことだ」(石田竜弦)

 

「隊長クラスの死神は、全員斬魄刀のサイズをコントロールしてるんだよ。でねえと、どいつもこいつもビルみてえな刀を振り回すことになっちまう、今のお前みたいにな」

「覚えとけ、斬魄刀のでかさで相手の強さは測れねえ」(一心)

 

112話

「俺がこの20年の間で、かけらも晴れねえほど恨んでることがあるとすれば……そいつはあの夜、真咲を救えなかった俺の無力だけだ」(一心)

 

114話

「謝んねえでくれ、井上。心配すんな、俺がこいつらを倒して……終わりだ」(一護)

 

115話

「敗北が恐ろしいか? 仲間を守れぬことが恐ろしいか? それとも……貴様の内なるホロウが恐ろしいか!?」

「敗北が恐ろしければ、強くなればいい。仲間を守れぬことが恐ろしければ、強くなって必ず守ると誓えばいい。内なるホロウが恐ろしければ、それすら叩き潰すまで強くなればいい」

「他の誰が信じなくとも、ただ胸を張ってそう叫べ。私の中にいる貴様は、そういう男だ!」(ルキア)

 

「俺は……強くなる。強くなって……次は絶対、お前を守るから」(一護)

 

116話

「あんた、そうして自分の重い所ちゃんと受け止めようとしてるじゃない。知ってる? そういうの、逃げ回って相手にぶつけた方がどんなに楽か」

「逃げずに受け止めようとしてるだけ、あんた十分かっこいいのよ、織姫」(乱菊)

 

117話

「(当たり?)いいや、多分てめえが一番のハズレだぜ」(日番谷)

 

「ハズレかどうかなんてのは、戦ってから決めるもんだぜ」(一護)

 

「肩に力が入りすぎなのだ、貴様は。戦う前からそれでは、落とさぬ命まで落とす羽目になるぞ」(ルキア)

 

「殺す相手には名を名乗れってのは、俺が戦い方を教えた奴に、必ず教える最後の流儀だ。戦いに死ぬと決めた奴なら、自分を殺す奴の名ぐらい知って死にてえはずだからな」(斑目)

 

「てめえは名乗る必要はねえ、俺の名だけをよく覚えときな。てめえを殺す、男の名だ!」(斑目)

 

118話

「世辞は止めろよ。まだてめえが感心するほどの霊圧は出ちゃいねえはずだ」
「すげえかどうかは……死んでから決めろ!」(斑目)

 

119話

「悪いな、戦えなくなった奴に興味はねえんだ。わざわざトドメを刺してやる義理もねえしな」(更木)

 

「てめえも戦いが好きなら、殺せだなんだとわめくんじゃねえ。負けを認めて死にたがるな、死んで初めて負けを認めろ」

「負けてそれでも死に損ねたら、そいつはてめえがツイてただけのことだ。そん時は生き延びることだけ考えろ」(更木)

 

「いいか、お前達の出身・年齢・経歴は一切問わねえ。何一つここでの立場を制限しねえし保証もしねえ」
「ただ一つ、俺がお前達に求めるのは……強さだ」(更木)

 

「後はてめえでなんとかしな。一生、俺の真似だと言われたくなけりゃな」(斑目)

 

「てめえの望みが朽木白哉を超えることなら、俺の望みは一つ」
「あの人の下で戦って死ぬ……それだけだ」(斑目)

 

120話

「あなたは危険。私達にとって、危険。危険は敵、敵は……排除」(紬屋雨)

 

121話

「バカ野郎、生きてりゃそれで勝ちじゃねえか?」(阿散井)
「嘘つくなよ。お前が俺なら、そうは言わねえはずだぜ」(一護)

 

122話

「大義なき正義は、殺戮に過ぎない。だが、大義のもとの殺戮は……正義だ」(東仙)

 

124話

「戦いとは永遠に続くものだ。一人破っても次に強き者が現れ、その者をたとえ倒すことが出来ても、更に強き者が現れる」

「その永劫なる行為に耐える覚悟が無ければ、いつかは自身が敗れる」(狩矢神)

 

125話

「理由が必要か? 戦いによ」(更木)

 

「力を手にするためにはな、戦えよ一護! 制する力を手に入れたきゃ、剣を取って敵を斬れ! それ以外に道はねえ! てめえの前にも、後ろにもな」(更木)

 

「(方法が)無くとも止める」
「そのための護廷十三隊じゃ!」(元柳斎)

 

127話

「嘘じゃないもん、悔しくなんかないもん」
「ただ……みんなと一緒に戦えなくて、寂しいだけだもん……」(織姫)

 

「戦いにおいて足手まといなのは、力の無い者ではない。覚悟の無い者だ」(ルキア)

 

「大切なのはどうあるべきかではなく、どうありたいかです」(有昭田鉢玄)

 

「奴が何も言わぬなら、考えあってのことだろう。十分だ……無事なら、それでな」(ルキア)

 

131話

「私達は、唯ちゃんのことを守ってやれなかった」
「でも、唯ちゃんの魂を、まだ救ってあげることは出来る」(乱菊)

 

132話

「(来るのは)ここが一番よく空が見渡せるからな……懐かしいんだ」(日番谷)

 

「残念だったな。現世に隊長の俺がいたばかりに、てめえらは何も出来ねえ」(日番谷)

 

破面・虚圏潜入篇

133話

「男って奴はな、正面に傷付けてなんぼだぜ」(斑目)

 

138話

「スケベやないわ! 興味津々なだけや!」(矢胴丸リサ)

 

「遠慮するな。そのためらいが、井上の敵だ」(ルキア)

 

139話

「存外、ソウル・ソサエティも無能だな」
「最も危険が高いのは、移動の時だということを知らんらしい」(ウルキオラ・シファー)

 

「何も問うな、何も語るな、あらゆる権利はお前に無い。お前がその手に握っているのは、仲間の首が据えられたギロチンの紐、それだけだ」(ウルキオラ)

 

140話

「お前の武器が8本の腕なら、俺の武器はこの大気にある全ての水だ!」(日番谷)

 

142話

「一人で背負うな、そのための仲間だ」(茶渡)

 

148話

「分かっておる、だが行かねばならぬ……我々の大切な仲間なのだ。何案ずるな、私は一人ではないのだ。皆の力で必ず助け出す」(ルキア)

 

150話

「止めとけ。戦場での命の気遣いは、戦士にとって侮辱だぜ」(阿散井)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACH(黒崎一護)
→BLEACH(朽木ルキア)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました