「メイドインアビス」オーゼンの名言まとめました

アニメ「メイドインアビス」オーゼンの名言をまとめていきます。

メイドインアビス

6話 監視基地(シーカーキャンプ)

「まだ生きてたんだ、あのガキ」

 

「それは、君らがここに来ていい理由になるのかい?」

 

「ああ、そうか。君は気付いてないのではなく、あの子にもハボルグにも、何も知らされてないのか」
「知りたいかい?」

 

「こいつが上がっただろうに。ライザは死んでいる。君が母を追う旅は、ここで終わりだよ」

 

「あれ? 君が奈落の底を目指す理由は、何だっけ?」

7話 不動卿

「ねえ、君はいつまで、もつのかな」

 

「そろそろ分かってくれたまえ。私は君が嫌いなんだよ」

 

「奈落の底は未知だからこそ、恐れられるからこそ、神たり得るんだ。簡単に行って帰ってこれたら、遺物の価値もアビスの信仰も、足元から揺らぎかねないのさ」

 

「奈落の至宝(オーバード)が目録に載っていないのはね、見つかっていないからじゃない。存在しちゃいけないからさ」

 

「頑丈さが売りなんだって。試してみようかな」

 

「君、機械人形のくせに呼吸もまばたきもするね。そんなんじゃ獣にも狩られるだろうに」

 

「いろいろと気を使うのさ。年だからね」

 

「そんなに大事なら、しまっておけばよかったのに。何だか急にぐったりしちゃったけど、いいじゃないか。君も遅かれ早かれ肉に戻るんだ」

 

「ダメだね。君らは不適格だ」

 

「地上に帰る場所のないロクでなし共だよ」

 

「本気さ。本気でやらなきゃ伝わらないだろ。私は子供だましが嫌いなんだ」

 

「アビスの深部に住む原生生物は、私より遥かに狡猾でしたたかだ。君にその子は守れないよ」

 

「今の君らがこの先へ行っても、せいぜいなれるのは食いでの悪いエサか小さめの苗床。後は地面や壁のシミぐらいさ。もっとも、私が叩き直す途中で、そうならないとも限らないが」

 

「それでもやらなきゃいけない時は、あとくされが残らないように徹底的にやるんだね。相手が誰であろうと、周りに何があろうと、その時が来たら躊躇も容赦も無しだ」
「さもなきゃ、君らの冒険が終わるのなんて、あっと言うまさ」

 

8話 生存訓練

「あれで死んだら、そこまでだったっていう話さ」

 

「まったく、厄介事を引き受けたもんだ。安心しなよ、私は義理堅いのさ」

 

9話 大断層

「空を飛べぬ、壁も走れぬ。我々のような弱者は、取って食われるだけさ。弱者は弱者の道を選ぶほか無いのさ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
メイドインアビス Blu-ray BOX 上巻

 

→メイドインアビス
→メイドインアビス(ナナチ)
→メイドインアビス(ライザ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました