「PSYCHO-PASS サイコパス」槙島聖護の名言まとめました

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」槙島聖護の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

PSYCHO-PASS サイコパス

5話 誰も知らないあなたの顔

「あらゆるアバターの個性を熟知し、完全に模倣する。何者にもなりうる君の個性とはどのようなものなのか、僕はとても興味があった。だから人を貸した、力を貸した」

 

「何者としても振る舞うことの出来る君自身が、結局の所は何者でもなかった。君の核となる個性は無だ、からっぽだ、君には君としての顔が無い。のっぺらぼうだからこそ、どのような仮面でもかぶることが出来たというだけだ」

 

6話 狂王子の帰還

「辱めを受けた命から解放されて、ラビニアは幸せだったと思うかい?」
(猟奇殺人犯の女子高生・王陵璃華子に対して)

 

「美しい華も、いずれは枯れて散る。それが命あるもの全ての宿命だ。ならいっそ、咲き誇る姿のままに時を止めてしまいたいと思うのは、無理も無い話だね」

「だがしかし、もし君が彼女を実の娘のように愛していたと言うのなら、君は、あの子のために流した涙で、盲目になってしまうのかな?」

7話 紫蘭の花言葉

「王陵牢一は、二度殺されたようなものです。まずは科学技術によって才能を殺され、そして社会によって魂を殺された」
(過度なストレスケアにより死亡した王陵璃華子の父親について)

 

「さて、どうでしょう。願わくば、さらに向こう側の意義を見出して欲しいものですが」
(王陵璃華子が犯罪を実行する理由が復讐と問われた時)

 

8話 あとは、沈黙。

「自覚が無ければ反省のしようも無い。やはり君にはこれ以上の成長は期待できないようだ」

 

「この女の生涯は野獣に似て、哀れみに欠けていた。死んだ今は、野鳥程度の哀れみが似つかわしい」

 

9話 楽園の果実

「肉体の老いは克服した、後は心ですか?」

「スリルによる活力。それは、死と隣合わせの、危険な報酬ですな」
(全身をサイボーグ化し、人を狩猟として殺す人物に対して)

 

10話 メトセラの遊戯

「僕はここで起こる出来事そのものに興味があるのでね。第三者の視点で観察するのが一番です」

 

「狐と言えど、イヌ科の獣です。あるいは狼の眷属かもしれない」
(狐狩りと軽く考える人物に対し、狡噛が予想以上の抵抗を見せるため)

 

「人は恐怖と対面した時、自らの魂を試される。何を求め、何をなすべくして生まれてきたか、その本性が明らかになる」

スポンサーリンク

11話 聖者の晩餐

「僕はね、人は自らの意思に基づいて行動した時のみ、価値を持つと思っている。だから、さまざまな人間に、秘めたる意思を問いただし、その行いを観察してきた」

 

「そもそも何をもって犯罪と定義するんだ。君が手にしたその銃、ドミネーターを司るシビュラシステムが決めるのか?」

 

「だが、その判定には人の意思が介在しない。君たちは一体なにを基準に、善と悪をより分けているんだろうね」
(ドミネーターの判断基準に対して)

 

「僕は、人の魂の輝きが見たい。それが本当に尊いものだと確かめたい」

だが、己の意思を問うこともせず、ただシビュラの神託のままに生きる人間たちに、はたして、価値はあるんだろうか?」

 

「止めたければ、そんな役に絶たない鉄くずではなく、今あげた銃を拾って使うといい。引き金を引けば、弾は出る」
(ドミネーターが反応しない体質のため、槙島は旧来の銃を常守朱に渡す)

 

「この体のありとあらゆる生体反応が、僕という人間を肯定してるんだろうね。これは健やかにして善なる人の行いだ、と」

 

「君たちでは、僕の罪を測れない。僕を裁ける者がいるとしたら、それは、自らの意思で人殺しになれる者だけさ」

 

「さもなければ、僕は殺される、君の殺意によってね。それはそれで尊い結末だ」

 

「ほら、人差し指に、命の重みを感じるだろ。シビュラの傀儡でいる限りは、決して味わえない。それが決断と意思の重さだよ」

 

「さあ、殺す気で狙え!」

 

「残念だ……とても残念だよ、常守朱監視官。君は僕を失望させた。だから、罰を与えなくてはならない」

「己の無力さを後悔し、絶望するがいい」

 

14話 甘い毒

「人が人を殺してるだけだ。大変なことなんて、まだ何も起きていない。大変なことは、これから起きる」

 

「これは、啓蒙のための道具だったんだ。人が人らしく生きるために、家畜のような惰眠から目を覚ましてやるために」

「シビュラに惑わされた人々は、眼の前の危機を正しく評価できなくなった。その意味では君たちも、あの哀れな羊たちと等しく愚かしい」

 

15話 硫黄降る街

「君のそういう普通な所、凄くいいと思う。僕も君も、ごく普通で本質的にありきたりな人間だ」

 

「自分のことを欲張りだと思ったことは無いよ。当たり前のことが、当たり前に行われる世界。僕は、そういうのが好きなだけで」

 

「普通で無い街か。なんだろうな、昔読んだ小説のパロディみたいだ、この街は」

 

「紙の本を買いなよ、電子書籍は味気ない」

「本はね、ただ文字を読むんじゃない。自分の感覚を調整するためのツールでもある」

 

「調子の悪い時に本の内容が頭に入ってこないことがある。そういう時は、何が読書の邪魔をしているか考える。調子が悪い時でも、スラスラと内容が入ってくる本もある。なぜそうなのか考える」

「精神的な調律、チューニングみたいなものかな。調律する際、大事なのは、紙に指で触れている感覚や、本をペラペラめくった時、瞬間的に脳の神経を刺激するものだ」

 

「破壊の先か……先があれば良し、無ければ、それはそれで受け入れる」

 

16話 裁きの門

「狡噛は、僕を狙ってくるだろう。なら、陽動を引き受けるのが合理的だ」

 

「さて、パーティーもいよいよ大詰めか」

 

「正義は議論の種になるが、力は非常にはっきりしている。そのため、人は正義に力を与えることが出来なかった」

 

「思っていたより拍子抜けの結末だが、それでも、久々に退屈を忘れた。感謝してるよ」

 

17話 鉄の腸(はらわた)

「あいにく審判やレフリーは趣味じゃないんだ。そんな立場では、試合を純粋に楽しめないからね。僕はね、この人生というゲームを心底愛しているんだよ。だからどこまでも、プレイヤーとして参加し続けたい」

 

「神の意識を手に入れても、死ぬのは怖いか?」

 

21話 血の褒賞

「ついにまがい物の正義を捨てて、本物の殺意を手に取ったか。やはり君は、僕が期待した通りの男だった」

 

「おもしろいことを言うな。孤独だと? それは僕に限った話か。この社会に孤独でない人間など誰がいる!」

 

「他者とのつながりが自我の基盤だった時代など、とうの昔に終わっている。誰もがシステムに見守られ、システムの規範にそって生きる世界には、人の和なんて必要ない」

「みんな小さな独房の中で、自分だけの安らぎに飼いならされているだけだ」

 

22話 完璧な世界

「君だってそうだろ、狡噛慎也。誰も君の正義を認めなかった、君の怒りを理解しなかった。だから君は信頼にも友情にも背を向けて、たった一つ、自分に残された居場所さえかなぐり捨てて、ここまで来た」

「そんな君が、僕の孤独を笑うのか?」

 

「だがね、僕はむしろ評価する。孤独を恐れない者を、孤独を武器にしてきた君を」

 

「誰だって孤独だ、誰だってうつろだ。もう、誰も他人を必要としない。どんな才能も、スペアが見つかる。どんな関係でも取替が効く。そんな世界に、飽きていた」

 

「でも、どうしてかな。僕が君以外の誰かに殺される光景は、どうしても、思い浮かばないんだ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX 6枚組

 

→PSYCHO-PASS サイコパス
→PSYCHO-PASS サイコパス2
→PSYCHO-PASS サイコパス3
→PSYCHO-PASS サイコパス(常守朱)
→PSYCHO-PASS サイコパス(狡噛慎也)
→PSYCHO-PASS サイコパス(宜野座伸元)
→PSYCHO-PASS サイコパス(征陸智己)
→PSYCHO-PASS サイコパス(雑賀譲二)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました