「お嬢様の僕(しもべ)」の名言・台詞まとめ

マンガ「お嬢様の僕(しもべ)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

お嬢様の僕(しもべ)

1巻

「近衛養太郎・高校1年生」
「今日から毎日、(着替えで)彼女の服を脱がすことになった」(近衛養太郎)

 

「きっぷ?」
「お金…ああ、そうか…そういうものなのか」
「ありがとう勉強になったよ」(西園寺翼、お嬢様)

 

「(養太郎とは)これから私の全てを任せる仲だ」(翼)

 

「仕事…仕事だ」
「やましい気持ちなど持ってはいない」(養太郎)

 

「知りたいんだ」
「普通の女の子になるにはどうしたらいい?」(翼)

 

「この九条みのりが、今日からあなたのご主人様ってことよ」
「この家に住んであげるわ」
「せいぜい私に尽くすことね、養太郎」(九条みのり、お嬢様)

 

「養太郎…? 何勝手に呼び捨てにしてんのよ」
「これは私のものよ」(みのり)

 

「仕方ないから…夏帆が戻ってくるまで養太郎で我慢してあげる」(みのり)

 

「あなたはあたしの僕(しもべ)よ」
「黙って言うこと聞きなさい!」(みのり)

 

「よそ見しながらやるんじゃないわよ」
「ちゃんと私の方を見て!」(みのり)

 

 

「やっぱり君に任せておけば安心だ」
「養太郎は最高の僕(しもべ)だな」(翼)

 

「養太郎はいい男だよ」
「優しいし、体を触るときも…すごく丁寧だ」(翼)

 

「(着替え?)当たり前でしょ」
「何でって、できるかどうかとやるべきかどうかは別でしょ」
「できることは自分でやるべきでしょ」(みのり)

 

「普通の女子高生は! 自分一人で着替えができるものです」
「翼様、帰ったら着替えの練習です!」(養太郎)

 

「ですが、彼に世話を焼かれる『ご主人さま』としては」
「むしろ翼様は優秀と言えるかもしれませんね」(杉野夏帆)

 

「世話の焼ける子ほどかわいいものですよ」(夏帆)

 

「それより! 西園寺のお世話したんだから、次は私の番よ」
「今晩はちゃんと私と一緒に寝なさいよ」(みのり)

 

「私は今、養太郎さんのサポート係ですから」
「お世話の手伝いは翼様も平等に行います」

「それが恋のお世話でも」(夏帆)

 

「西園寺には渡さない」
「養太郎の一番大事な女の子にならなきゃ」(みのり)

 

「さすが養太郎、優しいな…誰にでも同じように」
「私も九条さんも『誰か』の一人」

「…そうか。一番っていうのは…」(翼)

 

「(服を)脱がせてくれ」
「ああ(出来る)……でも、養太郎に脱がせて欲しいんだ」(翼)

 

2巻

「(マッサージ)私がくすぐったがり過ぎたんだ」
「どうも背中触られるのは苦手で」(翼)

 

「でも…前は気持ち良かった気がするから、またやってみて欲しい」(翼)

 

「大変だ。(養太郎に)大きなできものが」
「何するんだ、よく見ないと」
「大変な病気かもしれない」
「九条さんもよく見て!」(翼)

 

「男子の体は奇妙だなあ」
「養太郎が元気になったら、色々教えて貰おう」(翼)

 

「可愛い…? それは私に使う形容詞ではないだろう」
「かっこいいとはよく言われてたけど」(翼)

 

「可愛い女の子っていうのは、九条さんみたいな愛らしい見た目の人のことだぞ」(翼)

 

「そんなことないですよ」
「俺は翼様のこと、初めて見た時から綺麗で可愛い子だっ…て…」(養太郎)

 

「私は分からないんだ」
「自分が何をやりたいのか、何が好きなのか」(翼)

 

「何をするにもいつも誰かが決めてくれてて、それが当たり前だと思っていたから」(翼)

 

「とりあえず、やりたいことは分かってるじゃないですか」
「その『やりたいことを見つけていく』でしょう?」(養太郎)

 

「二人とも親御さんに信用されて預かってるんで、俺はその信用に応える義務がある」
「二人の世話係で! どっちが上とかないから」(養太郎)

 

「軽々しくなんか言ってないわよ」
「立場のことが気になるなら、うちからはお給料出てないし、私はただの居候よね」(みのり)

 

「つまり何の問題もないわ」
「さあ、私のこと好きになりなさい」(みのり)

 

「ここ最近、養太郎を見る度に、今朝は九条さんがくっついているのを見る度に」
「なんだか体がうずうずするんだ」(翼)

 

「他の男性を見ても何ともない、養太郎だけに感じる」
「これは養太郎のことが特別に好きだからだったのか」(翼)

 

「アイスより綺麗な景色より、養太郎が好きだ」(翼)

 

 

「分からない」
「果たしてこれがlike(ライク)なのか、ら…love(ラブ)なのか…」(養太郎)

 

「…そう(普通の女子高生に)なったら、私との契約は終わるだろう?」
「それは…嫌だな」(翼)

 

「今は…仕事以外で翼様に触れることはできません」(養太郎)

 

「翼様のことを特別に思うかどうかは…」
「翼様が独り立ちしてからじゃないと、考えることもできないんです」(養太郎)

 

「でも仕事上なら構わないんだよな?」
「男女の違いを勉強するためなら、触れ合っていいということだろう?」(翼)

 

3巻

「…私はプロですので」
「さ、覚悟を決めて入浴補助を学んでください」(夏帆)

 

「私は…私はお世話されるのが好きなのに!」
「西園寺といるとお世話する側になっちゃうのよ!」
「でもまんざらでもなかったのよ」(みのり)

 

「そうだ。昨日の買い物で九条さんに助けられて気づいたんだけど」
「もう一つあったよ、私の『好きなもの』。九条さんだ」(翼)

 

「でも、この(短い)髪は初めて自分でやりたいと思って、やってみたことなんだ」
「だから、きっかけをくれた九条さんには感謝してる」(翼)

 

「でもこれで分かった」
「周囲の人達の一方的な『好意』と『善意』で、成長する機会を奪われてたんだ」(養太郎)

 

「もうそんなことはさせない」
「翼様が自由に生きるために」(養太郎)

 

「身体も心も、全てお世話出来てこそのメイド道ですから」(夏帆)

 

「人のお世話をし、その人の成長を見るのは楽しいものです」
「養太郎さんのこともしっかり育ててさしあげます」
「ええ、立派なメイドに」(夏帆)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
お嬢様の僕 1巻 (Kindle)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※