「夜桜さんちの大作戦」夜桜凶一郎(よざくらきょういちろう)の名言・台詞まとめ

アニメ「夜桜さんちの大作戦」夜桜凶一郎(よざくらきょういちろう)の名言・台詞をまとめていきます。

 

夜桜さんちの大作戦

1話

「俺はな、陰から六美のことをずっと見守り続けてきたんだ」
「六美は魅力的だから変な虫がつかないよう、ずっとずっとず~っと見守ってきたんだ」

 

「お前が六美の幼なじみだからと見逃してきたが、そうも言っていられない事情が出来てな」
「悪く思うなよ、全てはかわいい妹のためだ」

 

「(手を引け?) やだね。そいつが無害である保証はないし」
「六美のためにも疑わしきは罰するのが俺のやり方だ」

 

「お前を失いかけたあの日、この子を守るためならどんな痛みも受け入れると誓った」
「愛しいお前を守れるなら、俺は命もいらないよ」

 

2話

「(殺そうと?) 何を言っているんだ、これも訓練の一環だ」
「スパイたるもの寝てる時でも頭の一部は覚ましておけ」

 

「まずは夜桜家の使命を教えてやる」
「夜桜六美を守るという、もっとも大切な使命を」

 

「(なぜ狙われる?) 理由は単純だ」
「六美が我が夜桜一族の十代目・当主だからだ」

 

 

「いずれこの子は夜桜のトップとして、裏社会にデビューしなければならない」
「だから今は表社会についても研鑽を積むために、一般生活を送る使命がある」

 

「だがそれは、夜桜を恨む者・ねたむ者・利用する者など」
「あらゆる悪意に六美がさらされるということでもある」

 

「これで分かっただろ?」
「常に死と隣り合わせの六美を守ること、それが俺たち家族の使命だ」
「お前も例外ではない」

 

「この世界じゃ敵味方は金や状況次第でコロコロ変わる」
「信じられるのは自分だけだ」

 

「まぁ、時にはその自分自身さえ…と」

 

「自分さえも疑うべきこの世界でも唯一信じられるものがある、それが俺達”家族”だ」
「俺はお前を殺したいが、この身に代えても決して死なせない」

 

「だからこそ死ぬ気で努力しろ」
「俺達の愛する六美のために」

 

5話

「スパイたるもの己の睡眠さえもコントロール出来なければならない」
「イルカや渡り鳥は脳を半分ずつ眠らせることで、常に覚醒状態を維持できる」

 

「この能力は訓練次第で人間も習得可能だ」
「事実、俺も完全な睡眠は15の時に卒業した」

 

7話

「(記事に)”変態長男の暴力政権も終了間近”」
「この記者は早死にするな」

 

「だが、そんなことはどうでもいい」
「何より重要なのは…1歩間違えれば七悪は死んでいた」
「お前の弱さが原因でな」

 

「うぬぼれるな」
「お前1人の失態で揺らぐ夜桜じゃない」

 

「だが…責任を取る意思があるのならやるべきことはただ1つ」
「ヒナギクに勝利し、汚名返上することだ」

 

「ヒナギクは独自の能力を持つ優秀な公務員スパイ」
「スパイの戦いは情報戦」

 

「ヒナギクに勝ちたくばその情報を盗め」
「すなわち…スパイをスパイしろ」

 

9話

「むしろどんな凄惨な最期を迎えたか想像するだけで、紅茶が美味くなる」
「心配どころか楽しいだろ」

 

「何度でも言うが、スパイとは情報戦」
「プロならお前の情報は筒抜け、攻撃は一切通じないだろう」

 

「だが、知っているという自負は想定外への対応力を鈍らせる」

 

「不完全でいい、付け焼き刃で上等」
「自分の体に刻まれた情報を信じれば、状況は変わる」

 

10話

「方法は限られるが情報は取り出せる」
「お前の遺言も記録しようか?」

 

「浮気とは聞き捨てならないなあ」
「悪には迅速な処分が必要だ」

 

「(謝りな?) 断固拒否する」
「こいつに頭を下げるくらいなら死んでも構わん」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
夜桜さんちの大作戦 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→夜桜さんちの大作戦のインデックス