「葬送のフリーレン」ヴィアベルの名言・台詞まとめ

アニメ「葬送のフリーレン」ヴィアベルの名言・台詞をまとめていきます。

 

葬送のフリーレン

20話

「人ってのは、人の弱い部分をよ~く知ってる」
「戦争に女子供を駆り出すなんて悪魔の所業は、珍しいことでもなんでもねえ」

 

「地獄なんかじゃない」
「北の果てじゃ日常だ」

 

「俺はためらい臆することはあっても、必要な殺しは全部やってきたぜ」

 

「(殺す?) 不合格が確定したんだ、もう不要な殺しだ」

 

「別に背中を狙ったって構わないぜ」
「不要な殺しが必要な殺しに戻るだけだ」

 

「バカが、優しさなんかで命張れるか」
「人間は欲望のために戦うんだよ」

 

24話

「エーレは単純な魔力勝負の殴り合いなら、俺やシャルフを圧倒できる」
「だが…俺は勝ち方を知っている」

 

26話

「俺は他人を信じるようなタチじゃねえが」
「ケツを振っている勝馬を逃すほどバカじゃない」

 

28話

「勝てない勝負をするバカは、二級魔法使いにすらなれねえだろ」

 

「(好きな魔法?) 魔法ってのは殺しの道具だぜ」
「好きも嫌いもあるか」

 

「(フェルン達を殺そうとした?) 単なる脅しだよ」
「まあ1人殺しておいた方が世のためになりそうな奴はいたけどな」

 

「俺は故郷の村を守るためならなんだってする」
「一級魔法使いになりたかったのも、望む魔法が与えられる特権のためだ」

 

「強え魔法が手に入れば、それだけ魔族をぶっ殺せるからな」

 

「確かに、千鏡の塔もベーゼも皇獄竜も、魔王すら、俺の村には関係ねえわな」
「みんな日々の生活を守るので手いっぱいだ」

 

「きっと勇者ヒンメルが俺の村に来なかったら」
「世界が平和になってもそこに俺の村はなかったんだろうな」

 

「俺をここまで連れてきたのは、勇者ヒンメルのくだらない冒険譚だ」
「俺が言いたいのはそれだけだ」

 

「フリーレン、出会いは大切にしろよ」
「今生の別れってのは何も、死別だけじゃない」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
葬送のフリーレン 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→葬送のフリーレンのインデックス