「アンデッドガール・マーダーファルス」輪堂鴉夜(りんどうあや)の名言・台詞まとめ

アニメ「アンデッドガール・マーダーファルス」輪堂鴉夜(りんどうあや)の名言・台詞をまとめていきます。

 

アンデッドガール・マーダーファルス

1話

「もうよい。鬼殺し、無礼を許せ」
「いきなり鳥籠に触れようとするからだ、以後気をつけろ」

 

「どうせ舞台の上でしか殺せないのだろう?」

 

「お前の寿命はそう長くはなさそうだ」
「お前は勝ち続けても、じきに死ぬ」

 

「あれは芸じゃない」
「少なくとも、見せかけやまやかしじゃないな、鬼殺し」

 

「いや、鬼半分・人半分の鬼混じり」

 

「私は目が肥えているからね、そういうのは見ただけで分かるんだ」
「お前には、鬼が混じっている」

 

「あらゆる化け物を殺せる生き物…鬼が」

 

「私はお前の寿命を延ばすすべを持っている」
「私の頼みを聞くとお前が約束してくれるなら、礼としてそのすべを教えてやろう」

 

「私を殺してくれ」

 

「(不死は)与太話ではなく本当だ」
「というか1匹ではなく1人と言え」

 

「答えはいつも灯台もと暗しさ、鬼殺し」

 

 

「鬼は化け物の再生能力を無効にする」
「だが、それが別の生き物と半分ずつ混ざった中途半端な生き物だったら」
「相手に及ぼす力も半減だ」

 

「結果、しゃべる生首の一丁上がりというわけだ」

 

「では津軽」
「お前は死にたがっているが、生きたがっている」
「なぜだ?」

 

「おかしな奴だ」
「お前にとっては自分の命も冗談のタネか」

 

「急ぐどころか遅すぎだろう」
「この年で…首だけになってまで生きたところで面白いことは何もない」

 

2話

「弟子にした覚えはないぞ、津軽」
「お前はただの助手だ」

 

「きっと私に関わった人達は、他人に話しても信じてもらえないと思ったんでしょう」

 

「改めまして、輪堂鴉夜と申します」
「職業は探偵です」

 

「何しろ頭を使うこと以外できない体でしてね」

 

「(なぜ生きてる?) 答えは簡単です」
「私は死んでないから、生きてる」

 

「私を見た人の反応を眺めるのは、毎回とても楽しいですよ」

 

「いちいち上手いこと言わんでいい」

 

3話

「私は食べたくても食べられないんです」
「最近、太り気味でしてね」

 

「ホームズ氏と比べられるとは恐縮ですね」
「私は彼ほど天才ではありませんよ」

 

「直接会ったことはないです」
「出来れば一生会いたくありませんね、変人だという噂だ」

 

「(血は水よりも”鯛”?) それを言うなら”濃い”だろう」

 

「お前と根問いものを始めると、きりがないな」

 

 

「事実に基づき論理的推理を進めた結果、2つの矛盾した条件がぶつかり合っており」
「目下検討中だ」

 

「(フランス語を)叩き込んでなどいない」
「私はお前を叩いたり出来んからな」

 

「もちろん私は常識的に捜査をしていますよ」
「当たり前のことだけを気にかけながら」

 

「しかし面白いことに、鬼が最強の生物かというとそういうわけでもないんです」

 

「鬼は攻撃力にかけては最強でも守りが弱い」
「銃弾や火薬の前にはあっけなく倒れます」

 

「それに何より知能が低い」
「人間に狩り出されて”怪奇一掃”ですっかり滅びてしまいました」

 

「ゴダール卿、城に帰りましょう」
「それから皆さんを集めて下さい」

 

「この滑稽で悲惨なファルスめいた事件を…終わらせましょう」

 

4話

「私はこう言いました、”皆さんの中にハンナさんを殺害した犯人がいます”」
「”これからそれを証明します”と」

 

「それでは始めるとしましょうか」
「誰が、いかにしてハンナ・ゴダールを殺したか…その謎解きを」

 

「さて…私の推理は、この時点でたった1つにの疑問に集約されました」
「なぜ犯人はそんなトリックを弄(ろう)したのか?」

 

「不粋な犯人だな」
「まだ説明は終わってないというのに自分からボロを出すとは」

 

「◯は今、まさに私の命を狙いました」
「これ以上の自白はないでしょう」

 

「問題はありませんよ、私の助手に任せておけば」
「日本風に言えば…””真打登場”です」

 

「首から下がないことを除けば、まあ元気だ」

 

「名声が地に落ちたって、また何度でもやり直せばいい」
「何せ、私達は死なない怪物ですからね」

 

5話

「あいにく頭脳さえあれば探偵は出来ますから」

 

「保険市場で最大の邪魔者は、私達のような理屈が通じない生き物」
「奴等は狂信的な怪物廃絶主義者だよ」

 

「(ルパン対策?) 1つ考えた…が、バカバカしすぎて上手くいくかどうか」
「ヒントは…石川五右衛門」

 

6話

「迎えが遅い、あとでお仕置きだ」

 

「(降りろ?) ファルスの下準備だ」

 

7話

「忠告されたのに首を突っ込んでしまったよ」
「怪物専門の探偵、輪堂鴉夜だよ」

 

「新たな侵入者は普通のやつとは思えません」
「私の知識が役に立つかも」

 

8話

「(何かされた?) ええまあ、950年くらい前に」

 

「(誰に?) 変態でした、超のつく変態」

 

「(相手は怪物だらけ?) お前は鬼殺しだろう?」
「お前の持ち芸じゃないか」

 

9話

「そもそも人狼はほとんど人里に現れない」
「引きこもりが相手じゃ私だってお手上げだ」

 

「静句…こいつにしつけをしてやれ」

 

「見たいなら見せてもいいがおすすめしないな」
「私を見たらみんな悲鳴をあげるから」

 

「君が銃を下ろすなら」
「私は連続殺人犯を見つけ出して事件を解決できると思うけどなあ」

 

「なぜって…私は君より900年ばかり長く生きてるし」
「探偵というのは首から下がなくても務まる仕事だかなね」

 

「目と耳と頭脳さえあれば」

 

「(人狼?) 違う」
「犯人には理性がある、その点は確かだ」

 

10話

「(動かないで?) 大丈夫、私は動きようがないから」

 

「(仏壇に飾る?) そうしてくれ」
「あいにく私は不死身だが」(鴉夜)

 

「(死なない気分?) 死ぬほど退屈な気分です」

 

「(見てきたように話す?) ええ、分かりきったことに関しては」

 

「(醜い?) 首から下があった頃は絶世の美少女とよく言われたものだが」

 

「殺す? 私を?」
「ここ100年で一番笑えるジョークだな」

 

12話

「首から下がない以外は問題ない」

 

「どうやら2つの事件がつながったようだ」

 

「1つ確認することがある」
「それで全て解ける」

 

「(こんがらがってる?) いいや、単純明快だ」
「重要な手がかりは1つしかない」

 

13話

「すごいのは君の方だ」
「君の行った復讐は称賛に値するよ、その執念も緻密さも大胆さも」

 

「いや、探偵は謎解きを間違えた」
「なら犯人は逃げるのが筋だ」

 

「それに私はこの体だからね」
「檻に捕らわれた女性にはいつも同情してしまうんだ」

 

「何も変わらんさ」
「(見てきたよう?) 見てきたからな、いろいろと」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アンデッドガール・マーダーファルス [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→アンファルのインデックス

→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→感想・あらすじのインデックス