「キングダム」蒙驁(もうごう)の名言・台詞まとめ

マンガ「キングダム」蒙驁(もうごう)の名言・台詞をまとめていきます。

 

キングダム 馬陽防衛編

11巻

「急くな急くな、ゆるりと攻めればよいぞ」
「城は逃げはせぬ」

 

山陽平定編

18巻

「若者は血気盛んでほほえましぃのォ」
「あまり無茶しすぎて、命を落とさねばよいがのォ」

 

19巻

「久しぶりじゃのォ、廉頗…もう腹はくくったぞィ」
「最後に笑うのは、この儂じゃ」

 

21巻

「不思議とこの年になると分かるところがあるのじゃ」
「死力を尽くす戦いが近づいているとな」

 

「うろたえることはない」
「奴の前ではいつでも儂は”敗者”だ」

 

「廉頗よ、お主に負け続けた儂じゃ」
「こうなることも予想はしていた」

 

「予想ができたということは、”対処”ができるということじゃ」

 

「長年考えに考えを重ねた布陣じゃ」
「いつの日かお主と戦う羽目になった時、お主を討ち取るためにな」

 

「廉頗。儂は十分、知っておるのじゃ」
「お主がこの迷路の攻略図を脳裏に描ききり」
「それを狂いく実戦できる”天才”であることは」

 

「よォく知っておる故に、儂はお主の賢しさを逆手に取る!!」

 

22巻

「腕前ではない」
「今の儂の武器は心じゃ」

 

「紆余曲折した我が長き戦歴の総決算の場に立ち、ふとこうも感じておる」

 

「四十年前、祖国斉を捨ててまで立身出世を求め、秦国で何とか大将軍に登りつめたのは」
「今この刻(とき)のためであったのかもとな」

 

「どうじゃ、四十年の熱き思いのこもった一撃は大層重かろう」

 

「廉頗。今のお主の中には儂の激情を受けきる程、熱きものは無かろうて」

 

「廉頗。本当はお主自身、気付いておるのだろうが」
「黄金の刻(とき)は去ったと」

 

「最強の敵・六将が去った刻、お主の火も消えたのじゃ」

 

「時代は確実に次の舞台へと向かっておるのじゃ」
「じゃがそれは決して、決してあの時代を色あせさせるものではない!!」

 

屯留編

34巻

「そして今、英雄を目指す若者二人に、英雄になれなかった老人からの金言じゃ」
「蒙恬と信と王賁、三人で一緒に高みに登れ」

 

「いや…それにしても……長い旅じゃったのォ…」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

キングダム 1-69巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→キングダムのインデックス

→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→感想・あらすじのインデックス