【推しの子】雨宮吾郎(ゴロー)の名言・台詞まとめ

アニメ【推しの子】雨宮吾郎(ゴロー)の名言・台詞をまとめていきます。

 

【推しの子】

1話

「この物語はフィクションである」
「というか、この世の大抵はフィクションである」

 

「捏造して、誇張して、都合の悪い部分はきれいに隠す」
「ならば、上手な嘘をついてほしいのが、アイドルファンというものだ」

 

「この芸能界(せかい)において、嘘は武器だ」

 

「アイドルグループ”B小町”の絶対的エース、不動のセンター」
「究極美少女の16歳、アイ」

 

「結成から4年、じわじわと人気を上げてきて、メディアの露出も増えて」
「ようやく世間に見つかったって感じ?」

 

「ここからだ…ここから彼女はスターダムへと…」

 

「美しいものを見ると健康によい」
「こんな田舎ではアイドルライブなんてやらんからな、医療行為の一環だ」

 

「理由があんだよ、理由が」
「その(研修医の)時出会った患者の1人が、俺の運命を変えたんだ」

 

「16歳、施設育ち、どっかで聞いたような話だな」
「まるで…」

 

「ちょいちょいちょいちょい! えっ、本物!? アイのそっくりさん?」
「いや、長年のファンの僕が見間違えるはずがない」

 

「ええ~、リアルアイ超かわいい~!」
「じゃねえ!」
「推しのアイドルが妊娠しとる…ショックすぎて、ゲボ吐きそうなんですけど」

 

 

「君に好きな男がいても、僕は君を応援し続ける」
「でも、君が子供を産めば」
「より高みに羽ばたいていく姿を見ることは出来なくなるんだろう」

 

「ファンの意見ってのは、身勝手だよな」

 

「自信家かわいい」

 

「子供は産む、アイドルも続ける」
「つまり、それは…」

 

「アイというアイドルは、思っていたよりずっと図太く、ずるくて強く」
「一番星のようにまぶしかった」

 

「和解した」
「医者の僕と、ファンの僕の意見が一致した」

 

「星野アイ、僕が産ませる」
「安全に、元気な子供を」

 

「君の幸せがそれだって言うなら従おう」
「だって、君はどうしようもないほどアイドルで」
「僕はどうしようもないほど君のファンだ」

 

「”嘘は愛”、なんだかいい言葉に思えてきたから」
「スターはすごい」

 

「これ(出産)が終わったら、アイとのつながりもなくなり」
「ただのアイドルとファンに戻る」

 

「ちょっと裏の面も見えたけど、彼女のカラッとした性格を」
「むしろ好きになった感すらある」

 

「彼女の幸せを、心の底から応援できると…」

 

「もしかして、アイが産気づいたか?」
「どこだ携帯? 暗くて分からん」
「ていうか体が動かねえ」

 

「早く行かなきゃ」
「約束したからな…元気な子供産ませるって」
「早く起きてあの子の子供を…」

 

「(アイドルの子?) 真面目に考えたことはなかった」
「だって、そうだろ?」
「自分の話とは、思わなかったんだから」

 

「俺みたいな人間は、死んだら地獄に行くと思っていた」
「が…目覚めれば天国にいた」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
【推しの子】1巻 [Blu-ray]
【推しの子】1-12巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→【推しの子】のインデックス