「君の名は。」立花瀧の名言・台詞まとめ

アニメ「君の名は。」立花瀧の名言・台詞をまとめていきます。

君の名は。

「見ていたはずの夢は、いつも思い出せない。ただ…」

 

「ずっと何かを、誰かを探している」
「あの日、星が降った日。それはまるで…」
「(夢の景色のように)美しい眺めだった」

 

「ん…ん? ん~?」
「いやぁ、(○っぱい)すげえ本物っぽいなあって」
「えっ? お姉ちゃん?」

 

「(鏡を見て) えっ? えっ…えぇぇーー!!」

 

「なんだ、これ(手のひらに”みつは”)?」

 

「これって、もしかして本当に…」
「俺は、夢の中であの女と…」
「入れ替わってる!?」

 

「お前だって(彼氏)いねえじゃねえか」
「俺は…いないんじゃなくて作んねえの!」

 

「(口噛み酒) 三葉の、半分…」

 

「(今日彗星が見える?) 何言ってんだ…こいつ?」

 

「散々だったデートの結果は、次に入れ替わった時に伝えればいい…そう思った」
「でも…なぜかもう二度と、俺と三葉との入れ替わりは起きなかった」

 

 

「入れ替わりが途切れ、電話は通じず、メールも届かず…」
「だから俺は直接、三葉に会いに行くことにした。あいつに会ってみたかった。でも…」

 

「死んだ? 3年前に…死んだ? まさか?」
「だって、あいつの書いたメモだってちゃんと…」
「消えてく…」

 

「つい2~3週間か前に、『彗星が見えるね』って、こいつは俺に言ったんです。だから!」
「俺は…俺は…何を?」

 

「全部、ただの夢で…」
「景色に見覚えがあったのは、3年前のニュースを無意識に覚えていたから」
「そうじゃなければ…幽霊?」
「いや…全部俺の…妄想?」
「ああっ…あいつの名前、なんだっけ?」

 

「(あの場所は)あった…ホントにあった。夢じゃなかった。」

 

「ここから先は、あの世」

 

「俺達が運んで来た酒だ。こっちが妹で、こっちが俺」
「彗星が落ちる前…3年前のあいつと、俺は入れ替わってたってことか?」
「時間がズレてた?」
「あいつの半分…」

 

「ムスビ…本当に時間が戻るんなら、もう一度だけ…」

 

「三葉、そこにいちゃダメだ!」
「三葉、彗星が落ちる前に町から逃げるんだ!」
「三葉、逃げろ! 三葉! 三葉! 三葉ぁ!」

 

「三葉だ…生きてる」

 

「もしかしたら、宮水の人達のその夢って、全部今日のためにあったのかもしれない」
「ねえおばあちゃん、聞いて」
「今夜、糸守町に彗星が落ちて、みんな死ぬ」

 

「絶対に死なせるもんか!」

 

「私は、町長に会いにいく」
「娘の私からちゃんと話せば、きっと説得できる」

 

「三葉なら…三葉なら説得できたのか? 俺じゃダメなのか?」
「四葉。夕方までにおばあちゃんと一緒に町から出て!」
「ここにいちゃ死んじゃうんだよ!」

 

「3年前のあの時、まだ俺がお前を知る前!」

 

「(覚えてない?) 誰、お前?」
「変な女?」
「あのさ! あんたの名前?」

 

「3年前…お前はあの時、俺に…会いに来たんだ!」

 

「(三葉) いるのか?」

 

「かたわれ時だ」

 

「お前に会いに来たんだ。大変だったよ。お前すげえ遠くにいるから」

 

「(来れたのは)三葉の口噛み酒を飲んだんだ」

 

「(胸を触った?) ああ、ごめん、すまん、つい! 1回だけだって」

 

「お前さ、知り合う前に会いに来るなよ。分かるわけねえだろ」
「ほら(組紐)、3年俺が持ってた。今度は、三葉が持ってて」

 

「なあ三葉、目が覚めても忘れないようにさ」
「名前書いとこうぜ、ほら」

 

「言おうと思ったんだ。お前が世界のどこにいても、俺が必ずもう一度会いに行くって」
「君の名前は、三葉。大丈夫、覚えてる」
「三葉、三葉、三葉、名前は三葉! 君の名前は…あっ!」
「お前は…誰だ?」

 

「俺は、どうしてここに来た?」
「あいつに…あいつに会うために来た。助けるために来た。生きていてほしかった」
「誰だ? 誰? 誰に会いに来た?」

「大事な人、忘れたくない人、忘れちゃダメな人!」
「誰だ? 
誰だ? 誰だ? 誰だ? 名前は!?」

 

「俺…こんな場所で、何やってんだ?」

 

「ずっと、何かを探している。いつからか、そんな気持ちに取り憑かれている」

 

「探しているのが、”誰か”なのか、”どこか”なのか?」
「それともただ単に就職先なのか?」
「自分でも、よく分からない」

 

「あの頃(5年前)のことは、俺ももうあまりよく覚えていない」
「ケンカでもしたのか、司と先輩とは別々に東京に戻ったこと」
「どこかの山で1人で夜を明かしたこと…記憶はその程度だ」

「ただ、あの彗星をめぐって起きた出来事に、一時期、俺は妙に心を引かれていた」

「一体、何がそれほど気になっていたのか、自分でも、もう理由はよく分からない」
「あの町に、知り合いがいたわけでもないのに」

 

「今はもうない町の風景に、なぜこれほど…心を締め付けられるのだろう?」

 

「あの! 俺、君をどこかで!?」
「君の名前は?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
君の名は。 [Blu-ray]

 

→君の名は。
→君の名は。(宮水三葉)
→君の名は。(宮水一葉&四葉)
→天気の子
→秒速5センチメートル
→言の葉の庭

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました