「機動戦士ガンダム 水星の魔女」エランの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」エラン・ケレス(強化人士4号含む)の名言・台詞をまとめていきます。

機動戦士ガンダム 水星の魔女

2話

「彼女…本当に魔女なんだろうか?」

 

「僕は人を好きになったりしないよ…絶対に!」

 

「君に興味があったから」
「スレッタ・マーキュリー。君のことを、もっと知りたい」

 

3話

「決闘は平等じゃないよ」
「その生徒のバック次第で、用意できるモビルスーツも、サポートメンバーも違ってくる」
「この偶然がたとえ仕組まれたものだとしても…それを含めて彼の力だよ」

 

「スレッタ・マーキュリー。君が魔女なら、切り抜けられるはずだ」

 

4話

「また困ってる?」
「君は分かりやす過ぎると思うけど」

 

「僕は君(ミオリネ)に興味ないよ」

 

5話

「スレッタ・マーキュリーは、おそらく強化人士だ」
「ガンダムに乗るためだけに造られた人間…僕と同じようにね」

 

「いつからこの機体に?」
「君のこと、もっと聞かせてほしい」

 

「僕なら暴ける、お前がガンダムかどうか?」

 

「(誕生日?) そんなもの、僕にはない」

 

「うっとうしいよ、君は」
「モビルスーツが家族? あんなもの僕には呪いでしかない」
「同じだと思ってたのに…君は、僕と」

 

「決闘でもする?」
「ちょうどいい。グエル・ジェターク、君に決闘を申し込む」

 

「ガンダムを倒せるのは…」
「ガンダムだけだ」

 

「勝ったよ、スレッタ・マーキュリー。約束通り、次は僕と戦ってもらう」
「君が僕との決闘で賭けるのは…エアリアルだ」
「僕が勝ったら、君のガンダムをいただくよ」

 

6話

「(次の戦闘は問題ない?) 次の次はもたないってことか…」

 

「(呪いのモビルスーツ?) 僕はとっくに…呪われてるよ」

 

「帰ってくれ。僕に誕生日はないって言ったはずだ」
「(今日を誕生日に?) やっぱり君は…鬱陶しいよ」

 

「僕のことを教えてくれ?」
「『僕はガンダムのために造られた使い捨ての駒だ』、そう答えれば君は満足なのか?」
「意外と意地が悪いじゃないか、スレッタ・マーキュリー!」

 

「君はなんでも持っている」
「友達も家族も、過去も未来も、やりたいことリスト、希望だって…」
「だったら勝利くらい僕にくれよ!」
「じゃなければ…不公平すぎる!」

 

「鬱陶しさも、ここまでくれば筋金入りだよ」

 

「ベルメリア・ウィンストン…あんたの見立ては間違ってたよ」
「それでも…君だけは否定してみせる! スレッタ・マーキュリー!」

 

「賭けは僕のことを教える、だったね?」
「いたんだ、昔…誕生日祝ってくれる人。僕には何もないと思っていた」
「けど、そうじゃなかった…そうじゃなかったんだ」

 

7話

「なんだって俺が強化人士の尻拭いなのさ?」
「面倒残していきやがって」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ガンダムエアリアル 1/144スケール (プラモデル)

 

→ガンダムシリーズのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました