「劇場版 名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」の名言・台詞まとめ

アニメ「劇場版 名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」の名言・台詞をまとめていきます。

劇場版 名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)

「ダメだぁ、このおっちゃん」(江戸川コナン)

 

「でも……でもどうしてお父さん(お母さんを)撃ったんでしょう?」(毛利蘭)

 

「いくら腕に自信があるからって、私……もうお父さんのこと信じられない。新一だったら、絶対にそんなことしないよね?」(蘭)

「さあなあ、俺には分からないな。ただ、おじさんがおばさんを撃ったのは事実でも、それがイコール真実とは限らねえんじゃねえか?」(工藤新一)

 

「大丈夫。ガキのころ何度も(ヘリコプターの)模擬操縦してっから!」(コナン)
「今だってガキじゃねえか……」(毛利小五郎)

 

「行きます……私とコナン君も付いて行きます!」
「そうよ! お父さんのために何人もの人が襲われているのよ。家でなんて待ってられないわ!」(蘭)

 

「関係無いかどうかは、我々が判断します。話して下さい」(目暮十三)

 

「なんてこった!? 俺はとんでもない思い違いをしてたんだ!」(コナン)

 

「おい白鳥、俺に銃を寄こせ」
「寄こせって言ってるんだ」(小五郎)

 

「そうか……そうだったのか。だから、おっちゃん……」(コナン)

 

「危なかったな、蘭」(コナン)

 

「お母さんを助けるために……これが真実だったのね、お父さん」(蘭)

 

「死なせやしねえ! てめえに、自分の犯した罪の重さを分からせてやる!」(小五郎)

 

「新一のカード、スペードのエースよ。私ずっと握りしめてたんだ。もしかしたら、新一が守ってくれたのかもね?」(蘭)

「バーロー。エースに助けられたのは……俺の方、だぜ」(コナン)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
劇場版名探偵コナン 14番目の標的 [Blu-ray]

 

→名探偵コナンのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました