「ワンピース」Dr.ヒルルクの名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」Dr.ヒルルクの名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース 冬島編

85話

「医者狩りなどには捕まらねえ。俺は、いずれ医学でこの国を救ってみせる」

 

「ふざけやがって…俺を、誰だと思ってやがる?」
「おい、待て! 俺は決してお前を撃たねえ!」

 

「おめえはトニートニー・チョッパーだ。トナカイで、木でも切り倒せそうな立派な角を持っているからな。いい名前だろ?」

「俺はおめえをそう呼ぶぜ」

 

「そうだろうな、ケンカするには相手が必要だ。じゃあ、こういうのも初めてか?」
「やるよプレゼント、仲直りの印だ」

 

「お前も俺も苦労するな、はみ出し者ってのは」
「だがよ…恨むなよ、人間を。この国は今病気なんだ」

「国民も王も心が病んでいる。病気の国の治療など出来るもんかと人は言うだろうが…それは違う」

「俺の発明が完成すれば、この国は救われるんだ」

 

「つまり、この世に治せねえ病気なんてねえのさ。俺のことを誰がどう言おうとも、俺はこの国を医者として救ってみせる」

「だから全ての病気に俺は、このドクロを掲げたのだ!」
「こいつはな、不可能をものともしねえ信念の象徴だ。俺は医者としてこの国を救ってみせる」

「これを掲げ、海賊のように俺は戦う!」

 

 

「海賊はいいぞ! 海にはとてつもねえ奴等がごまんといるんだ」
「チョッパー、お前はいつか海に出ろ。そうすりゃお前の悩みなど、いかに小せえことかよーく分かるぜ」

「お前の生まれたこの島なんて、世界から見りゃこんなんだぜ」

 

「お前の明日は、あの海の向こうにあるんだ」

 

「(余命)10日? 十分だ。後2日…2日で完成してやる。30年続けてきた研究を、俺は…」
「この国に桜を咲かせてみせる」

 

「(桜は)咲く! どうしようもねえ悪党で、死にかけてた俺が生きながらえて心の底から改心できた」

「この世の全ての人間は救うことが出来るんだ。それを俺は生まれたこの土地、ドラムで証明したい」

 

「チョッパー、俺達は似てるのさ。だから、せめて最後にお前に教えてやる」
「この世に不可能などねえ。おめえにだってなんでも出来るんだってな」

「見せてやるぜ、奇跡の桜を!」

 

86話

「なれるさ! なれる、なれる。お前は立派な医者になれる」
「お前はこんなに優しいじゃねえか」

 

「お前はいい医者になれるぜ。俺が保証する」

 

「チョッパーに医学を教えてやってくれ。あいつは医者になりてえんだ」
「あいつはトナカイだし化け物だが、きっと立派な医者になれる」

「心の優しいいい奴なんだ。命を張って薬を作ってくれた」
「頼む、医者にしてやってくれ!」

 

「なんだよ…よかった、病人はいねえのか」
「俺はてっきり、国の一大事かと…なんだ、俺が騙されただけか」

 

「やめておけ。お前らには俺は殺せねえよ」
「よう…人はいつ死ぬと思う?」

「心臓をピストルで撃ち抜かれた時? 違う」
「不治の病に侵された時? 違う」
「猛毒キノコのスープを飲んだ時? 違う」

「人に、忘れられた時さ」

 

「俺が消えても俺の夢は叶う。病んだ国民の心もきっと救えるさ」
「(国も)受け継ぐ者がいりゃあな」

 

「もうすぐここに化け物がやってくる。俺の息子だ、手出すなよ」
「安心しろチョッパー、お前のキノコじゃ俺は死なねえ」
「全く、いい人生だった!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのリストはこちらより

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました