「ゴールデンカムイ」の名言・台詞まとめ

アニメ「ゴールデンカムイ」の名言・台詞をまとめていきます。

ゴールデンカムイ

1話

「いざとなったらぶっ殺した○○○兵の白いケツをかじってでも…俺は生き抜いてやる!」(杉元佐一)

 

「殺してみろ!」
「殺してみろ!」
「死ねぇー!」
「俺は不死身の杉元だ!」(杉元)

 

「(勲章?) 気に入らない上官を半殺しにしなきゃな。とにかく今は金が必要でね」(杉元)

 

「試してみるかい? 俺が不死身かどうか」(杉元)

 

「じゃあお前がマタカリプを討てばいい。兵士なら戦え」(アシㇼパ)

 

「もうすぐ真っ暗になる。戦う覚悟がないなら、その男を置いて早く立ち去った方がいい」
「弱い奴は食われる」(アシㇼパ)

 

「ヒグマは一度人間を殺すと、罰として人間しか食えなくなる。人間を恐れない、凶暴で危険な悪い神”ウェンカムイ”になる」(アシㇼパ)

「バレちまったわけだ。人間様が弱い生き物だって」(杉元)

 

「生きてる。やれやれ…また生き残った」(杉元)

 

「私も人を殺したくない」(アシㇼパ)
「人を殺せば地獄行きだと? それなら俺は特等席だ」(杉元)

 

「手を汚すのは俺がやる。アシㇼパさんは知恵だけ貸してくれ。俺は金で、アシㇼパさんは親の仇。目的は違えど、道は同じ」

「2人で手を組めば、鬼に金棒だ」(杉元)

 

2話

「言いたいことはそれだけか?」
「なあに…死んでしまえば、ひんむかれようが痛みなんてねえさ」(杉元)

 

「生け捕りにするつもりだったが…手加減できる相手じゃねえ!」(杉元)

 

「いや…(目的は)惚れた女のためだ」(杉元)

 

「俺が戦争で学んだ死なない方法は一つさ。殺されないことだ」(杉元)

 

「アシㇼパさん、俺は殺人狂じゃない。でも殺されるくらいならちゅうちょせず殺す」
「弱い奴は食われる。どこの世界も、それは同じだろ?」(杉元)

 

「よせ、杉元! 私は気にしてない、(侮辱には)慣れてる」(アシㇼパ)
「慣れる必要なんかないんだぜ…」(杉元)

 

「俺は脱獄王だ。誰に捕まろうが、煙のように逃げてやるさ」(白石由竹)

 

3話

「杉元! あいつらと戦おうなんて思うなよ…殺されるぞ」(アシㇼパ)
「俺は不死身の杉元だ」(杉元)

 

「お前は最後のホㇿケウカムイなんだから、私のためにウェンカムイなんかになっちゃダメ」
「でも、助けてくれてありがとう」(アシㇼパ)

 

「(子熊を)殺すというより、送り返すという考え方だ。私達は身の回りの役立つもの、力の及ばないもの、全てをカムイ…”神”として扱い、感謝の儀礼を通してよい関係を保ってきた」

「狩猟をなりわいとしている私達にとって、動物のカムイは重要な神様。動物達は神の国では人間の姿をしていて、私達の世界へは、動物の皮と肉を持って遊びに来ている」(アシㇼパ)

 

「信仰の中には、私達が生きる術が入ってる。例えば、捕まえた子熊を育てるのは、大きくなればそれだけ毛皮や肉が取れるからだと思う」

「そうやって私達は生きてきたから、正しいことだと私は信じてる。でも、別れる寂しさはどうしようもない。だから私は、決して情が移らないように距離を置くんだ」(アシㇼパ)

 

「アシㇼパという名は父が付けた。”新しい年”という意味だが、”未来”とも解釈できる」
「私は、新しい時代のアイヌの女なんだ」(アシㇼパ)

 

「戦友は今でも満州の荒れた冷たい石の下だ。我々の戦争はまだ終わっていない」(鶴見篤四郎)

 

「いくつになっても男子は、刀を振り回すのが好きだろう?」(土方歳三)

4話

「アイヌが争いのために川を汚すなんて、絶対にあってはならない。あの砂金は、魔物がついている。呪われたものだったのだ」(マカナックル)

 

「あいつ(レタㇻ)は…飼い犬にはなれなかった」
「誇り高きホㇿケウカムイだから」(マカナックル)

 

「私はお前の死神だ。お前の寿命のろうそくは、私がいつでも吹き消せるぞ」(鶴見)

 

「そこへ案内しろ。この毒矢はヒグマなら10歩だが…お前なら1歩も動けずに死ぬ」(アシㇼパ)

 

「何度でも逃げてみろ、脱獄王。ホㇿケウカムイの追跡からは、決して逃げられないぞ」(アシㇼパ)

 

5話

「杉元は絶対に生きてる。あいつの強さは、死の恐怖に支配されない心だ。ヒグマの巣穴に飛び込むような奴は、父以外に私は知らない」

「あいつは自分から死神にギリギリまで近づくことで、生き延びる活路を見いだす」
「だからあいつは、不死身の杉元なんだ」(アシㇼパ)

 

「私は、既に父を無惨に殺されている。危険は覚悟の上だ。杉元と一緒なら目的が果たせるかもしれないと、私が自分で判断したから協力すると決めたんだ」

「私を子供扱いして相棒として信用せず、1人で軽率に行動して捕まったのはお前じゃないか」(アシㇼパ)

 

「いつだって頭数は当てにならんかった。戦力になったのは、命を捨てる覚悟が出来ていた者だけだ」(土方)

 

「生き残りたくば、死人になれ」(土方)

 

「皆殺しだ! 1人もここから逃がすな!」(土方)

 

「5発あれば5回勝負できると勘違いするが、1発だから腹が据わるのだ」(二瓶鉄造)

 

「(クマも)びびっておっ立っちゃ負けよ」(二瓶)

 

6話

「俺が1人で倒したヒグマは200頭を超えたが、一度だって同じ勝負はない」
「だが共通する習性はある。個性と習性は別だ。習性を知り尽くせば、こちらの有利に働く」(二瓶)

 

「つららを溶かす体温も残ってないのに、懸命に生きようとするこいつ(鹿)ににらまれたら…動けなかった。こいつは俺だ」(杉元)

 

「最後まで責任持てないなら、最初から撃つな」(アシㇼパ)

 

「私達や動物達が肉を食べ、残りは木や草や大地の命に置き換わる。鹿が生き抜いた価値は消えたりしない」(アシㇼパ)

 

7話

「狼は既に絶滅している。数がこれから回復することはない。狼を絶滅させた罪、この土地に住む全ての人間に罪がある」

「金などどうでもいい。俺はエゾオオカミが最後に見る猟師になりたいのだ」(二瓶)

 

「俺の相棒が助けたいと言うなら邪魔はしねえさ。もし何かあったら、今度は俺が相手をするまでだ」(杉元)

 

8話

「協力するか殺し合うか、どちらか選べ」(土方)

 

「(殺した相手を)せめて忘れないでいてやるのが俺の償いさ。俺には俺の、殺さなきゃいけない道理があった」

「その代わり…俺がくたばる時は安らかに死なせてもらおうなんてつもりは毛頭ない」(杉元)

 

9話

「俺は死ぬつもりなんてない。絶対にまだ死ねない」(杉元)

 

「この勝負、最初の1発で決められなかったことを…後悔させてやる」(谷垣源次郎)

 

10話

「英雄? 死に損なっただけさ」(杉元)

 

「信じない。自分の目で確かめるまでは」(アシㇼパ)

 

「俺は日本中の監獄を脱獄してきたが、網走監獄は中でもとびきり厳重だ。本人に会うなんてまず不可能だろうぜ」

「俺の協力なしではな」(白石)

 

12話

「泣きわめくのは覚悟がなかった証拠だ」
「いいか小僧共。この時代に老いぼれを見たら、生き残りと思え!」(土方)

 

「何にでも当てはまりそうなことを、あてずっぽうで言ってるだけだ。私は占いなんかに従わない。私は新しいアイヌの女だから」(アシㇼパ)

 

「占いというのは、判断に迷った時に必要なものだ。私達のこの旅に迷いなんかない」
「だから…占いも必要ない」(アシㇼパ)

 

「必要な額の金が手に入ったから、いち抜けたなんてそんなこと…俺があの子に言うとでも思ってんのか!」(杉元)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ゴールデンカムイ 全31巻セット (コミック)

 

→ゴールデンカムイ(2期)
→ゴールデンカムイ(3期)
→ゴールデンカムイ(杉元佐一)
→ゴールデンカムイ(アシㇼパ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました