「刃牙シリーズ」オリバ&ゲバルの名言・台詞まとめ

アニメ「バキ」「範馬刃牙」ビスケット・オリバ(黒色)&ジュン・ゲバル(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

バキ

13話

「とんだ誤解だ…20余年前に樽に詰めたワイン。まるで今から栓を抜いてグラスに注ぐような。嬉しいやら楽しいやら…」

 

「銃が小さすぎるぜ」
「ショットガンじゃ、私を獲れんよ。大型の猛獣をショットガンでは仕留められんようにね」

 

「君はつまらん」

 

14話

「君は私に尋ねたな。『なぜ犯罪者である私が、犯罪者をハントしているのか』と」
「残る3名、彼等に…私以上の自由は許さない!」

 

「戦力分析は終わったかね? ならば、逆立ちしても勝てぬことは分かったろう」
「お察しの通りだ。私は君の遥か上にいる」

 

15話

「愚問だな。愛以外に人を強くするものなどあるものか」

 

「いや~、嬉しくってね。ステーツじゃ、私の前に立とうなどという強者(つわもの)は、とうの昔にいなくなってしまった」

 

バキ(2期)

5話

「だから言ったろ? お前さんは、少し…スマートさが足りねえ!」

 

「む・り・だ…お前さんがこの貫手を身につけるため、どれほど指を鍛え込んだのか知らんが、俺がリアルで腹筋を固めた時には諦めた方がいい」

 

範馬刃牙

3話

「(清掃箱にいたのは)ウォリアーだからね」
「横になりたきゃ、死んでから存分に楽しんだらいい」

 

「死ぬには、いい日だ」

 

4話

「俺を倒し、そして何を手に入れる?」
「ここにいる者にとって、唯一の楽しみである食事。君はそれを奪った…重罪だ」
「君から自由を奪う」

 

「動かせるはずがない。地面に立っているだけの君等ではね」

 

5話

「何もない。そいつからは(助けても)何も返ってこない…アメリカ人だからな」
「人のいいことだ」

 

6話

「歴戦の悪党共が、最強を認められたつわもの共が、君達を前に煮え湯を飲まされている。実に興味深い」

 

「アマチュアだな。今、君等がお月見をしてる間に、確実に1人は俺に仕留められていた」

 

「満潮だ…船出の時。さあ、続きだ」

 

「退屈だった眠れぬ夜に、極上のレクリエーションをサプライズボーナス。お礼を言うのはむしろ俺の方だ、ブラザー」

 

「一流の人格、一流の頭脳、一流のリーダーシップという神からのギフトがありながら、ゲバル、君には大きな欠点がある。そして俺もな…」

「その通りだ。俺達はいい年をして、ケンカに負けたくない」

 

7話

「見てるがいい。2度目の日が昇る時、奴もただの受刑者に成り下がる。恋人も力もない、無能な一囚人に」

 

「行ってくるよ、マリア。君の恋人がどんなに強い男かを証明する」

 

「知ってるさ。アメリカで一番ケンカが強い男は、こんなパンチじゃ倒れない」

 

8話

「君を見くびっていた、いたわっていた、そして…気遣っていた。本気で叩くには小さすぎると」

 

「ゲバルよ…君には資格がある」
「ああ…いったいいつ以来だろう? 人を本気で叩くのは」

 

9話

「死ぬにはいい日など…死ぬまでない。いつだって、今日を生きるしかない!」

 

「ゲバルよ……フィナーレだ」

 

「闘いは終わりだ…もう歌は聴こえない」

 

「強かったぞ、ゲバルは。愛はないがな…肉への愛が」
「俺よりもずーっと早い段階で、筋肉というかけがえのない恋人に別れを告げている」

 

10話

「日本には『お灸を据える』という言葉がある」
「坊や、抵抗は自由だ」

 

「毎日、毎日…そう、何があろうと毎日…マリアの元へ」
「アメリカ最強と言われる私にとって、アメリカ一ワガママと言われる私にとって、この毎日の義務・儀式は、実は唯一の安息だったりする」

 

「噛みしめることだ。私と君との境遇の差。アリゾナ州刑務所、ここは私の国なのだ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
グラップラー刃牙 全42巻セット (コミック)

 

→グラップラー刃牙(マンガ)
→バキ
→バキ(2期)
→範馬刃牙
→刃牙シリーズ(範馬刃牙)
→刃牙シリーズ(範馬勇次郎)
→刃牙シリーズ(愚地独歩)

→マンガの名言インデックス
→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました