「探偵はもう、死んでいる。」シエスタの名言・台詞まとめました

アニメ「探偵はもう、死んでいる。」シエスタの名言・台詞をまとめていきます。

探偵はもう、死んでいる。

1話

「はい、私は探偵です」

 

「ちょうどよかった、君」
「私の助手になってよ」

 

「シエスタ」「それが私の名前」
「コードネームだよ」「あるでしょ、普通」

 

「そう、じゃあ君って呼ぶから」
「どっちだと思う?」

 

「それで……こうもり、あなたの目的は? どうして私を、名探偵をここに呼んだの?」

 

「じゃあ、この男は嘘をついてたってこと?」

「名探偵に恐れをなして、つい口が滑ってしまったそれを嘘だとごまかして、無理やり私の負けということでゲームを終わらせようとしてると? つまりは、ビビっていると?」

「そういうこと?」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「それもあるけど……最初からあなたのこと、知ってたから」
「一流の探偵っていうのは、事件が起きる前に、事件を解決しておくものだから」

 

「助手なんか雇うんじゃなかった。ここまで何の役にも立ってないし!」

 

「バカか、君は?」
「私がバケモノに見える?」

 

「謎のアタッシュケースを手に、海外に渡ってる中学生が何か言った?」

 

「探偵たる者、隠密行動は基本だもの。現に私の存在に気づいてるお仲間はいなかったでしょ」

 

「情報が足りなかった。さすがに心拍数まではごまかせないか。せめて武器があれば……」

 

「助手! 最高の仕事だよ」

 

「そうね。でも、私がいる時点で、既に解決したと言えるかな」

 

「パン」「はい、今ここであなたは死にました」
「これであなたが、お仲間に狙われることは無くなった。あなたはもう、ただの死人なんだから」

 

「さっきあなたに撃ち込んだ弾丸は、私の血で作られててね。その血を浴びた者は、決してマスターに逆らうことが出来なくなる」

 

「それは企業秘密で」

 

「いいえ。私は生まれつき、名探偵体質なの」

 

「恨むなら、私の手の中から逃げなかった自分を恨むんだね」

 

「だってそれは君が私の話を聞き入れないから」
「ただ私の助手として、世界を飛び回るのに付き合って欲しいだけなんだけど?」

 

「でも、私にしかやれないんだよ、この仕事は」

 

「君は2日会わないと忘れてしまう顔立ちをしているからね。隠密行動にはピッタリだよ」

 

「何か悩みがあるんでしょ?」
「それらを解決してあげることが、私が君に与えられるメリットだよ」

 

「ああ、制服を着ている理由? だって、文化祭で制服デートって、楽しそうじゃない」

 

「えっ、なに? 君はまさかデートイコール、私が彼女になるみたいな話だと思ってた?」

 

「流れにそってやる気になってくれるその感じ、とてもいいよ。伸ばしていこう」

 

「うっかりラブコメに尺を使い過ぎたね。これ、走りにくいね」

 

「私が君を守る」
「その体質のせいでどんな事件やトラブルに巻き込まれようと、私がこの身を挺して君を守ってあげる。だから……君、私の助手になってよ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
探偵はもう死んでいる 1-5巻セット (ノベル)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました