「進撃の巨人」ベルトルト・フーバーの名言・台詞まとめ

アニメ「進撃の巨人」ベルトルト・フーバーの名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人 Season2

29話(4話)

「いや、昔のライナーは、戦士だった。今は違う」

 

31話(6話)

「ライナー。やるんだな、今、ここで!?」

 

34話(9話)

「ライナー、君は、兵士じゃ無いだろ。僕等は、戦士なんだから」

 

「あの時(エレンの話)は……気の毒だとは、思ったよ……」

 

36話(11話)

「だ、誰が、人なんか殺したいと、思うんだぁ!!」

 

「人から恨まれて、殺されても当然のことをした。取り返しのつかないことを」

「でも、僕等は、罪を受け入れきれなかった。兵士を演じてる間だけは、少しだけ、楽だった。嘘じゃないんだ!」

「確かにみんな騙したけど、全てが嘘じゃない! 本当に仲間だと思ってたよ! 僕等に、謝る資格なんてある訳ない。けど、誰か、お願いだ。誰か僕等を、見つけてくれ!」

 

「ダメだ、出来ない。誰かがやらなくちゃいけないんだよ。誰かが、自分の手を、血で染めないと!」

 

「やっとここまで来たんだ! エレンを連れて帰る! 故郷に帰るんだ!」

 

「悪魔の末裔が! 根絶やしにしてやる!!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

進撃の巨人 Season3

52話(15話)

「分かりました。アニのことは、いったん頭から離します。こんな地獄は、もう僕達だけで十分だ。もう……終わらせましょう」

 

「君がここまで追い詰められるなんてな……ライナー」

「一つ、頼みがある。少しだけ体を動かしてくれ。出来なかったら……すまない、覚悟を決めてくれ。終わらせてくる」

 

「話をしたら、全員死んでくれるか!?」

「僕達の要求はわずか二つ、エレンの引き渡しと、壁中人類の死滅。これが嘘偽りの無い現実だ! アルミン、もう全ては決まったことだ!」

 

「アニの話を出せば、また僕が取り乱すと思ったか? 大人しくて気の弱いベルトルトなら、いいくるめて隙を付けると思ったのか?」

 

「僕には分かる。そうやって震えてるうちは、何も出来やしないって」

 

「確認したかった。君達を前にした途端に、また泣き言を繰り出し、許しを請うんじゃないかってね。でも……もう大丈夫みたいだ」

「うん、君達は大切な仲間だし、ちゃんと殺そうと思ってる」

 

「すごく変な気分だ。恐怖もあまり感じていないし、周りがよく見える。きっと、どんな結果になっても、受け入れられる気がする。そうだ、誰も悪くない、全部仕方なかった」

「だって世界は、こんなにも、残酷じゃないか」

 

進撃の巨人 The Final Season

64話(5話)

「僕は、何故かこう思うんだ。あのおじさんはきっと、誰かに、裁いて欲しかったんじゃないかな?」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(2期)
→進撃の巨人(3期)
→進撃の巨人(4期)
→進撃の巨人(エレン)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ライナー)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(コニー)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(クリスタ)
→進撃の巨人(ユミル)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(ハンネス)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ペトラ)
→進撃の巨人(ガビ&ファルコ)
→進撃の巨人(ジーク&ピーク)
→進撃の巨人(イェレナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました