「魔王学院の不適合者」アノスの名言・台詞まとめ

アニメ「魔王学院の不適合者」アノス・ヴォルディゴードの名言・台詞をまとめていきます。

 

魔王学院の不適合者

1話

「悪いな。魔力が小さすぎて目に入らなかった」

 

「これしきの言霊にも従うのか?」
「しばらくそこで反省していろ」

 

「まがい物だ。そもそも俺とお前が、同じ立場で争うことが間違っている」

 

「3秒以内にインガルを使えば、リスクなしで蘇生できる」
「これが俗にいう、3秒ルールだ!」

 

「帰ったら、父さんと母さんにミーシャは朋友だと訂正しておく」
「ああ。この時代だと友達か」

 

「純血? 雑種? くだらぬ」
「魔王とは、全て己の力でねじ伏せる者のことだ。血の濃さなど関係ない」

 

「まだ気づかぬのか?」
「もっとよく目をこらして深淵をのぞいてみろ」

 

「だが、地獄のような苦しみの中でも」
「相手を、互いを思いやるのが家族というものではないか?」

 

「そんなものは、自分が楽な方向に逃げているだけだ」
「信じてみろ、家族の絆を」
「立場など気にせず、兄として弟として過ごした日々が、お前達にもあったはずだ」

 

「この時代の絆は、こんなものか?」

 

2話

「俺はもう飽きた。お前はまだ続けたいか、このつまらぬ悲劇を」

 

「魔法人形に命も魂もないと考えるのは、魔法概念の理解が浅すぎる」
「もっと目を凝らして深淵を見ることだな」

 

「随分と軽そうな城だな」
「魔法ばかりを警戒するとは、戦闘というものを分かっていない」

 

「言っただろう。地力が違うと」

 

「ああ、簡単だ。ぶち壊せばいい」

 

3話

「なるほど。忘れているのなら、思い出させてやる」

 

「頭を使え。壊そうと考えるから行き詰まる」
「魔法が効かぬなら…魔法以外で開ければいい」

 

4話

「俺には知らぬことが2つある」
「後悔と不可能だ。お前の願いを叶えてやる」

 

「ミーシャ、1つ約束しないか。最後の瞬間まで、明日があると思って生きよ」

 

「何をいう。本当の奇跡はここからだ」

 

「殺したぐらいで、俺が死ぬとでも思ったか?」

 

「二度と忘れぬよう、恐怖と共に頭蓋に刻め」

 

「平和というのは悪くないな。馬鹿げた理由で死ぬこともない」
「戦いばかりの日々に飽き転生したが…なかなかどうして、ここはよい時代だ」

 

5話

「わざと盗ませるならもっと上手くやれ」

 

「つまらん冗談だな。俺に抜けぬ剣など、この世に1本しかない」

 

「神話の時代に、勇者が使っていた聖剣があってな」
「俺を亡ぼすために、人の名工が鍛え、剣の精霊が宿り、神々が祝福した魔法具だ」
「あればかりはさすがに抜けなかった」

 

6話

「俺とて全能な訳ではない」
「俺がこの世のあらゆるものに勝るのは、何かを亡ぼす力だけだ」

 

「やれやれ俺としたことが…」
「堂々と姿を表すこともない小者に、何を慎重になっていたのか?」

 

「心配いらぬ。どんな罠が仕掛けられていようとも、全て打ち砕く」
「俺の今の望みは、母さんと、父さんの、喜ぶ顔を見ることだからな」

 

7話

「真の名工が心を込めて鍛えた剣には、魔力とは違う別の何かが宿る」
「父さんの剣をなめるな」

 

「お前達の名を、俺は生涯忘れん。大義だった」

 

「心にもないことを言うな。嘘つきの行く末は地獄だ」

 

8話

「知っていたか。遠慮するな、ハンデにもならぬ」

 

「それでこそ我が友だ。レイ、もう何も考えなくとも構わぬぞ」
「皇族派も統一派も関係ない。母親のことも忘れろ」
「今は俺とお前だけの時間だ!」

 

「かわした程度で避けられると思ったか?」

 

「だから言っただろ、無駄だと」

 

9話

「平和が欲しいのは、何も人間だけではない」

 

「ミサ、お前はそもそも弱い。相応の戦い方を考えろ!」

 

「心配するな。俺にも常識というものがある」

 

10話

「相変わらず罠を仕掛けるのが好きだな、人間は」

 

「聖なる魔法など、魔力の波長が異なるに過ぎぬ」

 

「見事な意地だ。だが、雛が巣立つ前に何か合っては、親鳥の責となろう」
「恩師のために泥をかぶれぬほど、お前は弱いのか?」

 

「何も言う必要はない。宣言どおり立派に役目を果たした」

 

11話

「歯ごたえのある者もいるようだな」

 

「1つ、応援合戦をすることになった。歌え、お前達の愛を、俺によこすがいい」

 

「よせと言ったはずだ。未来と引き換えにして手が届くほど、この命やすくはないぞ」

 

「死んでいる暇があれば答えろ。この学院の真の目的は何だ?」

 

「何も分からぬ人間が、あの男を語るな」

 

12話

「2000年間、よく耐えた」
「お前の願いを叶えてやる。全員まとめて幸せにしてやればよいのだろ?」

 

「命令だ、死ぬな! 殺すな!」
「こんなつまらぬことで、誰の命も落とす訳にはいかぬ」

 

「アヴォス・ディルヘヴィアに伝えるがいい。こちらが真の魔王軍だ」

 

「分からぬなら教えてやろう。本物の力をな!」

 

13話

「長きに渡りお前は壮大な準備をしてきた、いまさら言葉ではゆらぎはしまい」
「これを返してほしくば、力ずくで奪ってみよ」

 

「行かせはせん、お前を守るために」

 

「本当にやっかいな男だ、お前は」

 

「根源が滅んだくらいで、俺が蘇らぬと思ったか?」

 

「行くぞ、友よ。長きに渡る憎悪の連鎖、ここで断ち切る」

 

「世界の法則になったぐらいで、俺が従うとでも思ったか?」

 

「人間が魔族を憎んだのではない、お前が俺を憎んだのだ」
「ならば最後まで1人でやれ」

 

魔王学院の不適合者Ⅱ

1話

「略奪剣に奪われた声は戻りはせぬ。そろそろその秩序とやらに記しておけ」
「俺の前では神の理(ことわり)すらも滅ぶとな」

 

「髮ひもを新調したな」
「配下の装備に気付かぬほど、俺の目は曇っておらぬ」

 

「まあ座れ。今のディルヘイドは平和だ。暴虐の魔王など、もはや必要もあるまい」
「認めたい者は認めよ。認めぬならそれでも構わぬ」

 

「俺は普通の魔族と何も変わらぬ。力にもその血にも、尊さなど伴わぬ者だ」
「あるとすれば、それは己の心に宿る」

 

「なればそれこそを磨け。悩み、迷い、葛藤せよ」
「あぐらをかきながら手に入るほど、尊さというものは安くないぞ」

 

「下手な変装だな、天父神ノウスガリア」
「魔族の器を乗っ取って、神がここになんの用だ?」

 

「(教鞭?) まあよい。話ぐらいは聞いてやる」

 

「敵意を捨てよ。奴を害しようという意思がなくば、何も起こらぬ」

 

「随分と親切なことだが、何をたくらんでいる?」

 

「この連中は見逃してやれ。殺したところで得もあるまい」

 

「(変えることは出来ない?) そうか…試してみるか?」

 

「世界を盾にすれば、見逃してもらえるとでも思ったか?」

 

「2000年前の俺では出来なかったがな」
「この平和な時代に転生し、俺も1つ手加減というものを覚えた」

 

「しばらく大人しくしてるがいい。俺の懐で授業でもしながらな」

 

「何、やることは1つだ」
「神の子を探し出し、身の程をわきまえさせてやればいい」

 

「式典は、皇族と混血が手を取り合う、新しいディルヘイドの始まりを意味する」
「必要なのは、凝り固まった血統至上主義をぶち壊す新しい風だ」

 

「そんな歌は、お前達しか歌えぬ」
「俺が聴きたいのだ。呆れるくらいに平和な、お前達の調べをな」

 

「この平和の世でわざわざ俺に挑んだのだ」
「相応の覚悟はしていような」

 

2話

「(お前の術中?) 面白い、丸裸にしてやろう」

 

「(俺が不利になる?) 勝負を少しでも公平にしてやろうと思ってな」

 

「ハンデなどいくらあっても足りはしないぞ」
「何せ、この俺に挑むのだ」

 

「なかなか面白い知恵比べだ」
「矛盾を解く鍵は、遊戯の中にないのだからな」

 

「魔力を封じれば、俺に勝てると思ったか?」

 

「知恵比べを挑んだ時点で、お前は負けていた…とは言わぬ」
「俺と戦おうなどと考えた時点で、とうに負けていたのだ」

 

3話

「すまぬ、つい笑い飛ばしてしまった(物理的に)」
「あまり面白いことは言わぬ方が身のためだ」

 

「(日食?) 問題ない」
「星の1つ、動かせぬ俺ではない」

 

「この程度一夜漬け出来ねば、死は免れぬ」

 

「勉強法なら任せておけ」
「お前達を立派な精霊学者にしてやろう」

 

「答えが間違っているからといって、満点が取れないとでも思ったか?」

 

4話

「魔力が2倍だからといって、実力差が埋まるとでも思ったか?」

 

「お前が目指した深淵の底は」
「2000年前、俺がとっくり通り過ぎた浅瀬に過ぎぬ」

 

5話

「なかなか壮大な謎解きだったが、気づいてみれば答えは単純だ」

 

「図に乗るな、贋物」
「何を奪おうが、お前などに俺が俺であることを奪えはせぬ」

 

「せいぜい栄華の夢をみているがよい」
「本物の魔王が帰るまでな」

 

「今、考えるべきは過去ではない」

 

「これしきの不可能で、出来ぬと弱音を吐く俺ではない」

 

「(一切の暴力が禁じられている?) 俺の暴力は並ではないぞ」

 

「お前も2000年前に、やり残してきたことがあるのだろう」
「そうか、ならば共に行こう」

 

「安心しろ、八つ裂きになどせぬ」
「八百八十八つ裂きだ!」

 

「しばらく細切れのまま、かろうじて生きているがよい」

 

「支配する側にいれば、皇族でさえあれば」
「お前はその街を美しいと思って生きていけるか?」

 

「混血として過ごした日々があってなお」
「皇族に戻りさえすれば、自分が尊いのだと信じられるか?」

 

「今なおそう思えるのならば、元の姿に戻してやろう」

 

「エミリア。お前は、母さんをかばったな」
「ありがとう」

 

6話

「アヴォス・ディルヘヴィアなど、不適合者の俺にすら及ばぬ」
「それを証明してみせよう」

 

「よくぞ気づいた。これが暴虐の魔王の幼年期の姿だ」
「子供だからといって、魔王じゃないと思ったか」

 

7話

「エールドメードはいつまでも子供でな」
「一度軽くなでてやって以来、ちょっかいをかけてくるようになった」

 

「俺に訳の分からぬ期待を寄せてな」

 

「しかも、やられても愉快そうに笑っているのだから始末に負えぬ」

 

8話

「(同じ強さ?) そんな奴はおらぬ」
「結局は、俺が奴の期待に応えてやらねばならぬというわけか」

 

「助けたところでどうにもならぬのだがな」
「せめてこの夢でぐらいは救われねば嘘だろう」

 

「お前達の憎しみはよく分かる」

 

「その憎悪の炎は今俺を焼いた小さな火よりも」
「遥かに自らの身を焼いていることだろう」

 

「憎みたくば憎め、正しき相手をな」
「だが、終わらぬぞ」

 

「憎み殺せば、お前達の子孫がまた殺される」

 

「憎しみは未来永劫、子に伝わり、孫に伝わり」
「このディルヘイドを黒く焦がし続けるだろう」

 

「暴虐の魔王からの伝言だ」
「”2000年後に会おう、素晴らしい世界がお前達を待っている”」

 

「この手にヴェヌズドノアがあるのならば…過去を変えられる」

 

「魔剣だからといって、人を愛せぬと思ったか?」

 

「”心から願ったものが手に入らぬ世界ならば、そんなものは滅びてしまえばいい”」
「創造神ミリティアはそう口にした」

 

「ミリティアは嘆いていてな、悲しい世界を創ってしまったと」
「だから、1つ約束を交わした」

 

「”どうにもならぬ悲劇と理不尽を神々がもたらすならば、俺がそれを滅ぼしてやる”と」
「俺はミリティアに教えてやりたかったのだ」

 

 

「彼女の創ったこの世界は、決して理不尽などに負けはしないと」

 

「分かるか、ミーシャ」
「これだけの者を、俺は守れなかったのだ」

 

「平和という俺の夢に魅せられて、皆滅びるまで戦ってくれた」
「忠実な配下ほど、先に逝ったものだ」

 

「彼等の思いに応えるため、俺は強くならなければならなかった」
「たとえ暴虐と呼ばれようと、残虐な行為を行おうと」

 

「そして俺は魔王としてこの地に君臨した」
「しかしどれだけの力を手にしようと、滅びた者の命は戻らぬ」

 

「皆によい知らせがある、平和は叶った」
「誇るがよい、俺達は勝ったのだ」

 

「叶うならば、ここでお前達とあののどかな町並みを眺めたかった…」

 

「お前達の助けがあってこそ、俺は平和な時代へ行くことが出来た」
「ありがとう…決して無駄にはせぬ」

 

9話

「目をそらすなよ、ミーシャ」
「俺達は、それを見届けるためにここまで来たのだ」

 

「(なぜ?) 強くなければ救えぬ」

 

「俺の配下になれ」
「お前の剣が斬るにふさわしい敵を、俺が与えてやる」

 

「2000年前の悲劇は、もう幕引きだ」
「これから、全てを取り返しに行くぞ」

 

10話

「分かったのなら、そろそろ本気を出すことだな」
「さもなくば…」

 

「戦いにすらならず、死ぬことになろう」

 

「斬れなかったのは、お前が剣ではなく魔族であろうとしたからだ」

 

「たとえ父が地獄のどん底にいたとしても、そこから救う手段がいまだ見つからぬとしても」
「誇りと共に死なせてやろうとは到底口に出来ぬ」

 

「どんなに苦しくとも、生きていてほしいのだ」

 

「生きよ、シン」
「お前はミサから父親を奪うつもりか?」

 

11話

「頭が高いぞ、下郎」
「ものを申したければ地べたに伏せよ」

 

「ノウスガリア、お前は恐怖を味わうがよい」

 

「何を言っている?」
「ノウスガリア。お前は俺に挑むどころか、この右腕にすら及びはせぬ」

 

「ようやく本気を出したか、アヴォス・ディルヘヴィア」
「だが、遅かったな」

 

12話

「棒切れ1本手中に収めた程度で、大層な自信だな」

 

「理滅剣を掌握すれば、俺に敵うと思ったか?」

 

「(暴虐の魔王?) それが答えだ」
「所詮は噂と伝承にすぎぬ」

 

「お前は贋物だ、アヴォス・ディルヘヴィア」

 

「破壊の秩序だからといって、神に味方すると思ったか?」

 

「自らは傍観者を気取り、この2000年間に起きた悲劇の責任を他者へなすりつける」
「そんな神ならばこの世に要らぬ」

 

「(秩序?) 貴様らが勝手に決めた理(ことわり)だ」
「だが、俺はそんなものには従わぬ」

 

「(何をした?) 分からぬか? ノウスガリア」
「それが恐怖だ」

 

「(世界が崩壊?) 確かにな…」
「などと口にするとでも思ったか?」

 

「3秒数えよう」
「その間に秩序を示すがよい」

 

「貴様は、虫けらにでも変えてやろう」
「未来永劫、何度転生しようともな」

 

「楽しいぞ、心があるというのはな」
「秩序などという無味乾燥なものよりも、よっぽど刺激的な生だ」

 

「憎しみの刃はもう要らぬ」
「この手は、隣人と手を取り合うために」

 

「勅命を出す」
「このディルヘイドに生きる者は、皆公平だ」

 

「我が民よ、全霊を持って覆せぬ悲劇があるなら、俺のもとへ来い」
「その願いを叶えてやる」

 

「そしてこれだけは覚えておけ」
「1つ、この国は不自由を許さぬ」
「1つ、この国は悪意を許さぬ」
「1つ、この国は悲劇を許さぬ」

 

「これらが侵される時、暴虐の魔王は命を賭して戦い、滅ぼすだろう」

 

13話

「(目的?) あの月を堕とす」
「不可能など俺は知らぬ」

 

「そんな理不尽がこの世の理(ことわり)だと言うのならば」
「いっそ滅んでしまえばいい」

 

「ここは世界という名の巨大な拷問部屋だ」
「名も知れぬ神よ、その頭蓋にとくと刻め」

 

「世界が滅びるという陳腐な脅しで」
「いつまでも貴様らの定めたルールに従う俺ではないぞ」

 

「(何者?) アノシュ・ポルティコーロ」
「正義の味方に憧れる、ただの天才少年だ」

 

「忘れたのならば、もう一度教えてやろう」
「この国は悪意を許さぬ」

 

「1秒に100度繰り返せ」
「夢ともうつつともつかぬその苦しみを」

 

「(傲慢?) 神? 覚えておけ」
「これが魔王アノス・ヴォルディゴードだ」

 

「エミリア、お前は俺に救いを求めた」
「ならば、救われるのを放棄して逃げることは決して許さぬ」

 

14話

「どんなサイコロだろうと、狙った出目を外すような俺ではないぞ」

 

「水着とはただの衣服ではない、水中での活動能力を極限まで高める魔法の一種だ」
「覚えておけ、これが…至高水着(ビ・キニ)」

 

「召喚神だの選定審判だのと、なんのことか皆目見当がつかぬがな」
「神ごときの力が魔王を上回るとでも思ったか」

 

15話

「その詠唱が必須ならば、俺の前で召喚魔法など使えぬぞ」

 

「光の速さで駆ければ、俺から逃れられると思ったか?」

 

17話

「1秒に数千万回繰り返せ、神なき世界を」
「話せば楽にしてやる」

 

「信仰なき者に無理やり押しつける救済など、悪意以外の何物でもあるまい」

 

「傲慢な神め」
「全てを救わぬ全能者がいるなら、そいつの心は腐っている」

 

「俺が許せぬのはな、枢機卿。お前の口にする救いが必死に生きた者を…」
「生きようとして生きられなかった者をあざ笑っているからだ」

 

「この生もかつての死も、つかみ取った救いも犯した過ちさえ」
「決して神などに支配されてはおらぬ」
「全ては俺達がこの手でなしたことだ」

 

「霊神人剣を奪いさえすれば、勇者カノンを倒せるとでも思ったか?」

 

18話

「お前が滅びを願っていないのなら、俺が救ってやろう」

 

「鞘に収めたままだからといって、斬れぬとでも思ったか?」

 

「全能者は論理には縛られぬ」
「全能ではない者には理解できぬだろうがな」

 

「俺は神になどなるつもりもない、救いようのない男をいちいち救ってなどやらぬ」
「そんな都合のいい存在は、この世のどこを探しても見つかりはせぬ」

 

「自ら罰を望む者に、それ以上の罰を与えることなど出来ぬ」

 

「過ちを認めたのならば…償え」
「その生涯をかけて」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
魔王学院の不適合者 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→魔王学院の不適合者のインデックス