「炎炎ノ消防隊」秋樽桜備の名言まとめました

アニメ「炎炎ノ消防隊」秋樽桜備の名言をまとめていきます。

炎炎ノ消防隊

1話 森羅 日下部、入隊

「消防官は仲間を置いて逃げることはしない。1人の遅れがみんなの遅れになる」

 

「恐怖心がある方が冷静な判断が出来る。だが、ただの臆病者には成るな!」

 

2話 消防官の心

「我々特殊消防隊の任務は、焰ビトと戦い、鎮魂することだ。焰ビトは元人間。鎮魂を名目にしてはいるが、俺たちがやっていることは……」

 

「残された遺族の気持ちはどうなる? その戦いで鎮魂されるのは、大切な肉親だった人だ」
「遺族の前で武器は決して見せるな。それが出来ない奴はうちにはいらん!」

 

「今はそれでいい。慣れるのが一番怖いんだ。この仕事はな」

 

「誰の仕業か知らねえけどよ、こっちは毎日鍛えてんだよ。イタズラが過ぎんだろ!!」

 

「俺たちに出来ることは、このくらいしか無い。だからこそ、出来る限り残された遺族に寄り添い、炎の海に飛び込んでいるんだ」

3話 消防官新人大会

「特殊消防隊は焔ビトの原因をつかんでいるはずなんだ。俺はそれを見つけ出し、人々を救いたい」

 

4話 ヒーローと姫

「あいつはもう人間じゃ無い。気持ちは分るが」

 

「なるほど。俺を煙たがっている連中がいるわけか。だが、第8の炎はそう簡単には消せんぞ!」

 

7話 第1調査開始

「あいつは第8自慢のヒーローです。きっと、炎にとらわれた世界の闇を暴くでしょう」

 

「そうはいっても、心配なのが隊長心」

 

10話 約束

「だよな。だったら、俺たちも信じるしかねえよな」

 

11話 第8特殊消防隊結成

「人を1人鎮魂するのに、士気もクソも無いでしょうが!」

 

「火縄軍曹。俺は神を信じるかどうかではなく、死にゆく焰ビトのために、どれだけ何かをしてやれるかが大事だと思っている」

 

「火縄軍曹。君は優しい男だ」

 

「自分で決めて自分で進むことは、そんなに難しいことでは無いよ。自分を信じるのはたやすいからね。だが他人を信じ行動し、自分を犠牲にするのは、とてつもなく勇気がいることだ」

 

「俺の隊には、何より命を大事に出来る、君のような隊員が必要なんだ」

 

12話 浅草開戦前夜

「うちの隊員に何してくれてんだ。頭同士でケリつけましょう!」

 

「何を言っても聞く気ないでしょう。だったら黙ってかかって来なさいよ!」

 

「怯む訳にはいかないだろ。俺は第8の大隊長を背負ってんだよ!!」

 

15話 鍛冶屋の夢

「俺たちはこの国を変えようとしているんです。まずは行動あるのみ」

 

19話 地下への

「これは鎮魂じゃない、命を賭けた戦闘だ」

 

「これから向かう先が地獄であることを忘れるな」

 

20話 誇りを纏って

「お前がリサさんに何を教えたか知らないが、大人が若者に教えるのは当然だろ! 恩着せがましいんだよ、クソジジイ!!」

 

21話 繋がる者

「ふざけていませんよ。炎にとらわれ苦しんでいるあなたを助け出ために、必死です」

 

「あんただって元消防官だろ。危険な現場を知っているはずだ。消防官のモットーは人命と財産を守ること。救援具が無駄になることは無い!」

 

「私は自分の命を粗末にすることはしません。リサさんを救う準備をしていたんです。お待たせしました」

 

「うちは信頼しあうことで一つのチームになるんだよ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
炎炎ノ消防隊 Blu-ray 第1巻

 

→炎炎ノ消防隊
→炎炎ノ消防隊 弐ノ章
→炎炎ノ消防隊(森羅日下部)
→炎炎ノ消防隊(アーサー・ボイル)
→炎炎ノ消防隊(武久火縄)
→炎炎ノ消防隊(新門紅丸)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました