「キングダム」紫夏(しか)の名言・台詞まとめ

マンガ「キングダム」紫夏(しか)の名言・台詞をまとめていきます。

 

キングダム 刺客急襲編

8巻

「私らは商人」
「熱くなるのは商売の話だけでしょうが」

 

「まずは政様に会わせて下さい」
「商人が運ぶ”品”を確認するのは当然ではありませんか」
「決めるのはそれからです」

 

「やめろ!!」
「あなた達がやっていることは、秦人以下です」

 

「養父(ちち)は言いました」
「”月がいつも以上に輝いているのは、くじけぬようにはげましてくれているのだ”と」

 

「18年前、敵国の兵に追われていた行商・紫啓は」
「たまたま通った荒野で餓死寸前の三人の孤児を見つけた」

 

「養父(ちち)のあの手が私達を死の淵から引き上げてくれた」

 

「そして今、我々の前には一人の少年がいる」
「私達が手を差伸べねば、すぐにも殺されてしまう少年が」

 

「何の迷いがあろう」
「我々がすることは明白ではないか」

 

「この仕事、引き受けましょう」
「”闇商紫夏”の名において政様を秦にお届けします」

 

「(現実か?) もちろん現実ですよ」

 

「違法なモノを運ぶ闇商ですからね」
「常日頃から手回しを怠ってはいませんよ」

 

「ちょっと待て…腕を射ち抜かれて泣かない子供がどこにいる」

 

 

「穿たれた矢を抜かれて、眉一つ動かさぬ人間がどこにいる」
「この子は一体……!?」

 

「月を見る政様の目が紫夏は好きですよ」

 

「ここからは偽装の必要はない」
「適当な所で荷を捨て、全速で国境を目指す!」
「趙の騎馬隊は速いぞ!!」

 

「なれますよ!」
「なれますよ、私がならせてみせます」

 

「痛みが無いのなら、私が代わりに感じてあげます」
「味もっ、匂いも全部……」

 

「でも、大丈夫…あなたはちゃんと感じていますよ」
「あの晩一緒に、月の輝きに感動したじゃありませんか」

 

「大丈夫、私がついています」
「一緒に秦へ帰りましょう」

 

「しっかりしろ!」
「亡霊なんていやしない!!」

 

「全部まやかしだ、お前の前には私しかいない」
「全部ただの幻だ!!」

 

「義父(父上)、あなたが我々を救ってくれたように」
「私もこの子を救おうと思ったのですが難しそうです」

 

「自分の力を過信していた」
「亜門と江彰を巻き込んで…やはり人の命を救うことはそんな簡単ではない」

 

「亜門が犠牲になった今、自分が助かろうなんて思いません」
「だけどせめてこの子だけでも、頂いた命を次につなげなければ…」

 

「最後まで力を尽くすんです」
「あきらめずに」

 

「あなたは生まれの不運により」
「およそ王族が歩まぬ道を歩まれました……」

 

「しかし逆に言えば」
「あなたほどつらい経験をして王になる者は他にいません」

 

「だからきっと、あなたは誰よりも偉大な王になれますよ」

 

「ああ、つきものは落ちましたな~」
「瞳が…何とも、美しい…」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
キングダム 1-69巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→キングダムのインデックス