「進撃の巨人」アニの名言まとめました

アニメ「進撃の巨人」アニ・レオンハートの名言をまとめていきます。

進撃の巨人

→2期へ(同ページ)

4話 解散式の夜

「はい。次はあんたが私を襲う番だね」

 

「どうでもいい。こんなことやったって、意味なんか無いよ」
「対人格闘術なんか点数にならない。普通はあんな風に流すものさ。憲兵団に入って内地に行く権利をもらえるのは、成績上位10人だけだからね」
「真面目にやってるのは、あんたらのようなバカ正直な奴らか、単なるバカか」

 

「なぜかこの世界では、巨人に対抗する力を高めた者ほど巨人から離れられる。どうしてこんな茶番になると思う?」
それが、人の本質だからでは? とにかく私は、このくだらない世界で兵士ごっこに興じられるほど、バカになれない」

 

8話 心臓の鼓動が聞こえる

「誰がやっても失敗すれば全員死ぬ。リスクは同じだ!」

 

「例えば、あの巨人が味方になる可能性があるとしたら、どう? どんな大砲よりも強力な武器になると思わない?」

 

16話 今、何をすべきか

「あんたさ、人に死ねって言われたら死ぬの?」
なら、自分に従ったらいいんじゃないの」

 

「別に。私はただ、自分が助かりたいだけだよ」

 

23話 微笑み

「あんた、正しい人だと思う、正しいことを言うから。私はそういうことを言う人を知ってる。大きな流れに逆らうって、とても勇気がいることだから、尊敬するよ。ただ単に、バカなだけかもしれないけど」

 

「やれば! 不正に手をそめる奴には、相応の報いを受けさせるんでしょ。私も、付き合ってもいいけど」

 

「でも、それも普通の人間なんじゃないの。私はただ、そうやって、流されるような弱い奴でも、人間と思われたいだけ」

 

「そうさ、怖いんだ。あんたみたいな勇敢な、死に急ぎ野郎には、きっとか弱い乙女の気持ちなんて、分からないだろうさ」

 

「傷つくよ。一体いつからあんたは、私をそんな目で見るようになったの?」

 

「ああ、心底そう思うよ。まさか、あんたにここまで追い詰められるなんてね。あの時、なんで……だろうね」

 

「そっちには行けない。私は、戦士になりそこねた」

 

「アルミン。私があんたの、いい人でよかったね。ひとまずあんたは賭けに勝った。でも、私が賭けたのは、ここからだから!」

 

進撃の巨人 Season2

32話 打・投・極

「あんたが力一杯ぶつかって来るから、こっちも相応の返しをしなきゃいけないんだよ。あんたも男ならさ、私の、このか弱い体をもっといたわるべきなんじゃないの」

 

「力で投げた訳じゃないんだ。相手より力で劣る者が、自分を守るための技術だったりするからね。あんたも、知ってて損はしないよ」

 

「降参? 降参なんかしてないで、学習しなよ。力の使い方と、女の子との話し方を!」

 

「どうかな、この技は人間用なんだ。あんたに必要あるとは思えないけど。ただ、猛獣に通用するかどうか、興味はある」(過去の回想)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「進撃の巨人」Season1 Blu-ray BOX
「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(2期)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ハンネス)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました