「ゾンビランドサガ」二階堂サキの名言まとめました

アニメ「ゾンビランドサガ」二階堂サキの名言をまとめていきます。

ゾンビランドサガ

1話 グッドモーニングSAGA

「世紀末。九州制覇を成し遂げた、暴走族チーム怒羅美、伝説の特攻隊長、二階堂サキ!」

 

2話 I♡HIPHOP SAGA

「てかてめえ、何でやる気だしとっつか」
「いい子ちゃんか、おい! ぶっとるっつか!」

 

「あたしはお前とは違げえ! やりてえことしかやらんし、根性あるやつしか認めん!」
「全国制覇に決まっとるやろが!」

 

「アイドルか。これで全国制覇ってのも、おもろいかもな」

3話 DEAD OR LIVE SAGA

「ビビってんじゃねえよ、さくら。マッポが怖くて集会なんか出来んぞ」

 

「佐賀レディースチーム、怒羅美初代特攻隊長やらせてもらってた~、二階堂サキ!」
「よろしく~!!!」
「とりあえず、このチームの初代総長は、この二階堂サキが務めたいと思ってるんで~」
「よろしく~!!!」

 

4話 ウォーミング・デッド SAGA

「いいか、さくら。バレんやったら、セーフだ!」

 

5話 君の心にナイスバード SAGA

「信じられん。お前ら全員、佐賀失格だぁぁぁーーー!!!」

 

「この掘っ立て小屋感、何も変わっとらん」

 

6話 だってセンチメンタル SAGA

「まあ、あたしは正直、アイドルってのもファンってのも分かってねえからさ」
「とにかく、やるからには気合、それから仲間、それしかねえんだ!」

 

7話 けれどゾンビメンタル SAGA

「愛は平気なのかよ?」
「あたしはお前の話をしてんだ!」

 

9話 一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA

「あたしはぜってえ死なねえ!」
「ついでにこいつも死なねえ。ほれ、マスクっち」

 

「決まっとるやろうが、アイドル活動だよ!」

 

「一度は朽ちた我が胸に、熱い鼓動と響くのは、背中預けた親友(とも)の声」
「もらった恩を返すため、走り抜けるは修羅の道」
「部外者じゃねえ。あたしは、怒羅美の一日特攻隊長だ!」

 

「お前も怒羅美やってんなら知っとるやろ」
「この勝負でホントに死んじまったバカがおる。お前に命賭ける覚悟があるとか!」

 

「あたしはぜってえ死なんばい!」
「誰だそれ?」

 

「よろしくぅーーー!!!」

 

「万梨阿。おめえの母ちゃん、めちゃくちゃ気合い入っとるやん」
「本気で怒羅美つづけたいとなら、真正面からこの母ちゃん説得して、黙らせるくらいの根性見せてからにせんね」

 

「やっぱ分からんな? 結局なんなんだ、普通って?」

 

「いいか、おめえら~! こんなもん伝説でも何でもねえ!」
「あたしが目指しとるもんは、もっと先にある!」

「お前らに、ホントの伝説を見せてやるよ!」

 

10話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA

「愛が悪いんじゃねえ。野生なめてた!」
「ここは力を合わせねえとダメだ!」

 

12話 グッドモーニング アゲイン SAGA

「さくら。ひび入っちまったな!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]

 

→ゾンビランドサガ
→ゾンビランドサガ(巽幸太郎)
→ゾンビランドサガ(源さくら)
→ゾンビランドサガ(水野愛)
→ゾンビランドサガ(紺野純子)
→ゾンビランドサガ(ゆうぎり)
→ゾンビランドサガ(星川リリィ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました