「ストライクウィッチーズ」の名言・台詞まとめました

アニメ「ストライクウィッチーズ」の名言・台詞をまとめていきます。

ストライクウィッチーズ

1話

「だが、力のある者は、もっともその力を必要としている場所に導かれる」(坂本美緒)

 

「私、守りたいんです!」
「傷ついた人、病気の人、たくさんの人のために、私の力を役立てたいんです!」
「お父さんと約束したんです!」(宮藤芳佳)

 

「お父さんの仕事はよく分かりました」
「でも、戦争は嫌です!」(芳佳)

 

2話

「私に出来ること」
「約束を守るため、みんなを守るために!」(芳佳)

 

「しっかりしろ、宮藤芳佳」
「私がやるんだ。私がみんなを守るんだ!」(芳佳)

 

「私を、ストライクウィッチーズに入れて下さい!」
「ここに残って、私の力を使いたいんです。もっと、たくさんの人たちを守るために!」
「きっと、お父さんもそう願っていると思います」(芳佳)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「現場を無視した空論を押しつけられるのは、お断りしたはずですが」
「ご安心ください。ブリタニアの、いいえ、世界の空は、私たちウィッチーズが守ってみせます!」(ミーナ)

 

「ここは最前線だからな。常に敵に備え、訓練の出来る時は少しでもやっておく」
「それが生き残る秘訣だ」(美緒)

 

「これ(銃)はいりません」
「使いませんから」(芳佳)

 

「お前たちはそこを奪還せねばならない!」
「いいか。そのためには訓練訓練、さらに訓練だ!」
「走れ! お前たちに必要なのは、魔法力の前にまず体力だ!」(美緒)

 

「新人。ここは最前線だ。即戦力だけが必要とされている」
「死にたく無ければ、帰れ!」
「ネウロイはお前の成長を待ちはしない。後悔したくなければ、ただ強くなることだ!」(バルクホルン)

 

「撃てます。守るためなら!」(芳佳)

 

「私は今も怖いよ。でも、上手く言えないんだけど、何もしないでじっとしている方が怖かったの」(芳佳)

 

4話

「たった一人のためにね」(リネット)
「でも、そうやって一人一人を助けられないと、みんなを助けるなんて無理だもんね!」(芳佳)

 

「いいか。私たちは常に最前線に立っているんだ」
「それは明日死ぬかもしれない危険と隣り合わせだ」
「だから、悔いを残さぬよう、せめてお金だけでも困らないようにとの配慮だ」(美緒)

 

「その必要は無い。私のこの命は、ウィッチーズに捧げたのだ」
「クリスが知っている姉は、あの日死んだ。次の作戦にも必ず出してくれ」(バルクホルン)

 

「みんなを守るなんて、無理かもしれません」
「だからって、傷ついている人を見捨てることなんて出来ません」
「1人でも多く守りたい。守りたいんです!」(芳佳)

 

「クリス。私の力、1人でも多くを」
「今度こそ守って見せる!」(バルクホルン)

 

「何をやっているの!」
「あなたまで失ったら、私たちはどうしたらいいの!?」
「故郷も何もかも失ったけれど、私たちはチーム、いえ家族でしょ!」(ミーナ)

 

5話

「さあね。でも、夢を追わなくなったらおしまいさ!」(シャーロット)

 

6話

「戦争屋なんてあんなものよ」
「もしネウロイが現れていなかったら、あの人たち、今頃は人間同士で戦い合っているのかもね」(ミーナ)

 

「そうやってどっちも諦めないでいれば、きっといつかは会えるよ」
「そんな風に思えるのって、素敵なことだよ」(芳佳)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

7話

「カールスラント軍人たるもの」
「一に規律、二に規律、三も規律で、四、五、六、七、八、九も規律、だ!」(バルクホルン)

 

8話

「あの人を失った時、本当に辛かったわ。こんな思いをするなら、好きになんてならなければ良かったってね。でも、そうじゃなかった」

「でも失うのは今でも恐ろしいわ。それなら、失わない努力をすべきなの!」(ミーナ)

 

9話

「私は、まだ飛ばねばならないんだ」(美緒)

 

「無理もないわ。バルクホルンにとって、妹は戦う理由そのものだもの」
「誰だって、自分にとって大切な、守りたいものがあるから、勇気を振り絞って戦えるのよ」(ミーナ)

 

「私は、あいつがもっと、もっと高く飛べると信じている」
「そしていつか、みんなの後ろではなく、みんなの前を飛ぶあいつの姿を見てみたいんだ」
「心配するな。それを見届けるまで、あたしは」(美緒)

 

10話

「それでも、飛ぶのね……」(ミーナ)

 

「私、どうしたらいいんだろう?」
「やっぱり……やっぱり確かめたい!」(芳佳)

 

「私、ネウロイのことは分からない」
「でもね、芳佳ちゃんのことは分かる。諦めない所、真っ直ぐな所」
「だから……私も一緒に行く!!」(リネット)

 

11話

「でも、私、あの基地にいたことは、全然後悔していません」
「あそこであったこと、出会った人、私に取って、とても大切な時間でした」(芳佳)

 

「それは、宮藤に、借りがあるから……」
「つまりだ。あいつを失意のままに帰してしまっていいのか!?」
「カールスラント軍人がそのようなことで」(バルクホルン)

 

「本来ならあり得ない。だが、つじつまは合う」
「もし、敵がネウロイだけで無いとしたら?」
「宮藤。お前の行動はあながち無駄では無かったかもしれん」(美緒)

 

12話

「私、諦めたく無いんです」
「坂本さんは……坂本さんは死ぬ気です。でも、それって諦めるってことですよね」
「私は……私は諦めたくありません!」
「私、守りたいんです!!」(芳佳)

 

「違う。これがあのネウロイじゃ無い!」
「これは、敵なんだ!」(芳佳)

 

「その命令だけは、絶対聞けません!」(ペリーヌ)

 

「ありがとう!」(芳佳)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ストライクウィッチーズ Blu-ray BOX

 

→ストライクウィッチーズ2
→ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました