「夜桜さんちの大作戦」朝野太陽(あさのたいよう)の名言・台詞まとめ

アニメ「夜桜さんちの大作戦」朝野太陽(あさのたいよう)の名言・台詞をまとめていきます。

 

夜桜さんちの大作戦

1話

「この時、俺は2つのことを学んだ。大事なものはなくして初めて気づくこと」
「そして、それは簡単になくなってしまうことを…」

 

「そして怖くなった」
「大事なものと絆を深めても、またなくしてしまうんじゃないか」
「そう思うと…」

 

「待て待て待て待て! スパイ? なんだそれ?」
「そんな”私んち八百屋さんなの”みたいなノリで言われても」

 

「多分、こいつ(凶一郎)は俺と一緒なんだ。大事なものをなくすのが怖い」
「だけど守りたいはずの大事な人にあんな顔をさせるなんて、絶対間違ってる」

 

「俺は大丈夫だ」
「”いなくならない”って、お前が約束してくれたから」

 

「なあ、六美…こんなどうしようもない俺を、ずっと守ってくれてありがとう」
「だから…これからは俺がお前を守るんだ!」

 

「必ず、六美を守ってみせる」
「よろしくな…凶一郎義兄さん」

 

3話

「みんなは悪くないんです」
「みんな止めたんだけど、俺が強くお願いしたから」
「1日も早く、六美を守れる男になりたいって」

 

5話

「俺は何も知らないし、もし何かを知ってたとしても」
「お前みたいなイカれ野郎には口が裂けても言わない」

 

6話

「気持ちは分かったけど、俺は六美と結婚してるんだ」
「殺されるわけにはいかない」

 

7話

「ふざけるな…」
「俺の弟を殺したきゃ、俺を殺していけ」

 

「俺はお前の言うとおり未熟だ」
「だからこそ…家族のためにも…強くなるヒントをお前から見つけてみせる」

 

「見えないし反応も出来ない。でも情報があれば備えられる」
「たとえ勝てなくても、食らいつくことは出来る!」

 

9話

「別に、教えてくれなくていい」

 

「あんたの気持ちは分かるし、あの事故にあんたの言う隠された真実ってのがあるなら」
「本当のことも知りたい」

 

「でも何より…もう誰にも死んでほしくない」
「それだけだ!」

 

「現実はただ受け入れるだけじゃない…変えられるものもある」
「そう、教えてもらったんだ!」

 

10話

「黒顔を止める時、真っ先に体が動いたけど」
「ほんの一瞬、別のことが頭をよぎったんだ」

 

「もし俺の家族を奪った相手が目の前にいたら、同じことをしたかも…」

 

「一瞬だなんて言い訳だ」
「誰も死なせないとか言ってたくせに、あの時確かに俺は」
「人を殺そうとする奴の気持ちに共感してた」

 

「今この箱を開けて家族の何かを知ったら」
「俺もあいつみたいになっちゃうんじゃないかって…」

 

11話

「諦めない俺が好きなら…黙って見届けろ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
夜桜さんちの大作戦 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→夜桜さんちの大作戦のインデックス