「忘却バッテリー」の名言・台詞まとめ

アニメ「忘却バッテリー」の名言・台詞をまとめていきます。

 

忘却バッテリー

1話

「葉流火、相手のことは気にするな」
「大丈夫だ、負けた相手のことをいちいち考えるな」
「お前には未来があるんだから…全部忘れろ」(要圭)

 

「君誰だっけ?」(要)

 

「マブダチ記念に、俺の一発芸を特別大公開!」
「パイ毛~!」(要)

 

「俺は女子とは緊張してしゃべれねえんだよ!」
「上手いことやってくれないと困るぜ、おい!」(要)

 

「もう…”野球・野球”ってみんなその話好きよね」
「でも俺やったことないっつうか、覚えてないっつうか…」(要)

 

「ぶっちゃけ、記憶喪失なのよね、俺」(要)

 

「圭はもともと、常にアホだった」(清峰葉流火)

 

「お前はそれだけ守っとけばいい」
「そしたら俺が…葉流火を日本一のピッチャーにしてやるからさ」(要)

 

「じ…自分より上手い人に逆らえない」(山田太郎)

 

「(無理?) ダメだ。圭じゃなきゃ、俺の球は取れない」(清峰)

 

「ヤマちゃん!」
「ごめんな、俺と代わって」(要)

 

「俺、ラブ&ピースで生きたいからさ、こういう状況ってどうにも気に食わねえや」(要)

 

「俺の球で思い出させてやるよ」
「野球の楽しさ」(清峰)

 

2話

「でも…初めて圭が球捕ってくれた」
「多分、ヤマのおかげだと思う」
「また俺に協力しろ」(清峰)

 

「(ああいうの?) 見ない」
「そんな暇があったら筋トレする」(清峰)

 

「これマジだから」
「この人、野球に魂吸い取られてんのよ」(要)

 

「打てないとつまんないっすわ」(要)

 

「一流は素振り1つで凡人の心を砕く」
「毎日走り込んで、毎日素振りして、毎日ノックして、ゲロ吐くまで練習しても…」
「到達できない領域がある」(山田)

 

「まったくもって悪気はございません」
「だから僕を嫌いにならないで下さい」
「愛して下さい」(要)

 

「人に嫌われてると思うと、食が細くなるし夜眠れなくなってしまう」
「そんな繊細な要圭・要圭をどうぞよろしくお願い致します」(要)

 

「あんた達、昔俺に負けたのか?」
「俺は…俺が勝った相手に興味ないから、あんたらのことは覚えてない」(清峰)

 

「けど…このままでいいのか?」
「負けたままで」(清峰)

 

「(いいのか?) あんまよくないから、そこそこフワッと来~い!」(要)

 

「1番ショート、藤堂葵様だ!」
「覚えとけ、この野郎!」(藤堂葵)

 

「1番セカンド、千早瞬平です」(千早瞬平)

 

「あのさあのさ…なんかさ、キャッチャーは顎かゆいしダサいし手ぇ痛いから嫌だけどさ」
「みんなでやると野球も割と楽しいかもね」(要)

 

「藤堂葵、千早瞬平…覚えた」(清峰)

 

3話

「兄貴は野球のプレースタイルさえ分かれば」
「そいつの趣味嗜好、全て提供できるらしい」(清峰)

 

「物で釣るのっておかしくない?」
「本人の意思が大事じゃない?」(要)

 

「圭、いいのか? 兄貴が新作を仕入れたらしい」
「過去最高にド◯ケベって言ってた」(清峰)

 

「ちぎれろ、俺の腕!」(要)

 

「体力つけろ。野球は根性とフィジカルだ!」(東堂)
「古いですねえ、根性論。野球は技術と理論です」(千早)

 

「圭、俺の球を二度と後ろにそらすな」(清峰)

 

「帝徳は王者…」
「だから、なんだ」(山田)

 

4話

「もうやめよう。見て…俺、泣いてる」
「こういうのが原因で、世界から争いはなくならないんだ」(要)

 

「とにかく、もう全力投球禁止!」
「ムリリン・モンローです!」(要)

 

「初球から全力フルスイングが、藤堂葵様の真骨頂よ!」(藤堂)

 

「やれやれ…困るんですよね」
「雑な野球は運任せで」(千早)

 

「あのさあ2人共さっきさ、ポコポコ当ててたじゃん?」
「俺は今しがた人生で初めて打席というものに立ち」
「その経験を元に1つの仮説を立てた」(要)

 

「バッティングは恐らく…あまり当たらないのではないか…と」(要)

 

「仮に今、君の◯の毛が剛毛だったとしても、今の一発芸…」
「何1つ面白いとは思えないな」(国都英一郎)

 

「ハッ…”パイ毛”がつまらない?」(要)

 

「だろうが…」
「”パイ毛”は面白いだろうが!」(清峰)

 

「あ~やっぱ全力打たれた」
「なんかめっちゃムカつくんですけど」(要)

 

 

「基本的に野球は、実力どおりの結果しか出ないですよ」(千早)

 

「落ち着け…俺はなんかめっちゃすごい選手だったらしいから集中しろ」
「集中すれば絶対!」(要)

 

「負けても当然の練習試合」
「それでも…負けるのは悔しい」(山田)

 

5話

「謝んな」
「おめえが楽になりてえだけだろ、結果は変わんねえんだ」
「謝んなよ、意味ねえから」(藤堂)

 

「はあ? もういいわ。みんな性格悪すギルティ!」
「俺素人なのに!」(要)

 

「でも、ここで転校したら…」
「清峰葉流火と要圭から、二度も逃げてることになります」(千早)

 

「変な話だな…僕達はこれから、辞めたきっかけの背中を守るのだ」(山田)

 

「圭が全部悪い」
「球が捕れないキャッチャーは、ただのうんこだ」(清峰)

 

「視野を広く持ち、状況を把握」
「キーとなるプレーを連発、大活躍のスーパーヒーロー」
「それがショートだ、覚えとけ!」(藤堂)

 

「これ、秘密特訓なんで…」
「ちゃんと捕れるようになってから、葉流ちゃんには投げてもらいたいんスよ」(要)

 

「バッターが立つだけで…視界、すげえ狭くなる」(要)

 

「気持ちの問題でしかねえよ」
「そういうのがあんだよ、野球にはよ」(藤堂)

 

「気持ち…気持ちだけで、今まで全然平気だったことが…」
「出来なくなるだ!」(要)

 

「(転校?) しない」
「俺ならどこでやっても1番だし、甲子園優勝するし」
「圭としか組む気ないから」(清峰)

 

「気持ち…気持ちの問題」
「そうだ…さっきだってずっと捕れそうだった」
「目を…閉じるな!」(要)

 

「僕達は、やっぱり野球しかない」
「野球で失敗して出来た傷は、プレーを成功させることでしか癒せないのだ」(山田)

 

6話

「野球とは、俺が投げて圭が捕って…」
「俺が投げて圭が捕って、俺が打って勝つスポーツ」(清峰)

 

「実在するのか…かわいい姉妹というものが」(要)

 

「美人のお姉さんとかわいい妹って、ハーレムものに次ぐマイドリームなんですよね」(要)

 

「あんた! 本物のくそばばあ知らねえだろうが!」
「毎日がハプニング! 毎日がサプライズ! 毎日がエマージェンシー!」
「故のレジスタンスだ、この野郎!」(要)

 

「なぜ利き手とバッティングフォームが違うか?」
「それは右投げ左打ちは作れるからです」(千早)

 

「利き手を変えるのは困難ですが、フォームの矯正は可能です」(千早)

 

「(左打ちは)立ち位置上右打ちに比べて、一塁が2歩ほど近い」
「実は俺、スイッチなんです」(千早)

 

「つまり、要君はたった2歩でも勝利に近づくためならフォームすらいじってしまう」
「そういう貪欲な選手だったんですよ」(千早)

 

「そういう俺に戻ってほしい?」(要)
「別に、圭は圭だから」(清峰)

 

「じゃあ俺は俺らしくさ、野球ちょっとずつ覚えるし、ちょっとずつ上手くなるしさ」
「打倒帝徳、絶対リベンジっしょ!」(要)

 

「(リベンジ?) そうか…じゃあショートはほかの奴を探そう」
「打撃は力になれるが、守備は迷惑かける」(藤堂)

 

「ファースト送球が出来ねえんだ…イップスなんだ」
「本気で帝徳にリベンジしたいなら代えてくれ」(藤堂)

 

「謝って後悔した…言わせてしまった」
「優しい人達だったから、謝罪したら許してくれるに決まってた」(藤堂)

 

「負けた責任から逃げたくて、好きな人達に恨まれたくなくて…」
「自分のために謝罪したのだ」(藤堂)

 

「俺の体は健康なのに、指1本うまく動かせないだけで存在価値がゼロになった」
「気遣いがいたたまれなかった」(藤堂)

 

「あ~クッソ…マジでいってえな」
「けど、こんなもんじゃなかった」(藤堂)

 

「来いよ、まだ足りねえんだよ」
「どうせならよ、綺麗さっぱり忘れさせてくれよ!」(藤堂)

 

「どんな悔いも、どんな恐怖も、どんな痛みも…」
「あの日のエラーを…上書き出来ない」(藤堂)

 

「大丈夫だ。都立にさえ行けば、”おめでとう”って言う先輩の顔とか声とか」
「野球にまつわる全部、綺麗さっぱり忘れられるはずなんだ」
「そう思ったのに…」(藤堂)

 

「(一緒にやる?) そう言われて、反射だった」
「来た球打つみたいに自然と俺は心ん中で即答していた」
「”やる!”」(藤堂)

 

「先輩ごめんなさい」
「もう二度とあなた達以外と野球するつもりなんてなかったんです」(藤堂)

 

7話

「”イップスマウント”っすか?」(要)

 

「たった数日で治ってしまった俺はイップス素人ッスか?」
「”素人は黙っとれ”と言わんばかりのイップス差別」(要)

 

「”俺の方がイップスレベルが高い”と、イップス風を吹かせているわけですね?」(要)

 

「こういう時、素人は強いですね」(千早)

 

「俺だって、それなりのイップス人!」
「いわば”イプサー”ッスよ!」(要)

 

「(イップス?) どうして出来ないんだ?」
「努力が足りないんじゃないのか?」(清峰)

 

「清峰君はストイックで努力家だ」
「誰よりも練習してるし、努力している人だと思う」(山田)

 

「そしてその努力が120%返ってくる人なのだ」
「だから努力が実らない人間がこの世にいるだなんて、皆目見当もつかないのだ」(山田)

 

「そうだな…”出来るまでやる”のが努力だ」
「俺は途中で放りだした、清峰が正しい」(藤堂)

 

「こら。人の努力、否定すんの禁止な」(要)

 

「いや…やる。1%でも可能性があるなら」
「もう逃げたくねえ」(藤堂)

 

「でも1番は、山田君のキャラが大きい気がします」
「人にプレッシャーを与えない安心感がありますから」(千早)

 

「内野の捕手と言っても過言ではない」
「ファーストにピッタリかもしれませんよ」(千早)

 

「シンプルにフォームが崩れてるんです」
「脳で理解して、鏡を見ながら矯正と調整をして下さい」
「その方が早く確実です」(千早)

 

「気持ちではなく理論で詰めましょう」(千早)

 

「ショートは藤堂だろ」
「代える気ないから、出来るようになれ」(清峰)

 

「今までは何をやっても沼の底に消えていくような」
「やったらやっただけ沈んでいく感覚だったけど…」(藤堂)

 

「マジで俺、もう先に進めるんだ…進んでいいんだ」
「あとは足し算だ」(藤堂)

 

「はい、やります野球」
「本当にただの偶然なんスけど…面白い奴等に出会っちまったんス」(藤堂)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
忘却バッテリー 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→忘却バッテリーのインデックス