「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」三日月・オーガスの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」三日月・オーガスの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

1話

「お嬢様っても同じ人間なんだし、そんなに変わんないだろう」

 

「ケンカか? ユージン」
「俺は嫌だな」

 

「(対等の立場に?) けどさ…それってつまり、俺等は対等じゃないってことですよね」

 

「で…次はどうすればいい? オルガ」

 

「(本当の居場所?) うん、行こう」
「俺達…みんなで」

 

2話

「大切に決まってるでしょう」
「俺の命も、みんなの命も」

 

「(卑怯?) どの口が言うんだ…」

 

「(子供?) そうだよ。あんたらが殺しまくったのも…」
「これから…あんたらを殺すのも」

 

「たかがあんた1人のせいで、あいつらが死んだなんて…」
「俺の仲間をバカにしないで」

 

「(死んだ仲間に最後の別れ?) あ~…いいよ」
「昔さ、オルガが言ってた」

 

「”死んだ奴には死んだあとでいつでも会えるんだから”」
「”今生きてる奴が死なないように精いっぱい出来ることをやれ”って」

 

「(話は)これから聞く」
「でもどっちにしろ、オルガが決めたことならやるよ、俺」

 

3話

「ねえ決着ってどうつけるの?」
「どっちかが死ねばいいの?」

 

「まあもういいよ」
「俺はオルガに言われたんだ、”あんたをやっちまえ”ってさ!」

 

「言っとくけど、俺は犠牲になんてなってないよ」
「俺と俺の仲間のために、出来ることをやってるだけだ」

 

「で今は…とりあえずあんたが邪魔だ!」

 

5話

「心配しなくても、オルガは一度やるって言った仕事は絶対にやり遂げるよ」
「だから俺もあんたを、絶対に地球まで連れていく」

 

「地球に行けば、月って見えるかな?」
「”三日月”って名前、そっから取られたらしいからさ」

 

「投降はしない、する理由がない」

 

6話

「(死ぬかもしれない?) 大丈夫だよ」
「これ(お守り)があるから」

 

「じゃあ、あんたが俺達を幸せにしてくるんだ?」

 

「字ぃ読んで動かすわけじゃないからね、モビルワーカーと大体一緒だし」
「あとは…勘?」

 

7話

「オルガの邪魔はさせない!」

 

「そろそろ消えろ」

 

8話

「いや、あれじゃダメだ…」
「もっともっと頑張らないと」

 

「(よく頑張る?) 俺にはそれくらいしか出来ることがないんだ」

 

9話

「これは…あんたが決めることだよ」

 

「どっちにしろ、これからも人は死ぬんだ」
「今までのことで分かってるだろう」

 

「これは、多分俺が最初に人を殺した時と同じ」
「クーデリアの、これからの全部を決めるような決断だ」

 

「だからこれは、クーデリアが自分で決めなくちゃいけないんだ」

 

「でも、オルガの意地のおかげで、俺達も夢が見れてる」

 

11話

「お前(バルバトス)も機嫌よさそうだな」
「じゃ、行こうか」

 

13話

「これの使い方、分かってきた」

 

「俺が(人殺しを)楽しんでいる?」
「まっ、いいか…こいつは死んでいい奴だから」

 

「(自分が死んだ方がマシ?) ダメだ、シノ」
「そういうのは、こいつらに失礼だ」

 

「かわいいと思ったから」
「ごめん、嫌だったか?」

 

14話

「そうか、地球ってきれいなんだな」

 

15話

「何があったの?」
「いつもは何考えてんのか分かんないけど、今は何か考えてんのが分かるから」

 

「(責任?) 自分のしたことなら当然なんじゃないの?」
「それがオルガの言う、筋を通すってことでしょう」

 

16話

「もう…フミタンじゃない」

 

17話

「俺はオルガが決めたことをやる」
「けど…このままやられっぱなしってのは面白くないな」

 

「すごいな、あいつ。俺は…」
「ああ…イライラする」

 

「まあなんでもいいや」
「どうせすぐに消える名前だ」

 

18話

「すごいな、あいつ」
「俺達が必死になって、1匹1匹プチプチ潰してきた奴等を…声だけで止めた」

 

「俺も手伝う」
「あんたが地球に行く責任があるって言うんなら、俺は全力でそれを手伝う」

 

19話

「(握手?) 俺の手、また汚れてるよ」

 

「俺もあんたのために用意したものならあるよ」

 

「パターンが分かれば対策くらいするよ」
「おやっさんが」

 

「(感覚がすさまじい?) 別に、普通でしょう」

 

「そっか…オルガについていったら、見たことないものいっぱい見れるね」(子供時代)

 

「そうだ…俺はその場所を見たい」
「お前はどうだ? バルバトス!」

 

「ここが地球…」
「あれが…三日月」

 

21話

「邪魔な連中は全部潰す」
「先のことは、この島を出てからでいいよ」

 

「ここにいたんじゃ、俺達もクーデリアも何も出来ない」

 

「さっきの感覚、体に残ってるだろう?」
「それに合わせて撃てばいいんだよ」

 

22話

「まだ帰れない」
「仕事が終わるまでは…帰れないよ」

 

「ダメだよ、オルガ」
「俺はまだ止まれない」

 

「教えてくれよ、オルガ」
「ここが俺達の場所なの?」

 

「そこに着くまで、俺は止まらない…止まれない」
「決めたんだ、あの日に…決まったんだ」

 

「次は誰を殺せばいい? 何を壊せばいい?」
「オルガが目指す場所へ行けるんだったら、なんだってやってやるよ」

 

「邪魔する奴は全部敵だ」

 

「(仇討ちじゃない?) 同じだよ」
「ギャラルホルンを潰さなきゃ、俺達が潰される」
「やるかやられるかなんだよ」

 

23話

「あんたが誰だってどうだっていい」
「あんたが敵だってことに変わりはないんだろう?」

 

24話

「俺はもう、オルガに賭けてるよ」
「最初のあの日から」

 

「俺だけじゃないよ、みんなだってそうだ…みんなオルガに賭けてる」
「だから、オルガも賭けてみなよ、俺達に…鉄華団のみんなに」

 

25話

「罪? 救う?」
「それを決めるのはお前じゃないんだよ」

 

「おい、バルバトス」
「いいからよこせ、お前の全部」

 

「こいつの使い方…やっと分かった」

 

「うるさいな」
「オルガの声が…聞こえないだろう」

 

「ねえ、オルガ…ここがそうなの?」
「俺達の…本当の居場所」

 

鉄血のオルフェンズ(2期)

26話

「ただ…オルガが止まらない限り、俺も止まらない」
「これまでも…これからも」

 

「間に合わせるよ」
「それが…オルガの命令ならね」

 

28話

「大丈夫、オルガの道は俺が作るよ」

 

32話

「話なんてする必要あるの?」
「こいつは鉄華団を裏切った、そして仲間を無駄に死なせた」
「こいつはもう…」

 

33話

「タカキが辞めてさ…」
「なんか分かんないけど、少しだけホッとしたんだよね」

 

37話

「ダメだ」
「それはダメだ」

 

「大丈夫だよ」
「バルバトスが使えるんなら、今とそんなに変わんないでしょう」

 

「(犠牲?) 何言ってるの? 俺の命は、もともとオルガにもらったものなんだから」
「俺の全部は、オルガのために使わなくちゃいけないんだ」

 

「おい、バルバトス…あれはお前の獲物なんだろう?」
「余計な鎖は外してやるから…見せてみろよ、お前の力」

 

38話

「(援護?) 要らない」
「邪魔」

 

「使ってやるからもっとよこせ!」
「こんなもんかよ? お前の力は」

 

「うん、ちょうどいい」
「これなら…殺しきれる」

 

「俺はもうバルバトスなしじゃ走れない」
「だったら…やっぱり俺は戦わなきゃ生きていけない」

 

「謝ったら許さない」

 

40話

「(大丈夫か?) それは分からない。けど…」
「オルガが何もしないわけないよ」

 

41話

「どのくらいやればいいの?」

 

44話

「それもあるけど…なんか、アトラのこと大事だって思った」

 

「戦いのない場所なんて俺は知らないんだ」
「あるのは…自分で選んだ戦場か、選ばれた戦場か…それだけ」

 

「(今?) アトラが泣きやむように戦ってる」

 

45話

「いつまで続くんだ…これ」

 

46話

「お前…消えろよ」

 

「だからさ…ゴチャゴチャうるさいよ」

 

「オルガに嘘をつかせたのは俺だ」

 

「俺が邪魔する奴等を全部片づけてれば、オルガの言ったことは嘘にならなかった」
「俺が最後に…出来なかった」

 

「(俺の全部?) とっくに渡してるよ」

 

47話

「別に死ぬとか思ってるわけじゃないよ」
「でも、約束ってあるといいなと思って」

 

「俺が今ここにいられるのも、オルガとの約束があったからだし」

 

「(これから?) そんなの決まってる」
「オルガのいる場所が、俺達の居場所だ」

 

48話

「何度言わせんの?」
「オルガのやりたいことが、俺のやりたいことなんだよ」

 

49話

「前にオルガが言ってた」
「”たどりついた場所で、みんなでバカ笑いしたい”って」

 

「オルガはもういなくなった」
「けど…俺の中に、オルガの言葉がまだ生きている」
「オルガの命令が生きてる」

 

「なら、俺は全力でそれをやる」
「俺の…オルガの命令の邪魔をする奴は…どこの誰でも全力で潰す」
「どこの…誰でもだ」

 

「分かった?」
「なら…死ぬまで生きて、命令を果たせ」

 

「オルガ…次はどうすればいい?」
「いや、分かってるよ」
「ただ、聞きたかっただけだ」

 

「俺は…止まらないから」

 

50話

「みんながクリュセに着いたって、終わりじゃない」
「仕事を果たせ、副団長」

 

「暗い…これ、死んだのかな? でも、俺はこの場所を知ってる」
「そうだ、これはあの時の…俺が、生まれた時の記憶…」

 

「俺の命はオルガにもらった」
「なら…そうだ、決まってる」

 

「そうだな…まだ止まれない」
「おい、バルバトス。お前だって止まりたくないだろう?」
「んじゃあ行くか!」

 

「大義? 何それ…」
「無意味? そうだな…俺には意味なんてない」

 

「けど…」
「けど…今は…俺には…オルガがくれた意味がある」

 

「なんにも持っていなかった、俺のこの手の中に…こんなにも多くのものがあふれてる」
「そうだ…俺達はもうたどりついてた」

 

「俺達の、本当の居場所…」
「だろう? オルガ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→鉄血のオルフェンズのインデックス