「takt op.Destiny(タクトオーパス)」の名言・台詞まとめ

アニメ「takt op.Destiny(タクトオーパス)」の名言・台詞をまとめていきます。

takt op.Destiny

1話

「そうか、ずっと待ってたんだな、また音楽が戻ってくる時を」(朝雛タクト)

 

「これが……音楽だ!」(タクト)

 

「失礼致しました。皆様、どうぞ日常にお戻り下さいませ」(運命)

 

「音楽は何においても優先される。ついでに道も通れるようになって、いうことなしだろ?」(タクト)

 

「さあ、演奏会の始まりだ」(タクト)

 

「その大きな黒夜隕鉄の力でしょうか、厄介ですね。ならばその石ごと、砕くまでです!」(運命)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「音楽は、今の世界にとってはあまりにも強すぎる、毒なのです」(ザーガン)

 

「どうもしない。僕はここで自分の音楽を守るだけだ」(タクト)

 

「分からない」
「僕のピアノを聞いたことがあるのは、お前とアンナだけだ、確信が無い。僕の音楽は本当に人の心に届くレベルまで達してるのか」(タクト)

 

「技術だけの問題じゃない。音楽を捨てたこの世界に、そもそも届くとは思えない。だから、弾きたくない」(タクト)

「でも私はタクトの音楽は届くと思うよ。待ってる人達は絶対にいる、私は好きだよ」(コゼット)

 

「ホントピアノバカよね。本当に誰も聞いてくれる人がいなくなった時、それでもあんたはまだ、弾き続けられるの?」(アンナ・シュナイダー)

 

「聞かせてやるよ、本物の音楽ってやつを」(タクト)

 

3話

「クソッ……悲鳴もあげずに消えやがって……」(タクト)

 

「アンナにもその名前で呼ばれましたが、わたくしの名前は運命です、マエストロ」(運命)

 

「わたくしは、交響曲第5番、運命をスコアとして生まれた、あなたのムジカートです。そしてあなたは、わたくしを指揮するコンダクターです、マエストロ・タクト」(運命)

 

「事実を把握しなきゃならないんだ。でなきゃ何も出来ない」(タクト)

 

「何もせずにここでこのままなんて絶対にごめんだ。これ以上、僕から何も奪わせない」(タクト)

 

4話

「恐怖は人々から夢や希望を奪う。この世界は、ようやく未来に向かって歩み初めたばかりなの。また混乱したあの時代に戻す訳には、絶対にいかないのよ」(レニー)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました