「氷菓」千反田えるの名言・台詞まとめ

アニメ「氷菓」千反田えるの名言・台詞をまとめていきます。

氷菓

1話

「たまたまです。試験なんてただの要領ですし」

 

「私、気になります」

 

2話

「いえ。いくら成績が取れても、それはパーツの集合体に過ぎません。私は、そういうパーツでは無く、思考を生み出すシステムが知りたいんです」

 

3話

「私は、過去を言いふらして回る趣味はありません。こんなの、誰にでもする話じゃありません」

 

「でも、覚えていてはならないって書いてあります。もし調べたら、不幸なことになるかも知れません。忘れられた方がいい事実というものは、存在するでしょう」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

4話

「でも……だったら私は、どうして、泣いたのでしょうか?」

 

5話

「確かに、10年後の私は気にしないのかもしれません。でも、今感じた私の気持ち、それが将来どうでもよくなってるかもなんて、今は思いたくないんです」

 

6話

「私、怒らないことがいいことだとは思いません。だって、他の大罪もそうでしょう」

 

「どんなことにも怒れないとしたら、多分何も好きになれないじゃないでしょうか」

 

「自分のことは難しいですね」

 

12話

「頑張れば何とかなる保証はありませんが、頑張らなければ、何ともならないことは、保証できます!」

 

「いけません、いけません、いけません!」
「興味を引かれる度に立ち止まっていたのでは、ちっとも役割が果たせないじゃないですか」

 

17話

「ええ、私も思っていました。こういうことはまるで私向きじゃありません」
「つまりですね……もう、こりごりです」

 

18話

「折木さんの好奇心をくすぐるものが、この世に存在するなんて、それっていったい何なのか、私、気になります!」

 

19話

「それは、折木さんが、自分を見つめ直したことが無いからでしょ」

 

「それはあまりにありえません、現実的ではありません、論理的ではありません、破綻しています、カタストロフです!」

 

20話

「(着物を)見せびらかしに来ました」

 

22話

「今日は大変でした。ずっと、ずっと我慢してました!」
「いろいろ考えました、でも役目があるからグッと我慢しました。だけど聞きたくて聞きたくて、つまり!」

 

「無事、大学に進学しても、私はここに戻ってきます。どんなルートをたどっても、私の終着点はここ、ここなんです」

 

「見て下さい、折木さん。ここが私の場所です」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました