「約束のネバーランド」ノーマンの名言まとめました

アニメ「約束のネバーランド」ノーマンの名言をまとめていきます。

約束のネバーランド

1話

「これ、いったい何から僕らを守ってるんだろう」
(鉄格子を触りながり)

 

「いつも言ってるだろ。ドンの弱点は、すぐに決めつけて熱くなるとこ」

 

「エマの弱点は優しいところ」

 

「無理じゃない。大丈夫、逃げよう、みんなで一緒に」
「そう、見つけるんだよ。僕らが生き残る方法を」

2話

「笑って、エマ」
「僕らもそうするんだ。顔に出せばママは気づく。負けちゃダメだ、笑おう」

 

「誰であろうと逃さない。ママが言いたいのは、そういうことだ」
「ママは、敵だ!!」

 

「エマが、泣いたんだ。あの夜、最初は怖いから泣いてるんだと思ってた、でも違ったんだ。僕は自分が死ぬのが怖かった。けどエマは、家族が死ぬのが怖くて泣いてたんだ」
「凄いよね。あの状況で何かを守ろうと考えられるんだ」

 

「好きだから。好きだから、エマには笑っていて欲しいんだ」

 

「死なせない。そのために僕は、僕を利用するんだ」
「僕もエマも正気じゃないよ、完全に血迷ってる。ほっとけないだろ?」

 

3話

「問題はみんなママを信じきっていることと、多分、真実に耐えられないことだな」

 

4話

「レイがそう考えたように、ママは僕らがそう考えるよう制御してる。だからその裏をかくんだ」

 

「言っただろ。裏をかかなきゃって」

 

5話

「我ながら嫌気がさすよ。真っ先にレイを疑った。友達なのに、そうで無ければいいのにって。最悪の想定だったけどね」

 

「一緒に育った家族だもん、って。それで僕の気も変わった。僕もレイを信じたい、敵である前に友達だって」

 

6話

「外に味方がいた、今もいるかもしれない。もしそうなら、外に人間の社会も有るかもしれない」

 

「うん、逃げよう。生きよう、たとえ世界が、どんなでも」

スポンサーリンク

7話

「しないんじゃ無い。出来ないだけだ」

 

「これはまさに、諸刃の剣だね。僕らが発振器を壊して脱走するのが先か、それともシスターが、この物証をつかんで僕らを突き出すのが先か」

 

8話

「分かったよ、ママ。もういい子は止める」

 

9話

「ダメだ、出来ない。ダメなんだ……」

 

「僕の代わりに、2人のどちらかが死ぬなんて、絶対に嫌だ。命はくれてやる。でも、その他なに一つ譲る気は無い」
「ママの筋書きを叩き壊して、脱獄を必ず成功させる!」

 

「○○だった……塀の向こうは、○○だ」

 

10話

「僕は間違える訳にはいかないんだ。誰一人、死なせないために、僕が逃げたら計画が狂う。仮に、わずかでもそれじゃあ困る」
「僕は万が一にも負けたくない。何を言っても無駄だよ、気持ちは変わらない」

 

「気持ちは変わらない、さっきそう言ったでしょ。それじゃ」

 

「メチャクチャだよ、君は。無茶で無謀で、甘くて幼稚で、でも真っ直ぐで。だから……だから僕は……」

 

「後を頼む。大丈夫、絶対諦めないでね」

 

11話

「それがレイの計画。僕はそんなことはさせない、絶対に!」
「だから、僕が考えた計画を、ここに記す」

 

12話

「僕も迷った。でも最後は決断した、エマがいたから」
「諦めなくてもいいんだよ、レイ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
約束のネバーランド 1 [Blu-ray]

 

→約束のネバーランド
→約束のネバーランド(エマ)
→約束のネバーランド(レイ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました