「PSYCHO-PASS サイコパス」雑賀譲二の名言まとめました

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」雑賀譲二(元教授)の名言をまとめていきます。

PSYCHO-PASS サイコパス

9話 楽園の果実

「ただ観察しただけさ。人は無意識の内に、さまざまなサインを発している。コツさえ覚えれば、簡単にそのサインを読み取れる」
(常守朱とは初対面だが、いろいろな情報を指摘する)

 

19話 透明な影

「シビュラシステム運営下に政治犯というものが存在するとすれば、あの男のことだろうな」

 

「マックス・ウェーバーの言葉を借りれば、理想的な官僚とは、憤怒も不公平も無く、さらに憎しみも激情も無く、愛も熱狂も無くひたすら義務に従う人間のことだと言う」

 

「シビュラシステムは、そういう意味では理想の官僚制的行政に近いかもしれない。ただしそれは、公表されているシビュラの使用が、全て真実という前提の上での話だ」

 

「官僚制的行政は、知識によって大衆を支配する。専門知識と実務知識、そしてそれを秘密にすることで、優越性を高める」

 

「ならお前が一番おもしろいと思ったジョークを探せ。お前と槙島は似た者同士だ。そのインスピレーションを信じてみるといい」
(ネットに多数が書き込んだある方法について)

PSYCHO-PASS サイコパス2

3話 悪魔の証明

「あのお嬢ちゃん、よっぽど俺が怖いらしい。サイコパスがクリアな者ほど、他人に濁らされるのを怖れる。俺と話せば犯罪係数が上がると思ったんだろう。資料読んだなら無理もない
(新人監視官・霜月美佳が雑賀と会うのを拒否したため)

 

「なるほど。俺を鏡として使おうって訳か。そういうのはもっと健全な人間にやってもらえ。俺には不適切な役割だな」
(朱からの相談による)

 

「いわゆる、悪魔の証明ってやつだな」

「現時点で透明人間の存在を証明する方法は無い。だが逆に、いないと断定することも出来ない。つまり、お手上げだよ」

 

5話 禁じられない遊び

「流石なのはお前さんの方だろ。あれだけの事件が起きてから、たった一晩だ。なのにお前さんの落ち着きようときたら……ホントに人間か?」

 

「よく局長が許可したもんだ。いや、作戦自体には後ろ向きだが、行う以上はリスクヘッジすべきだという判断か?」

 

6話 石を擲つ人々

「マニュアル通りじゃ、どうにもならないこともある!」

 

9話 全能者のパラドクス

「全能者のパラドクスってやつだな。全能者は自分でも持ち上げることが出来ない重い石を創造できるか?」

 

「前提か仮定か、結論のどこかに誤りがある。もしくはそれらの内、どれかは実は正解だと証明することだ」

 

「この世界の神様か。そんな危なっかしい話はするなと言うべきだろうに、あいつの答えに期待してしまっている。俺も大概だな……」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX 6枚組
PSYCHO-PASS サイコパス 2 Blu-ray BOX

 

→PSYCHO-PASS サイコパス
→PSYCHO-PASS サイコパス(常守朱)
→PSYCHO-PASS サイコパス(狡噛慎也)
→PSYCHO-PASS サイコパス(宜野座伸元)
→PSYCHO-PASS サイコパス(征陸智己)
→PSYCHO-PASS サイコパス(槙島聖護)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました