アニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」の名言まとめました

アニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」の名言をまとめていきます。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

0話 Initium Iter

「はい。全ての生命には、活動限界があります。私は、私の活動期間に疑問はありません」

デミ・サーヴァントであるマシュ・キリエライトは、最長でも後18年しか生きられない。
ロマニ・アーキマン(ロマン)はそれを伝えるが、マシュは疑問を持たずに受けいれていた。

「自分たちのやり方は間違っていると、正しく認識して、彼女と向き合っていくつもりだ」

今のやり方が愚行であり非効率であることを話すレオナルド・ダ・ヴィンチ。
ロマンもそれは分かっており、だからこそマシュと向き合うことを決めていた。

「どれほどの苦痛、どれほどの理不尽にいようと、マシュは人間の良い所ばかり知ろうとする」
「誰かが笑顔でいる時の空気が好きだ、見ていて嬉しいのだとそう言っていたよ」

ロマンとマシュについて話すレフ・ライノール・フラウロス。
マシュがどれほどの苦痛を受けようとも無垢でいる理由を話していく。

「外に出て、晴れた空を見てみたい。それは、たった一つ思いついた、欲しいものでした」

最近は安定していることから、無菌室から出てもいいことを伝えられるマシュ。
ロマンから欲しいものを聞かれた時、マシュが思いついたのはこれだった。

1話 絶対魔獣戦線バビロニア

「マシュ・キリエライト、最善を尽くします!」

特異点修復のため古代メソポタミアに来た藤丸立香とマシュ。
しかしいきなり空から落下しており、助かるために全力を尽くとマシュは叫ぶ。

「何とか言いなさいよ! 沈黙って、時には残酷なんだからね!」

空から降ってきたイシュタルは藤丸に接触した上、理不尽なことを言い続ける。
黙ってしまう藤丸とマシュに、さらにイシュタルは理不尽を続ける。

「神が人間の味方であったことなんてありませんよ」

ウルクの王・ギルガメッシュの友であり、神の手によって作られた人形・エルキドゥ。
今のメソポタミアは神によって滅ぼされようとしてることを話していく。

2話 城塞都市ウルク

「あなたを打ち倒す必要はありません。人間のような知性は時として仇となる」

藤丸たちと合流するマーリンとアナは、本性を見せたエルキドゥと戦闘になる。
圧倒的な実力を持つエルキドゥは全員を捕らえるが、アナは不敵にこの言葉を伝える。

「その通り。あの王様相手に、空気を読んではいけない」

ギルガメッシュの近くまで来たが、臣下たちの報告を聞いており話しかけることが出来ない。
しかしマーリンは藤丸の手を取り、強引に割り込むことを提案する。

「俺は忙しい。言葉を交わして貴様らを知る時間も惜しいほどにな」
「よって戦いをもって、貴様らの審議を図る」

藤丸らのことは聞かずとも、だいたい把握していたギルガメッシュ。
有無も言わさずに戦うことを強要する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-1 [Blu-ray]

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク